FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > ショーベタ > ベタ 夜の逸品 2012/04/01

ベタ 夜の逸品 2012/04/01

FC120401B.jpg
品種名:メタルブルー&レッド・ドラゴン・マルチ
カテゴリー:ショーベタ オス個体
カラーリング評価:★★★(優良)
フォルム評価:★★★(優良)
個体レア度:★★(やや希少)

 色彩的に非常にインパクトの強い個体ですが、中身って言うかその作出過程も実に濃厚です。まず、ボデイのメタルブルーですが、これはブルー・ドラゴンの血が入っていて、これがさらに改良されてボデイ全体がドラゴンパターンに隙間なく埋め尽くされた、私が勝手に言う所の「メタルドラゴン」になってます。ヒレの真紅は、元々この個体のベースがブルー&レッド・マルチであった名残です。つまり、ブルー&レッド・マルチにブルー・ドラゴンを交配し、その後数世代に渡って改良を重ねた結果生まれてきた系統って訳です。

 以上、なんだか自分で改良したかのように判った様な事書いてますが、実際バンコクのブリーダーからその様な話を聞いてますし、改良途中つまり数年前の段階ではこの系統のボディは、各鱗に輝くドラゴンスポットが並ぶ個体だったのが、月日が経過するにつれてメタリックブルー一色になって行く過程を、ほぼ毎月バンコクに行って目の当たりにしてますから、ほぼ確かな話だと思います。

 ただ、今日の個体でさらにビックリなのは「尾ビレの縁のブラックバンド」でしょう。本来バタフライバンドと言えば白もしくはクリアですから、このカラーパタンはバタフライバンドとは言えないのかもしれませんが、模様の入り方は明らかにバタフライです。まぁ、バタフライと言う品種が登場した当初は「バタフライバンド=白・クリア」の個体しか存在しなかったのでそう定義されてるんですが、ベタの改良は日夜進んでいるんですから、品受名の解釈も時代ごとに見直していく必要がありますよね~。

 この個体を仕入れたファームでは、ブラックバンドがすべてのヒレにちゃんと入った個体も存在しましたから、「メタルブルー&レッド・ドラゴン・バタフライ」はもう既に完成してるって考えた方が良いでしょう。最新の品種にもかかわらず、尾ビレはハーフムーンですし、フォルム全体も非常に優秀です。・・・って、それもそのはず作出ブリーダーはタイでも有数のコンテストブリーダーですからねぇ。
スポンサーサイト



[ 2012/04/01 21:00 ] ショーベタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する