FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > ベタ 今日の逸品 > カラー別プラカット図鑑 ブルーvol.02

カラー別プラカット図鑑 ブルーvol.02

 さて現在大きく分けて4品種あると言ったソリッド・ブルーですが、その中でも真のブルーと言えば今日紹介のロイヤル・ブルーでしょう。我々がイメージするブルーの色調に一番近いのがこのロイヤルで、深みのある実に美しい色彩です。

 以前は、特にショーベタ界では非常にポピュラーな品種だったのですが、最近は本当にその姿を見かけなくなりつつあります。同腹同士で交配しておけば、他のブルー系も出現するものの簡単に系統維持できるはずですし、回りの人間にもこの系統を手がけている人は沢山いるはずなので、まずこの品種が廃れる事は無いと思ってたんですけどね~。バンコクのプラカット界ではさらにこの傾向は顕著で、最近とんとロイヤルブルーの良個体を見る事がありません。そればかりか、ロイヤルブルーを基調としたマスタードガスやマルチカラー系でもこの色彩の個体は少なくなりました。

 もっとも、去年の秋頃チョット心配になって我が家でこのロイヤルブルーのプラカット繁殖させましたが、当たり前の事ですが相変わらず子供達には各種ブルー系が出現しもちろんロイヤルブルーも沢山いましたから、作出上の問題ではなさそうです。最近の色物ブーム(笑)で、単色系の人気が下降気味なのでブリーダー達が手がけないだけなのかもしれません。ちなみに、原則論としてはロイヤルブルー同士の交配では次世代にロイヤル・ターコイズ・スチールがすべて出現する事になってます。つまり、ロイヤルの遺伝子型をBbとすればターコイズはBB、スチールはbbって事でロイヤルブルーはヘテロ型って事になってます。ここに来てマットブルーが出てきてしまった状況では、あくまでも原則はって事になりますけどね。

グアバ
スポンサーサイト



[ 2009/07/13 00:00 ] ベタ 今日の逸品 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する