FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > その他 > バンコクB級グルメ紀行 04

バンコクB級グルメ紀行 04

 実は私は結構重度の喘息患者でして、毎日ステロイドの吸入を欠かす事が出来ません。全盛期?(笑)には、いきなり呼吸が停止し救急車で病院行きというのも何回も経験しています。一度などは、救急車で運ばれた病院で妻が「今夜が峠です。肉親の方にご連絡をしておかれた方が・・・」と担当医師に言われたほど。そんな私なので、物心ついてから気管の状態にはかなりナーバスになってます。人様の喘息はどうかよく判りませんが、私の場合「ん?何かのどの調子が変だぞ」って感じるといきなり息が苦しくなり、そのまま喘息の発作に突入と言う事がシバシバあります。だから、常日頃からのど飴とかその類を常用していると言うわけです。

 医学的根拠はまったくないのですが、なんとなく喉がスッとすると息が楽な気がするもので、のど飴は基本的にミント系です。でも、外出中に飴の袋ぶら下げて歩くわけも行かないので(苦笑)、フリスクとかあんな類の駄菓子を常に持ち歩く事にしています。ちなみに、喉の調子が悪いと感じるときは1日にフリスクの一番強烈な奴を3個(3容器って事です)位食べる事もあります。こうなると、もう口に1,2粒放り込んでとか言うレベルではなく、豆菓子かなんかのようにボリボリと噛み砕いてます。

 一度ドイツに向かう飛行機の中で、隣に座った外人の女性が私の周囲に強烈に漂うミント臭に辟易として、スチュワーデスに席の交換を申し出ると言う事があったほどです。まぁ、その時は、私の方が両隣に人のいない席に移動させられましたが(苦笑)、スチュワーデスもビックリしたのか面白がって、暇さえあればその後私のところに来てボリボリとミントタブレットを貪り食う私の相手をしてくれました。私が必死に気管の自己管理をしているとも知らずに、「この男はミント中毒かミント依存症に違いないっ!」って思ってたでしょうね~。

 そんな私が最近はまっているのが、今日紹介するコイツです!タイのスーパーで売っているBotanと言うメーカーのMint Ballで、何種類か味があるのですが私はこのミックスベリー味が大好き。ミントの強烈さではフリスクに負けてますが、中心部分に仁丹と言うか龍角散と言うか(笑)そんな甘草か何かのエキス入り?の核があって、食した後長時間にわたって喉がスッとしてくれます。両サイドを押さえるとパカッと口を開ける、携帯用灰皿なんかでよく見かける構造の容器に、梅仁丹より一回り大きいくらいの粒々がザラザラ入っています。ちなみに私はバンコク入りすると36容器入りのカートンで2箱購入し、日本にいるときもヨーロッパ出張中も、そしてブログ更新中の今もボリボリと噛み砕いてます(笑)

banner002
スポンサーサイト



[ 2008/08/25 00:00 ] その他 | TB(0) | CM(1)
なので、吸入は朝夕(でも、夏は忘れがちで、ついつい気管支炎になりがち)欠かせません。
うがいも忘れるほうなので、やはり飴と水分補給です。飴も袋いくつかと何本か、、、それから、家からポットに氷(のどに熱が出たら冷やす+潤す)と蜂蜜系のものかダルボエルダーフラワーかライビーナの濃縮液。ですが、飴は塩系統か柑橘系と黒砂糖系です。ミントはきついと咳が出始めて止まらないんです。ということで、最近の一押しは「大人ののど飴」となっております。喉があったまります。って氷と交互というのが微妙に変ですが。
[ 2008/09/06 13:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する