FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > ベタ 今日の逸品 > カラー別プラカット図鑑 ブルー&ホワイト vol.01

カラー別プラカット図鑑 ブルー&ホワイト vol.01

 さてさて、前回までで一通り単色系のプラカットを紹介し終えましたので、今日からは多色系品種について紹介していきたいと思います。まずは、ブルー&ホワイトと言う組み合わせから。

 この2色の組み合わせと言えば、一番代表的なのがブルー&ホワイト・マーブルでしょう。全身に地色とは異なるカラーの大理石模様が入る品種をマーブルと呼びますが、ブルー&ホワイトはその中でも基本中の基本とでも言うべき大切な品種です。まぁ、ブルーの発色がソリッド・ブルーの時に説明したように、ターコイズ・ロイヤル・マット・スチールと大きく分けたって4タイプありますし、それぞれの中間的な色調の個体も存在しますから、同じブルー&ホワイトでも、ずいぶんと雰囲気は違いますけどね。

 ブルーとホワイトの比率は、これまた千差万別でほとんど全身ブルー1色で、頭の部分だけ白く抜けたモンスター・マーブルから、逆に全身ほとんど真っ白でボディやヒレにブルーの小さなスポットが散在するダルメシアン・マーブルまでよりどりみどりって感じです。

 個人的にはどちらかと言うと白がちの個体が好みなのですが、繁殖の際に白がちの個体をペアにすると、次世代はブルーのマーブルパターンがまったく存在しない少なくとも見てくれはソリッド・ホワイトみたいな個体が多数出現しちゃいます。そんな個体がお好みで無い場合は、少なくともペアのどちらかはブルーの比率が全身の半分以上を占めている個体を選ぶ事をお勧めします。

 また、マーブル系は成長と共に大きくその外見が変化する事で有名でこのブルー&ホワイトも例外ではありません。成長と共に全身からブルーのマーブルパターンが消えていく傾向の強い系統や逆に、どんどんブルーの比率が増大して行き最終的にはほとんどソリッド・ブルーみたいになってしまう系統もあります。もちろん、生涯変わらずに見事なマーブルパターンを維持してくれる系統もある訳です。ただ、困った事にどの個体がどのような色彩変化をするかは、外見からはまったく判断できません。特に、逸品堂のようにバンコクから仕入れている場合、無責任なようですがその個体の後々の変化は正直わかりません。これが、自分のところで幾代にも渡って累代繁殖させている系統ならば、かなり正確に判断できるんですけどね~。
スポンサーサイト



[ 2009/07/20 00:00 ] ベタ 今日の逸品 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する