FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 逸品堂通信 > 良いプラカット、悪いプラカット 002

良いプラカット、悪いプラカット 002

 さて、昨日は尾鰭の軟条の分岐数についてご紹介しましたが、今日も引き続き尾鰭について。本来の原種に近いプラカットの尾鰭は、小さくペンキ用の刷毛の様な形をしていますが、観賞用のショープラカットになれば1枚目の画像のように縦長の半円~半楕円形をしているのが普通です。そして、その縁は丸く滑らかなカーブを描いています。

 昨日紹介した4レイの個体であれば半楕円、3レイであればほぼ半円と言ったところでしょう。昨日も書いたようにどちらの形状が好きかは個人の勝手だと思います。ただ、コンテストと言う事ならば当然半楕円の尾鰭を持った個体の方が、その分有利となるのは確実です。もっとも、個人的にはプラカットに関してはコンテスト最優先主義にならない事を願ってます。プロブリーダーならいざ知らず、本来アマチュアであればコンテストの目的は他のベタマニアとの親睦を深める事や、数多くの絶品個体を目にする事の出来る実に楽しい場所になるべきだと思います。でも、どう言うんだか我が国のベタマニアの中にはコンテストで入賞する事がこの趣味の最重要課題になっちゃう人が結構存在するんですよね~。

 もちろん、コンテストに出品するからには少しでも上位入賞を目指すのは人情として当然だと思います。でも、コンテストに入賞する為に飼育する品種が制約されたりしすぎるのは、本末転倒じゃないでしょうか。それと、そのために他人の魚が素直に評価できなくなったりする人さえ出てくる始末。私が以前所属していたベタの愛好会でも、ベタに飽きたのではなく会員間の人間関係に疲れて、この趣味やめる人が結構いましたから(苦笑)。短気なくせに気弱なところのある私が、コンテストから一切身を引いたのもそんなところに一番の原因があります。仕事の疲れを癒す為に始めた趣味でストレス感じてもね~。プラカットの世界では、もう少し気楽にいろんな人が手掛けたくなるような趣味に育っていってもらいたいなぁ~って心から願っています。話が脇にそれましたが、別にコンテスト否定派な訳ではありませんからね(笑)。

PL ブルー&ブラック・マルチ 002

 話を元に戻すと、プラカットの中には時々円形~半楕円形ではない尾鰭を持った個体に出くわす事があります。2名目の画像の個体なんかがその典型で、尾鰭後端中心部が後に伸びて、全体的にスペード型の尾鰭になっています。今のところ、その由来ははっきりとしませんが、突然変異的に出現するのではなく明らかにこの尾鰭を持つ系統が存在します。つまり、遺伝的形質のようです。

 不思議な事にスペード型の尾鰭を持つ個体は尾開き自体は良好である事が多く、プラカットのコンテストではそれ自体が大きな減点材料になる訳でもないようです。したがって、円形~半楕円形かスペード型か、尾鰭のシルエットに関しては各人の好みでどうぞって言う事になりそうです。ちなみに、個人的にはこのスペード型の尾鰭は決して嫌いな方ではありません。その他の色彩などの要因がまったく同レベルならば、むしろスペード型の方を選ぶかもしれません。

banner002

 
スポンサーサイト



[ 2008/08/21 00:00 ] 逸品堂通信 | TB(0) | CM(2)
私もコンテスト否定派ではありませんが、さかなおやじさんと同じ意見ですね。

一般の人を交えた人気投票ってのも面白いかもしれませんね。

[ 2008/08/21 20:57 ] [ 編集 ]
>私もコンテスト否定派ではありませんが、さかなおやじさんと同じ意見ですね。

>一般の人を交えた人気投票ってのも面白いかもしれませんね。
-----

面白いもので、コンテストに来場した方全員の人気投票って言う提案をすると、コンテストの入賞常連者たちはほぼ全員猛反対するんですよ(笑)。「素人に何がわかるっ!」って。私もプロも素人も関係なく、一番多くの人が美しいと思える個体が優勝すべきだと思いますけどね~。どうも日本人は系統とか、何世代自分の所で累代飼育して来たかとか、そういう部分を重視したがる傾向が強いみたいです。でも、あまり其処にこだわると、コンテストに出品できるのは自分で温室とか所有しているごく一部のマニアだけになっちゃうんですよね。まずベタと言うホビーを世間に広めるのが先だと思いますし、そのためには「昨日熱帯魚ショップで購入してきたトラッドが綺麗だからコンテストに出品しました」って言うスタンスもありだと個人的には思ってます。
[ 2008/08/22 14:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する