FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > ベタ 今日の逸品 > カラー別プラカット図鑑 レッド&ホワイト vol.03

カラー別プラカット図鑑 レッド&ホワイト vol.03

 同じシルキー&レッド・マルチでも白がちの個体だとその雰囲気はがらっと変わります。前回の個体と今日の画像の個体は共に品種名としてはシルキー&レッドですが、全然違いますよね~。日の丸に馴染んだ我々日本人にとっては、今日の画像の個体の方がシックリくるんじゃないでしょうか。実際、カンボジアンタイプは軽視されがちですが、こちらのタイプは結構人気があるようです。

 もっとも、作出難易度もこちらの個体の方がはるかに上なのか、バンコクでも仕入れ価格はこのタイプの方が全然高額です。多分、両親のどちらかにカンボジアン使うとその子供は大部分がヒレはほぼ赤く染まってしまうと思われますので、今日の画像の様な個体を自家繁殖で得たい場合は、ペアリングにはそれなりに気を使う必要があります。・・・って、オスはともかくメス親で、このタイプの作出に適した個体なんて我が国ではそう簡単に入手できませんけどね。

 残念ながら、現時点ではプラカットのメスは結構入手が大変だと思います。理由は色々ありますが、バンコクでプラカットのメスはオスとほぼ同等の値段で取引されているって言うのが一番大きいと思われます。これがトラッドやクラウンテール系のメスなら、大型魚用の餌として1パックいくらで売られてるんですけどね~。作出の手間はまったく同じはずなのに、なぜプラカットのメスは高いんでしょうかね?
スポンサーサイト



[ 2009/07/27 00:00 ] ベタ 今日の逸品 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する