FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > さかなおやじの言いたい放題 > 海外で残っちゃった小額通貨って・・・

海外で残っちゃった小額通貨って・・・

 どうして前回、いきなりタイの小額通貨について述べたのかと言うと今日のタイトルである「海外で残っちゃった小額通貨」の処理方法についてホトホト困り果てているからなんです(苦笑)。ちなみに、一回のタイ出張で今日のトップの画像程度の小銭が手元に残ります。写真では中々そのボリュームが伝わらないと思いますが、両手の上に山盛りになる程の量です。もちろん、普通の方が海外旅行に行っても、こんな量の硬貨が手元に残る事はまず無いでしょう。これは、私が海外でやたらに屋台や露店に行ったり、コンビニでいかがわしいお菓子類を片っ端から買い漁ると言う怪しげな行動を取るからに他なりません。

 さらに、こんな事になるのには私の方にもう一つ別の大きな問題があります。実は、私は買い物の際に硬貨を出せない男なんです(笑)。これは別に海外に限った事ではなく、日本にいる時もコンビニなどでの買い物の際に「全部で360円です」って言われても、ほぼ確実に紙幣で支払うクセがあります。自分でも良く判らないのですが、とにかくレジで小銭入れの中をジャラジャラするのが苦手なようです。更に更に海外出張に行く際には小銭入れを最初から持って行きません。だって、毎月確実に海外に行かなくてはならない状況で、日本円の札入れと小銭入れ、タイバーツの札入れと小銭入れ、さらにはユーロやポンドの分まで用意する訳にもいきませんからね~(苦笑)

 そんな訳で、我が家には世界各国の小額硬貨が冗談抜きで山のようにあります。今は、以前ふと前を通りかかった骨董品屋で見つけた「本人は古備前の逸品」と信じている瓶の中にジャラジャラと・・・そう、バーツだけでなく、ユーロ・ポンド・元・ルピー・ルピア・シンガポールドル・リンギット、更には今はもう使えないマルク・フラン・リラ・・・全部一緒くたです(笑)。これはもう間違いなく、各国の硬貨をちゃんと分けることは不可能な状況になっちゃってますね。

 最近では少しは学習して?タイでは極力硬貨のお釣りは受け取らない事にしてます(苦笑)。ただ屋台や露店ならばそれで済みますが、コンビニとかレジの備え付けてある所では「釣りはいらない」って言われると店員さんが結構困ったりするみたいですから、そういう時は迷う事無くタンブン(功徳)です。つまり、道端にいらっしゃる恵まれない方に差し上げるんです。幸いな事に、バンコクでは功徳を施す方を捜す必要なんてないほど沢山いますから心配ありません。もっとも、慈悲の心からそうしている訳ではなく単なる身勝手な理由からの行為ですから、本当は恥ずべき行為でしょうし絶対に功徳を積んだことにはならないとは判ってますけどね。

 ただ、おかげさまで最近ではタイバーツの小額硬貨が帰国時に山盛りって言う事態はなくなりました。もっとも、新たな問題も生じてまして・・・。最近ベトナムを仕事先にし始めましたから、ベトナムの通貨ベトナムドンが・・・(笑)。こちらはタイバーツよりも余程深刻で、10000ドン=55円くらいのレートです。それでもって硬貨は200・500・1000・2000・5000ドンの5種類(たぶん)。200ドンって日本円では1.5円程度のものですから、功徳を施そうッたってその手の人も喜びません・・・って言うか、たぶんそんなもの貰ったら怒り出すんじゃないでしょうか(苦笑)。結果、私の手元には着々とベトナムドンの小額通貨が溜まり始めた今日この頃なのでした。

banner
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する