FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 逸品堂通信 > 今回ゲットしたトリカラー・マーブルの逸品 その1

今回ゲットしたトリカラー・マーブルの逸品 その1

 せっかくですから、今回バンコクで大量に買い付けたトリカラー・マーブルの中から、個人的にお気に入りの逸品をいくつかご紹介いたしましょう。今日の個体は、ブルー・レッド・ホワイトの典型的なフレンチカラータイプですが、各色がここまで色鮮やかに発色している個体はそうは多くありません。3色の割合も、偏りがなくバランスが取れています。

 しいて、注文を付けるとすればボディのマーブルパターンが大柄過ぎるという点でしょうか。ただ、これはこの個体に限ったことではなく、ここに来てボディに細かく複雑なマーブルパターンが入ったマーブルを見かける事が本当に少なくなりました。

 ブリーダーにその点を尋ねると、「細かい柄のマーブルは見た目が美しくない個体が多く出るから、商売としては面白くない」と言う意見でした。確かに、マーブルパターンは細かい個体は、下手をするとボディが薄汚れたように見える事が少なくありません。せっかく3ヶ月くらい一生懸命育成したベタが、ババッチイ個体になっちゃうんじゃ、確かに生産者はたまりません。それよりも、大柄な系統のほうが外れが少ないと言うのは納得できる話です。

 確かに、購入側からしてみると細かいマーブルパターンの個体の方がより高い評価を与えれるのですが、ブリーダーも生活かかってますからね~(笑)。もっとも、私個人はボディのマーブルパターンがあまり細かくない方が好みなので、今の方向でまったく問題ありませんけど。

 いずれにしても、この個体がトリカラー・マーブルとしては一流の逸品である事だけは疑いようのない事実です。

banner
スポンサーサイト



[ 2009/04/13 00:00 ] 逸品堂通信 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する