FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > さかなおやじの言いたい放題 > 白いベタの撮影は嫌になるほど難しいっ!

白いベタの撮影は嫌になるほど難しいっ!

 逸品堂を運営していれば、毎月嫌になるほど沢山のベタを写真に撮らなければなりません。それでも、最近では結構慣れてきましたから以前のようにやたらと長い時間撮影しなくても済む様になって来たのは助かります。でも、どうも老眼が出つつあるのか(涙)被写体がぼやけて見えることもあり、年とってからやる仕事じゃないなってつくづく思います。バンコクの炎天下をベタを探してさ迷い歩くのだって、毎週数時間に及ぶ水替えするのだってかなりの重労働ですしね・・・

 所で、とにかく豊富なカラーバリエーションが売りの改良ベタですが、その中で私にとっての鬼門がホワイト系です。もちろん、ホワイトの色調が嫌いだと言うことではありませんし、逸品堂でもお客様の人気も高いカラーですから避けて通る訳には行きません。ただ、撮影が難しいんですよね~、カメラ素人の私には(苦笑)。

 他のカラーと同じ様な撮影環境でデジカメで撮影すると、ほぼ確実に白が色飛びします。いわゆる露出オーバーって奴なんでしょうか。だからと言って、デジカメの露出補正機能を使って調整すると今度はバックがやたらと暗く写っちゃいます。

 それと、一番の問題はホワイトと一緒に存在する他の色彩、特にブルー系の発色が見た目と全然違う物になっちゃいます。例えば、1枚目の画像は地色がパステル調のブルー&ホワイト・マーブルです。ブルーの下地にブラックが存在するのがよく見かけるマーブルとはチョット違いますが、まぁ定番商品と言ってよいでしょう。背景がやたらと暗く写っていますが、ベタ自体は結構本来の見た目に近い感じです。

PL ブルー&ホワイト・マーブル 06

 それでもって2枚目の個体は、同じブルー&ホワイト・マーブルなんですが全然系統が違います。ホワイトの地色は従来の系統とは異なり、カッパーやドラゴン系のようにエナメルホワイトを体表にベッタリと塗りたくったように厚みのある感じです。そして、一番の問題はヒレのマーブルパターン!画像を見る限りでは濃紺か黒にしか見えませんが、実際には鮮やかなターコイズグリーンなんです(涙)。

 私の撮影技術の問題なのか、はたまた所有する非一眼レフのデジカメがダメなのかは定かではありません(苦笑)。・・・がっ、実際問題としてこの個体の外見と画像が全然違っているのだけは動かしがたい事実です。ちなみに、露出補正をプラスの方にするとターコイズグリーンの発色はきれいになりますが、ボデイのエナメルホワイトはなんだか体の中から光線発射しているみたいに目が眩むほどまばゆいばかりに光り輝いちゃいます(笑)。

 そんな訳で、逸品堂におけるホワイト系のベタの売れ行きはあまり芳しくありません。それが、逸品堂が卸部門でベタを卸売りしている熱帯魚ショップに陳列しておくとビックリするほど良く売れるんですよね~、ホワイト系って(苦笑)。って事は逸品堂のホワイト系が売れないのはひとえに私の撮影技術の問題と言うわけで・・・うーん、結構ムカつきます(笑)

banner
スポンサーサイト



こんばんは。お久しぶりです。
 魚の方は飼い殺し状態なので写真を撮ることは無くなりましたが、たまに青系の花の写真を撮ると色がなかなか出ないことがあります。天候にもよりますが・・・。
 そんな時は画像編集ツールも利用しますが、殆どの場合徒労に終わりますね。
 素人考えですが、パソコンで見る時はバックライトによる透過光で見ているわけですが、プリントする時は反射光で見ます。両立させるのは技術的に難しいのかもしれませんね。
 余談ですが、モノクロからカラーに移行しつつある時代の映画女優さんはフィルムの発色に合わせて化粧したと言いますよ。
 ベタの方に色を塗るとか・・・・。そんなこと出来ないですよね(笑)。
[ 2009/02/09 20:50 ] [ 編集 ]
私も今まで色々なボディカラーの車を撮影する機会がありましたが、メタリックやマイカ系のイメージは、写真やディスプレイでは表現できませんね。
様々な角度や距離から撮影した動画ならば、観た人の脳内で再構築されやすいかもしれません。
[ 2009/02/12 01:53 ] [ 編集 ]
>こんばんは。お久しぶりです。
> 魚の方は飼い殺し状態なので写真を撮ることは無くなりましたが、たまに青系の花の写真を撮ると色がなかなか出ないことがあります。天候にもよりますが・・・。
> そんな時は画像編集ツールも利用しますが、殆どの場合徒労に終わりますね。
> 素人考えですが、パソコンで見る時はバックライトによる透過光で見ているわけですが、プリントする時は反射光で見ます。両立させるのは技術的に難しいのかもしれませんね。
> 余談ですが、モノクロからカラーに移行しつつある時代の映画女優さんはフィルムの発色に合わせて化粧したと言いますよ。
> ベタの方に色を塗るとか・・・・。そんなこと出来ないですよね(笑)。
-----

確かに青系って中々上手く表現できませんね。私も半分いたずらで朝顔とか忘れな草とかの真っ青な花を撮影しましたが、見た目とは全然違う色調に写っていてビックリしました。それにおっしゃるとおり画像編集ソフト使っても、あまり効果がない気がします。
 対面販売ではなく、画像を見せての通信販売だけに出来るだけ実物に忠実な色を再現しなくちゃいけないのに、困ったものです。
[ 2009/02/12 14:37 ] [ 編集 ]
>私も今まで色々なボディカラーの車を撮影する機会がありましたが、メタリックやマイカ系のイメージは、写真やディスプレイでは表現できませんね。
>様々な角度や距離から撮影した動画ならば、観た人の脳内で再構築されやすいかもしれません。
-----

 なるほど、自動車のボディカラーなんかでも同じように苦手な色って言うのがあるんですね。これって、俗に言う「高級一眼レフのデジカメ」使えばある程度は解決するんでしょうか?
[ 2009/02/12 14:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する