FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 逸品堂通信 > 2008年プラカット総括vol.19 サラマンダー・バタフライ part2

2008年プラカット総括vol.19 サラマンダー・バタフライ part2

ラベンダー・バタフライがそうであるように、サラマンダーにも多種多様な傍系が存在します。まぁ、これだけ見栄えのする美麗品種なんですからブリーダーとしては何かさらに手を加えたくなるのも当然かもしれません。

 今日登場するのは、そんなサラマンダーの傍系としては一番ポピュラーな系統の個体です。一見すると普通のサラマンダーやラベンダーの様ですが、よく観察するとヒレのバタフライパターンが何だか少し妙な感じです。実は、この系統ではヒレ基部の基調色とヒレ先のホワイトバンドの間に、グレーの部分が存在します。なんだかすごく不思議な感じのする品種ですね~。

 この品種はバンコクで広く普及している訳ではありませんが、私の知る限りでも2名のブリーダーが系統維持しているようで、彼らの所を訪問すればほぼ確実に入手可能です。もっとも、この品種に限らず一年中販売可能なサイズの個体を保有している訳ではないですけど。一つの系統を大体5,6ヶ月に1回程度のスパンで繁殖させているようなので、端境期に行くと稚魚しかいなかったりします。

 個人的には決して嫌いな表現形ではないので今後も系統維持して行ってもらえれば嬉しいなと思います。ただ、心配なのは他のブリーダーがこの系統とオリジナルのサラマンダーを無分別に交配しちゃう事です。当然、両者のどちらとも付かないような個体が市場に出回る事になりますから。

banner
スポンサーサイト



[ 2009/01/08 00:00 ] 逸品堂通信 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する