FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 逸品堂通信 > ベタ オリジナル系統を作る喜び

ベタ オリジナル系統を作る喜び

 今日紹介するのはパステルホワイト&レッド・マルチのクラウンテールです。もっとも、クラウンテールといっても、半分はプラカットの血が入っています。大元は、ホワイトの地色で、各ヒレに真紅のかすり模様の入るクラウンをバンコクで入手したのが始まりでした。このカラーリングのプラカットを自分で作ろうと言う事でスタートしたのですが、初代の組み合わせはオスにホワイト&レッド・マルチでメスにショーベタのパステル・ホワイトを交配しました。

 そこで生まれて来た子供(F1)世代の中から、もっとも目標の形質に近いオス個体を選び、それにプラカットのパステルホワイトのメスを掛けて生まれた個体が今日の画像の個体です。本来は、混じりけのない綺麗なホワイトベースで各ヒレには真紅のかすり模様が桜吹雪かなんかのように入るパターンをイメージしていました。ところが、今回交配したプラカットのメス個体が、妙に虹色の光沢のあるパステルホワイトだったためでしょうか、F2世代の多くはヒレが光の具合によって、淡いゴールドカラーに輝くパターンになりました。私の撮影技術ではどうしてもうまくこの色調を表現できないのが残念ですが、実物は非常に艶やかです。

 少々想定外ではありますが、せっかく綺麗な方向に予定がずれた訳ですから(笑)、最初の目標を少々軌道修正して、このままの路線で改良を続けたいと思います。色彩的にはほぼこのままで完成に近いといってよいと思いますが、欲を言えばもう少し各ヒレの真紅のかすり模様の数を増やしたいところです。

 目標達成までに大きな壁となって立ちはだかる事が予想されるのがヒレの形状でしょう。ベタのクラウンテール、つまりヒレ先がギザギザになる形質はかなり強力なのか(苦笑)、いちどクラウンの血をその系統に導入すると、チョットやそっとではヒレのギザギザはなくなりません。今回の世代でも、ほぼ確実にすべての個体でヒレはギザギザです。まぁ、ここは気長に片親をプラカットにして何世代か交配を続けるしかないでしょう。

 そうそう簡単には完成しないでしょうが、別にこの系統を私の副業である逸品堂で販売する為にではなく、純粋に自分の遊び心で楽しんでいる交配ですから、気が楽だし本当に楽しいです。一時は本業との兼業で、プライベートも一切ないほどハードな日々を過ごしていましたが、ここに来て本業が落ち着いてきたので、こう言った趣味としてのベタホビーも楽しめる心の余裕も生まれてきました。ただ、来年早々には本業の方で新たに大きなプロジェクトが動き出す予定なので、そうなるとまたまた地獄のような猛烈に多忙な日々がやってくる事でしょう。せめてそうなるまでの間だけでも、趣味としてのベタホビーを満喫できればなぁ~って思います。

逸品堂バナー
スポンサーサイト



[ 2008/08/14 00:00 ] 逸品堂通信 | TB(0) | CM(7)
自分の系統を作出する…夢ですね~(^^)ベタをやめてしまった今でもベタショップに行って冷やかしてます^m^
ダルメシアンでしたっけ?とても不思議で魅力的ですよね~実際にはオレンジしか見たことないですが、いろんなものがあるんですね。ホワイトにレッドノかすり模様…完成したらさぞや美しいでしょうね~
[ 2008/08/14 23:48 ] [ 編集 ]
そうそう、このように理想を追い求めて・・・
この趣味のやめられないところなんですよね!
でも理想に描いて、交配し続けているいる理想個体が、逸品堂で入荷!何てことも。
恐るべし、さかなおやじさん!!
恐るべし、バンコクブリーダーって感じですう!!
[ 2008/08/15 10:39 ] [ 編集 ]
でもその前に、育て上げねば。
ところで、「鰓病」って「エラ病」ですね。すみません。漢字を知らなくて。
オリジナルのまえに、水質でしょうか。
オリジナルを作っている方がいらして、孤高の…と呼ばれていました。難しそうです。
あ、それは私にとって、接するのがですが。
あと、オリジナルとして金魚の遺伝子が定着するのがです。最もフナが元だから、大半の子供の尻尾はフナになるでしょうし、仕方ないですが、五行説にのっとって五色作りたいんです。(←いきなり大きな野望)知恵貸してください。黒竜先生(金魚先生??)は寡黙だそうで、素人の私には導入も教えてくれません。。。って、遠いのよね。お住まいも。池を見に来て勉強解してと言われたって、それはちょっと失業中の私には、ムリ。。。あはっ。(涙)そいえば、タイって、ピンポン沢山売ってましたよね。でも、ベタのようには運べないかぁ。ああああ。タイと関西とどっちが旅費が要るの?
[ 2008/08/15 12:26 ] [ 編集 ]
>自分の系統を作出する…夢ですね~(^^)ベタをやめてしまった今でもベタショップに行って冷やかしてます^m^
>ダルメシアンでしたっけ?とても不思議で魅力的ですよね~実際にはオレンジしか見たことないですが、いろんなものがあるんですね。ホワイトにレッドノかすり模様…完成したらさぞや美しいでしょうね~
-----

今のところダルメシアンスポットはオレンジ系・イエロー系そしてパステルホワイト系が存在するようです。中でもホワイト系は、クラウンテールでしかお目にかかった事がありません。まぁ、クラウンで存在する訳ですから、プラカットでも問題ないでしょう。後はヒレのギザギザをうまく無くして行かないとなりません。
[ 2008/08/15 14:46 ] [ 編集 ]
>そうそう、このように理想を追い求めて・・・
>この趣味のやめられないところなんですよね!
>でも理想に描いて、交配し続けているいる理想個体が、逸品堂で入荷!何てことも。
>恐るべし、さかなおやじさん!!
>恐るべし、バンコクブリーダーって感じですう!!
-----

 理想個体と言えば、今日紹介したマルチカラー・マーブルのメス個体は絶品ですよぉ~♪マーブル好きの更紗丸さんなら絶対に判っていただけると思いますが、私としては非常に稀な事ですが非売品として秘蔵させていただきました(笑)
[ 2008/08/15 14:48 ] [ 編集 ]
 タイの金魚も最近のクオリティは本当に見事なものになってますよ。ただ、ピンポンよりもランチュウや出目金などに比重が置かれているようです。特に黒ランチュウは絶品です。ピンポンなら香港辺りが本場なのではないでしょうか。ただ、残念な事に現在外国で購入した(購入自体は何の問題もありません)金魚は、コイヘルペス予防の為、相手国の水産庁(だったはず)の証明書がないと日本に持ち込めません。証明書を取得する事は不可能ではないですが、輸入業者の方のように大量に輸入するのでなければ手間隙かかりすぎてチョット非現実的ですね~。国外での仕入れ価格は、日本人には想像できないほどお安いんですけどね(苦笑)
[ 2008/08/15 14:54 ] [ 編集 ]
machimaさん
> タイの金魚も最近のクオリティは本当に見事なものになってますよ。ただ、ピンポンよりもランチュウや出目金などに比重が置かれているようです。特に黒ランチュウは絶品です。ピンポンなら香港辺りが本場なのではないでしょうか。ただ、残念な事に現在外国で購入した(購入自体は何の問題もありません)金魚は、コイヘルペス予防の為、相手国の水産庁(だったはず)の証明書がないと日本に持ち込めません。証明書を取得する事は不可能ではないですが、輸入業者の方のように大量に輸入するのでなければ手間隙かかりすぎてチョット非現実的ですね~。国外での仕入れ価格は、日本人には想像できないほどお安いんですけどね(苦笑)
-----
コイヘルペス、これがけっこうアカヒレでおきますよね。見た目になくても出てくるんですよ。そうか、税関超えるときには大半死滅してますね。保管場所、ひどいから。健康な犬も死ぬと言われる(てた?)保管場所ですから。
茶金や黒、緑、青、黄色、白が揃ってくれたら掛け合わせと遺伝子定着だけなんですが、茶金にブーイングが出て色をそろえる前に挫折しています。
パールスケールで茶はいないかなぁ。しかし、今、うちの子達は、徐々にガマ顔になってきていて、それが怖い。でかいやつはダイエット施設に入れるべきかもしれません。
浜金の頭がブニョっとしていなければ、姿は好きなんですが、、、。
ところで、香港、帰りに寄ったりしませんよね。。。(内心、涙)ちょいとずつ、買うしかないか。ああああ。(母は、この状態を見て、今まで反対してきたプラティーを買っても良いと、、、。しかし、、、ああああああ、欲しいものがすべて揃っている店はないんです、おかあぁさま)
[ 2008/08/20 12:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する