FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > ベタ 今日の逸品 > カラー別プラカット図鑑 レッド&ホワイト vol.06

カラー別プラカット図鑑 レッド&ホワイト vol.06

 最近ラベンダー・バタフライに限らずバタフライ系の品種全般でよく見かけるのが今日紹介したようなタイプです。背ビレと尻ビレつまり上下のヒレのバタフライバンドが極端に太く、他のヒレのそれは細い物です。タイ人の好みの問題なのかどうかはよく判りませんが、ここに来てバンコクで見かけるバタフライの少なくとも3割くらいはこのバタフライパターンになって来ている様な気がします。

 まぁ、現時点ではこれでも一応バタフライの範疇に入ってます。これで改良が進み、背ビレ・尻ビレがほとんど白一色になっちゃうと、正しくはバイカラーって呼ぶべき存在になるかもしれませんけどね。

 品種の原型にこだわる方には納得できない改良?の方向でしょうが、個人的にはこれも別に有りだと言う気がしています。要はエンドユーザーの方々が自分の好みで選べばいい事であり、販売する側が「アレはダメ、これは良しっ!」って言う風に押し付けるやり方は好きではありません。・・・って言うより、自分がアマチュアだった頃にそんな事言われたら「本来癒しの為にやってる趣味の世界で、なんでとやかく言われなくちゃならんのだぁ~っ!趣味ぐらい自分の好きにさせてくれっ!!」ってわめいていたと思います。

 勘違いしないでいただきたいのは、別にコンテストとか愛好会って言うものを否定している訳ではありませんからね。コンテストでは参加者が一定の価値観、つまりこの品種はこうあるべきって言う指針を共有していないと始まりませんから。それが無きゃ犬猫やランチュウなどの品評会なんて開催しようがありません。

以前某ベタ倶楽部に所属していた際にコンテスト終了後に自分のベタが優勝できない事を、審査員の見る目が無いからだって騒いでいた人がいましたが「文句あるなら倶楽部になんて参加するなっ!」っていってやりたかったですね。もっとも当時はまだ学生の若輩者でしたから、そんな場面に遭遇してもひたすらにこやかに振舞ってただけですけど、それはそれで結構疲れる事でした(苦笑)
スポンサーサイト



[ 2009/08/08 00:00 ] ベタ 今日の逸品 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する