FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 逸品堂通信 > 良いプラカット、悪いプラカット 009

良いプラカット、悪いプラカット 009

 今日は昨日に引き続きベタの目に付いての話をしましょう。今日登場のショークラウンをご覧になってどのようにお感じになったでしょう。好みの問題ではありますが、私的にはやや青みを帯びたホワイトで幽玄的な美しい個体だと思います。ヒレの形状も、まぁショークラウンとしては何とか標準レベルです。そして、今日のお題である眼ですが・・・

 画像で見る限りは、黒目がちの結構可愛らしい眼をしてるでしょ?でも、この個体は実物を見ると他の個体より明らかに大きな眼をしている事がよく判ります。別に大きな眼と言っても、水質悪化の際によく罹るポップアイのような出目金状態ではありません。別に眼は飛び出ていないのですが、眼の径が大きいと言うか水晶体がどうみても大きいのです。

 このような現象は、私の知る限りでは今のところホワイト系の品種でしか確認できていません。もちろん、病気ではないようで日常には何の支障もないようです。見た目も十分可愛らしいと思います。・・・でも、個人的には駄目なんですよね~(苦笑)。まるで金目鯛かなんかのような巨大なオメメちゃんが、私を引かせてしまいます。

 金目鯛と言えば、以前勤めていた会社の同僚たちと静岡県下田市に旅行した際、ホテルの夕食に金目の煮付けが出まして・・・。そこで、某後輩が「金目は何と言っても眼球が美味いんだよなぁ~」って言って、皿の上の金目からグリグリとその眼球を抉り出して口の中に放り込んだのを見た際には、はっきり申しまして殺意さえ感じてしまいました(笑)。鯛の眼肉食べる奴でさえかなり嫌悪感有る所に持ってきて、この男ってば眼球自体を食べちゃう訳ですから・・・。はっきり言って「頼むからこっち来るんじゃねぇ~っ!」って言う感じです。

 私はなぜか生物系の大学出身者のくせに、この手の描写は苦手なんですよね~(涙)。解剖実験なんて、魚の解剖あたりでも十分気持ち悪かったですし哺乳類とかになれば絶対にパスって言う感じでした。あっ、別に流血は全然大丈夫なんですよね。それよりも、内臓がピクピクだとか、眼球をグリグリするだとかのシチュエーションがとにかく駄目です。

 そんな心優しい?私としては、眼球の大きなベタを見ていると「うっ、なんか物に引っかかったらポロッって目玉取れちゃいそう」と、それはもう気が気ではない状態に陥ってしまうわけです。このビッグアイ?は、バンコクではかなりの頻度でお目にかかるため、おそらくは品種として固定可能なレベルの形質なのだと思われますが、今のところその辺りを意識して作出しているブリーダーは存在しないようです。・・・って言うか、存在しなくてよろしいっ!(笑)

banner002
スポンサーサイト



[ 2008/09/02 00:00 ] 逸品堂通信 | TB(0) | CM(7)
実物を見てないのでまったく憶測ですが、
色素の少なさから、他の魚では皮膚に埋もれてて見えない部分まで
見えてしまうのではないか…と考えました
でもお話からすると眼球径自体が大きいようですね。

で、すんません、私も魚の眼玉食べます。
僕が読む魚好きのエッセイストの食の話には、よくこのテの話題が登場しました。
頭部の細かい骨の間の肉は、体側の筋肉に比べて比較にならぬ…
って、これ以上話したら嫌がらせになってしまうので…
でも、決して残酷趣味で食べてるわけではおざいません。
美味しいんですよ、本当に…(しつこい)
[ 2008/09/02 12:31 ] [ 編集 ]
私はビッグアイも魚なら解剖も平気ですね~。
今年始めにTVでやっていたシーラカンスの解剖実験も見てましたし・・・
(地上波民放でそんな番組を流しているのが驚き!)
[ 2008/09/02 14:44 ] [ 編集 ]
この固体に関しては似合ってるような・・・
それよりも私は目玉がまん丸に見えるベタが苦手です。
やる気のない自分を見ているような嫌悪感があります。
上まぶたのように見える部分がハッキリしていて、
顔を正面から見ると目尻がつり上がって見える
ベタの顔にはホレボレしてしまいます。
[ 2008/09/02 16:12 ] [ 編集 ]
>実物を見てないのでまったく憶測ですが、
>色素の少なさから、他の魚では皮膚に埋もれてて見えない部分まで
>見えてしまうのではないか…と考えました
>でもお話からすると眼球径自体が大きいようですね。

>で、すんません、私も魚の眼玉食べます。
>僕が読む魚好きのエッセイストの食の話には、よくこのテの話題が登場しました。
>頭部の細かい骨の間の肉は、体側の筋肉に比べて比較にならぬ…
>って、これ以上話したら嫌がらせになってしまうので…
>でも、決して残酷趣味で食べてるわけではおざいません。
>美味しいんですよ、本当に…(しつこい)
-----

そうですね。通常の個体に比べて明らかに眼の直径が大きいようです。それと、一緒にお食事するのは避けた方が互いに無難なようです(笑)。
[ 2008/09/02 23:41 ] [ 編集 ]
>私はビッグアイも魚なら解剖も平気ですね~。
>今年始めにTVでやっていたシーラカンスの解剖実験も見てましたし・・・
>(地上波民放でそんな番組を流しているのが驚き!)
-----

 大学~院生時代は、解剖実習の度にサボタージュかもしくは部外者面して隅のほうにすくんでいました(笑)
[ 2008/09/02 23:43 ] [ 編集 ]
>この固体に関しては似合ってるような・・・
>それよりも私は目玉がまん丸に見えるベタが苦手です。
>やる気のない自分を見ているような嫌悪感があります。
>上まぶたのように見える部分がハッキリしていて、
>顔を正面から見ると目尻がつり上がって見える
>ベタの顔にはホレボレしてしまいます。
-----

 私も遠目には結構可愛らしい顔だと思うんですよ(笑)。でも、巨大な水晶体を間近で見ちゃうともう駄目ですね。
[ 2008/09/02 23:44 ] [ 編集 ]
グリ眼が気に入られておりました。ピンポンにもこんなのがいますよね。だからかもしれませんが、体色はといったら、家の人間は×らしいです。残念。
母が、「眼にいいのよ」と目をほおばります。御頭だけも買ってきます。さばけるし、すげーです。
いや、私は生きの良い刺身が苦手で、口の中で動くし、生簀の横でヒラメを掬ってしまった日には「さあ皆様、あちらのお嬢さん(昔です)が獲った獲物を刺身にしました。身はテーブルにあとはかわいそうですので生簀に戻します。ごらんあれ!!」泳ぐ頭と骨とヒレ。一切れも食べれませんでした。
[ 2008/09/06 14:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する