FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 逸品堂通信 > マーブル系プラカットの驚くべき変身!

マーブル系プラカットの驚くべき変身!

 今日の1枚目の画像のブルー&ホワイト・マーブルはいかがでしょう?結構バランスよくマーブルパターンが散っています。また、この個体はブルーの下地にブラックもありますから厳密に言えばトリカラーって事になりますね~。まだ幼いけれど、なかなか将来性を感じさせる個体だと思います。

 ところでこの個体は昨日つまり7月22日の晩に撮影したものなんですけど、この個体はなんと7月19日のブログに登場した個体と同一なんです。ちなみに2枚目の画像が7月19日、つまり3日前に撮影したものなんですけど、あまりの急変振りにビックリさせられます。この2枚の画像を見てすぐに同一個体だとわかる人はなかなかいないのではないでしょうか。よく観察すると、ヒレのマーブルパターンなどがそっくりなんで、なるほどって思えますけどボディはまったく別物です。

 我が家に大量にストック中(苦笑)の自家産マーブルの若魚達は、冗談抜きで毎日どんどんマーブルパターンが変化していきます。オス個体はすでに小型の容器で単独飼育にしているからその変化に気が付くものの、群泳させていたらもうさっぱり気が付かないでしょうね~。

 ほぼ毎月バンコクに仕入れに行っている訳ですが、バンコクの最終日に確認したときと、日本に着いてからの10時間ほどの時間差で模様が激変している事だって珍しくありません。マーブルパターンの激変は、それ自体がマーブルの魅力でもあるんですけど、以前仕入れ金額としては過去最高レベルの大枚をはたいて購入したトリカラー・マーブルが日本に帰国してから見ると、ただのクリームホワイトに大変身?していた時は、さすがに泣きましたね(笑)

PL ブルー&ホワイト・マーブル 001

 しかし、このマーブルパターンの変化には系統ごとにある程度法則みたいなものがあって「この系統は、後からレッドが出現する」とか「この個体は歳を経るにしたがって、クリームホワイト1色になる傾向がある」みたいに、今後の変化をブリーダーならば自分の系統であれば判断できます。

 そういう意味では、今回のブリーディングは結構重要です。例えば今日登場した個体は幼魚の時は、ほぼクリームホワイト1色でしたから、この系統は後になってからブルーやブラックのマーブルパターンが出現するって事がコレで判明したわけです。もっとも、この変化がコレで終わるのか、今後更なる大変身を遂げるのかはこれからを待たないと判りませんけどね。このままで固定してくれるか、さらにレッド・マーブルでも出現してくれれば万歳ですけど、一気にブルーの面積が増大して、単なるブルー・マルチにまで言ってしまうのか・・・どっちでしょうかね~?

逸品堂バナー
スポンサーサイト



[ 2008/07/23 00:00 ] 逸品堂通信 | TB(0) | CM(7)
おお!素晴らしい個体ですね。
ブルーマルチにならなきゃいいですね!
我が家では、ブルーレッドのマルチが沢山でてましたが・・・。
[ 2008/07/23 23:17 ] [ 編集 ]
ピンポンパールを買いまして、即、死んでしまいまして、残ったのも白点病やえら病らしいのです。
どうしたらよいものだか。
とりあえず、黄色い粉とブルーの液と塩を入れましたが(わかる人しかわからない表現をしてます、すみません)
生かす方法ってあるでしょうか???

ばいざうえい、、、

ベタですが、うちではだんだん阻害されつつあります。嫌われ者になって行っています。かわいそう。。。でも、黄金の子孫は、まだらに黄金を残しているので近くの子供が「きいろ!!!」と言い、ちびちびと言います。。。それだけが、かわいがられていると言うか、人気が残存しています。
なので、繁殖はもうあきらめています。
楽な、めだかに回帰。。。。あ、ところで、アカヒレがほしいのですが、、、、今年こそ繁殖させたいのですが、、、、T_T。←こんな私じゃダメ?
[ 2008/07/27 00:57 ] [ 編集 ]
可愛いと言うより
美しいですねぇ
[ 2008/08/06 01:27 ] [ 編集 ]
>おお!素晴らしい個体ですね。
>ブルーマルチにならなきゃいいですね!
>我が家では、ブルーレッドのマルチが沢山でてましたが・・・。
-----

 今のところ、現状を維持してくれているようなので多分このままでいくんじゃないかと思われます。
[ 2008/08/10 15:07 ] [ 編集 ]
>ピンポンパールを買いまして、即、死んでしまいまして、残ったのも白点病やえら病らしいのです。
>どうしたらよいものだか。
>とりあえず、黄色い粉とブルーの液と塩を入れましたが(わかる人しかわからない表現をしてます、すみません)
>生かす方法ってあるでしょうか???

>ばいざうえい、、、

>ベタですが、うちではだんだん阻害されつつあります。嫌われ者になって行っています。かわいそう。。。でも、黄金の子孫は、まだらに黄金を残しているので近くの子供が「きいろ!!!」と言い、ちびちびと言います。。。それだけが、かわいがられていると言うか、人気が残存しています。
>なので、繁殖はもうあきらめています。
>楽な、めだかに回帰。。。。あ、ところで、アカヒレがほしいのですが、、、、今年こそ繁殖させたいのですが、、、、T_T。←こんな私じゃダメ?
-----

 お返事がだいぶ遅れてしまいましたがピンポンはまだ無事でしょうか?基本的に金魚は丈夫なのでそう簡単に白点病では死にません。それよりも恐ろしいのは鰓病の方でしょう。一度に数種類の魚病薬を用いるのは、非常に危険なので(って、もう入れちゃったみたいですね~)、ひとまずは鰓病の治療を優先した方が良いのではないでしょうか。
[ 2008/08/10 15:11 ] [ 編集 ]
>可愛いと言うより
>美しいですねぇ
-----

 このまま行ってくれると飼育者としては本当に嬉しいんですけど、体色変化の激しいマーブルですからそうなる事やら・・・
[ 2008/08/10 15:12 ] [ 編集 ]
machimaさん
>鰓病

ってなんでしょうか?
先日、うっかりエサを潰しているところで器ごと水槽に落としましたら、金魚たちに当たってしまいました。1匹、二匹と昇天しまして。今心配なのは、うろこの上に白いねばねばが張り付いている子です。その下は内出血。一番えさを食べてぶっくぶくになっていますが、ねばねばは金魚を守っていると聞いたことがあります。とすると、あれはねばねばのパワーアップなのか、、、?いずれにしても助けないとあきませんよね。太りすぎの予防も含めて。
意外にあっけなくて、驚いていますが、命って分からないと言うのが本音です。あまり好きじゃないですが、サカキバラくん(感じは忘れました)が、命は意外に強いのかあっけないのかが分からないここ数日でした。
命に対する責任感を問われているような。
水替えにしても、私が再就職したら母がします。その時に楽にしてあげる配慮をしたい。母はピンポンを大きくしたいらしいのですが、そうすると大きさの違うピンポンを育てるのには餌が大粒と小粒と必要です。しかし、チビたち用のは食べつくされるときと余って腐っているときとある。したら即水替え。これを毎日母がやるのは無理。強力なポンプか餌をやらずにプランクトンかと迷っています。
[ 2008/08/15 12:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する