FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > さかなおやじの言いたい放題 > ベタ稚魚達の選別 第一ハードル!

ベタ稚魚達の選別 第一ハードル!

 さて、前回ワサワサと沢山いるベタ稚魚達もこれから始まる飼い主の独断と偏見に満ち満ちた選別の網目を潜り抜けて生き抜かなくてはいけないって書きましたけど、もう少し具体的に説明しましょう。ちなみに、この稚魚達は全長2cm前後と言うサイズです。コレくらいのサイズになれば、もうおおよその外見やカラーリングも判って来ますので選別開始には最適な時期といえるでしょう。

 ちなみに、バンコクのプロブリーダーたちは生後3ヶ月程度で市販サイズにまで育て上げますが、これを標準と思わないでください。一日中ベタの管理に時間を割ける環境で、水温が常時30℃程度さらに豊富な生き餌が簡単に入手できるタイならではの事ですから。1日1回しか餌を与えられない平均的なアクアリストならば生後3ヶ月で全長2cm前後、生後半年で成魚サイズにまで育成できれば十分だと思います。

 稚魚達の選別の第一段階ですが、この時点でカラーリングにこだわるのはやめておいた方が無難です。特にマーブル系は成長と共に大きく模様が変貌しますから、1枚目の画像のようにヒレに美しいレッドのマーブルパターンが出ているからと言って過剰に期待するのは無駄ってもんです(苦笑)。逆に、ただのソリッド・ブルーだと思っていた個体が成長と共に見事なブルー&ホワイトのマーブルパターンに変身するってケースも別にまれではありませんからね。

 サイズの大小も選別の根拠にはなりません。この時期やたらと成長の早いいわゆるトビと呼ばれる個体から、なんだか生まれたときとあまり変わらない貧弱なサイズの個体までサイズはバラバラです。特に、餌やりの回数が少ない飼育環境では顕著です。しかし、成長速度とベタとしてのクオリティにはなんの関係もありませんから、この時期出遅れた個体だってもしかして大器晩成型かもしれないし、大切に育成してあげましょう。

ベタ稚魚 002

 それじゃあ、どこを見て選別するのかって?もちろんブリーダーによって基準は異なるでしょうが、私の場合は選別の第一段階としては奇形の個体を取り除きます。当たり前すぎる意見だと思いますが、ダブルテールの繁殖なんてした日には体が折れ曲がった奴や、鰭があるべきところにない奴がかなりの数生まれてきます。シングルテールの場合はそこまでひどい個体は数少ないですが、遊泳異常の個体が多数いる場合があります。

 いわゆるベリースライダーと呼ばれるもので、うまく水中で姿勢を保つことが出来ず普段は水底をハゼみたいに這い回っています。浮袋の異常によるものだと考えられていますが、原因については今ひとつよく判っていません。遺伝的なものという方もいれば、稚魚の育成環境に左右されると言う見方をしている方もいます。ベタ以外にも卵生メダカでもベリースライダーがよく見られますが、この両者のベリースライダーはちょっと異なるものだと思ってます。と言うのも、卵生メダカのベリースライダーは卵から稚魚が孵化した直後から見られるのに対して、ベタの方では孵化直後は正常に遊泳していて1ヶ月くらい経過した時点でいきなりベリースライダーになる事がほとんどだからです。

 ベリースライダーだからと言って、その後の生育が困難と言うわけではなくそのまま育成続ければ成魚にまで育て上げる事は可能です。でも、ハゼみたいに水底をヘコヘコ這いずり廻るベタはちょっとね~。人によってはベリースライダーは成長と共に治るって言う人がいますが、確かに成魚になって一見普通に泳ぐ場合もあります。でも夜消灯後は水底に寝そべってますし、年老いてからは水底に横たわるようになることがほとんどです。つまり、体力のある時期は必死になって立泳ぎしているみたいな状態なんだと思います。そんな訳で、個人的にはベリースライダーの個体は早期に選別すべきと思ってます。

 ベリースライダーの稚魚は水底を這い回っているか、2枚目の画像のように立泳ぎのような格好でヒレをせわしなく動かしながら水中で体勢を維持していますので、すぐにわかると思います。成魚になると同じ水槽で飼育することが難しいベタでは沢山の稚魚達がみんな成長してしまっても後々途方に暮れるだけです。罪もない稚魚達を淘汰選別することは決して気持ちの良いものではありませんが、改良品種の育種を手がける以上避けては通れない道だと思って、心を鬼にして選別しましょう。

逸品堂バナー
スポンサーサイト



我が家のプラティの中にも奇形の子はいます。
ベリースライダーと言うんですね~!
また、一つ賢くなれました。ありがとう御座います。

いらないベタの稚魚達が、エサになるのは良いかと・・・。
命は廻る、と言う考え方です。私たちも毎日生き物の命を奪って生きてますからね・・・。
下水に捨てるよりは絶対良いですよ。
[ 2008/05/28 18:36 ] [ 編集 ]
選別って…具体的にその子たちはどうなるんでしょうか?エビとかでも選別って聞くんですが選別落ち水槽とか…そんなですかね?
[ 2008/05/28 23:03 ] [ 編集 ]
>我が家のプラティの中にも奇形の子はいます。
>ベリースライダーと言うんですね~!
>また、一つ賢くなれました。ありがとう御座います。

>いらないベタの稚魚達が、エサになるのは良いかと・・・。
>命は廻る、と言う考え方です。私たちも毎日生き物の命を奪って生きてますからね・・・。
>下水に捨てるよりは絶対良いですよ。
-----
  
あっ、あのベリースライダーって言うのは奇形全体を指す言葉ではなく、水底を這い回るようにしてしか泳げない遊泳異常をさす言葉ですのでお間違いなく。

確かに、ペットの飼育自体がどんなに大切に飼育したとしても人間の自己満足に過ぎないと思ってますが、稚魚を選別淘汰する際にちょっとだけでも心が痛む気持ちをこれからも維持していきたいと思います。
[ 2008/05/29 00:47 ] [ 編集 ]
>選別って…具体的にその子たちはどうなるんでしょうか?エビとかでも選別って聞くんですが選別落ち水槽とか…そんなですかね?
-----

 選別の内容にもよります。今回の様に奇形や遊泳異常の個体を淘汰する場合は、大型魚の餌にするにしても廃棄するにしても殺してしまうことに変わりありません。かわいそうだとは思いますが、奇形の個体を人様に上げる訳にもいきませんし。
 色彩面などで選別した個体は、知人や知り合いのショップなどに流れていくことが多いですね~。ただ、ベタは成魚になると個別飼育しなくてはならない魚ですから、どう頑張ってもすべての個体を自分の所で育成管理するのは不可能です。
また、それならば繁殖させなければと言う方もいらっしゃいますが、繁殖させないでその個体を飼い殺し(表現がきついですが)するのと、数個体だけでも次世代に引き継ぐのでは、まだ後者の方が個人的にはましだと思っています。
もっとも、どんな場合でも選別淘汰した個体を処分するのは気持ちのいいことではありません。
[ 2008/05/29 00:55 ] [ 編集 ]
こればっかりはどこまでもついて回る問題ですよね…
いろいろ書いてから、一度すべて消しました。

私の結論から言うと、餌にしても埋めて処分しても、
魚にとってどっちがいい、という事にはならないと思います。
人間側の気持ちの持ちようでしょう。

育種の話は一部、一般の方に刺激が強いところがありますね。
現代の人間生活は他にも色々な形で、生き物の命を収奪しています。
命を維持するためだけでなく、利便性や嗜好のためにです。
だから観賞魚産業だけがどうだ、というのは大変視野の狭い話です。

どうしても魚にそういうことをするのが許せない、という人もいるでしょう。
それはそれでごく自然な感情だと思います。
でもそう感じる人は自分で魚を飼うのを諦める以外にできることはありません。
今の観賞魚は多かれ少なかれこういう過程を経て店に来るものがほとんですから。
人のしている事に口出しをするのは行きすぎでしょう。

と、逸品堂さんだけにではなく、コメントを見に来る方宛に
ちょっと書きました。
デリケートな話題をブログに挙げるというのはとても真摯な姿勢だと思います。
特にショップをやてらっしゃる方が書くのは勇気が要ると思います。


[ 2008/05/29 14:59 ] [ 編集 ]
こんばんは。
いつも楽しく見させてもらってます。

私は、選別がつらくてブリードできないでいる口です。
選別に対しては賛否両論あるのでしょうが、
ゆーさんの「デリケートな話題をブログに挙げるというのはとても真摯な姿勢だと思います。」
という一文に同意です。

プロの人のアンビバレントといいましょうか、複雑な心模様を身近に感じた気がします。
[ 2008/05/29 22:26 ] [ 編集 ]
我が家は、ほとんどベリスラ気味でしたが、成魚サイズになったときには、みんな正常に泳いでました。

それとマーブルの色選別は、いつ選別するのか本当に難しいですね。

前回は、仕事も超多忙だった為、1腹分オスメスゴッソリと60cmの水草牧草水槽に放り込んでましたら、アレヨアレヨと色が出たり、無くなったりでいい経験が出来ました。
[ 2008/05/30 19:28 ] [ 編集 ]
マルチで色の系統維持は難しいですね。カッパーBFとカッパーマーブルでいい感じのマーブルができたと思ったら、個別飼育3日でオペックになりました。色の変化はマーブルの楽しみかたの一つだとおもいます。
[ 2008/05/31 12:49 ] [ 編集 ]
>こればっかりはどこまでもついて回る問題ですよね…
>いろいろ書いてから、一度すべて消しました。

>私の結論から言うと、餌にしても埋めて処分しても、
>魚にとってどっちがいい、という事にはならないと思います。
>人間側の気持ちの持ちようでしょう。

>育種の話は一部、一般の方に刺激が強いところがありますね。
>現代の人間生活は他にも色々な形で、生き物の命を収奪しています。
>命を維持するためだけでなく、利便性や嗜好のためにです。
>だから観賞魚産業だけがどうだ、というのは大変視野の狭い話です。

>どうしても魚にそういうことをするのが許せない、という人もいるでしょう。
>それはそれでごく自然な感情だと思います。
>でもそう感じる人は自分で魚を飼うのを諦める以外にできることはありません。
>今の観賞魚は多かれ少なかれこういう過程を経て店に来るものがほとんですから。
>人のしている事に口出しをするのは行きすぎでしょう。

>と、逸品堂さんだけにではなく、コメントを見に来る方宛に
>ちょっと書きました。
>デリケートな話題をブログに挙げるというのはとても真摯な姿勢だと思います。
>特にショップをやてらっしゃる方が書くのは勇気が要ると思います。
-----

結局そうなんですよね~。生き物飼うって行為自体が、ある意味人間側の自己満足に過ぎない部分がありますから。非常にデリケートな問題ですが、ずっと避けている訳にも行きませんしね~。
[ 2008/06/02 02:12 ] [ 編集 ]
>こんばんは。
>いつも楽しく見させてもらってます。

>私は、選別がつらくてブリードできないでいる口です。
>選別に対しては賛否両論あるのでしょうが、
>ゆーさんの「デリケートな話題をブログに挙げるというのはとても真摯な姿勢だと思います。」
>という一文に同意です。

>プロの人のアンビバレントといいましょうか、複雑な心模様を身近に感じた気がします。
-----

 私も一時、選別淘汰がいやで繁殖をしない時期がありましたね~。でも、結局我儘で自己中な人間なので、なんだかんだと自分を無理やり納得させて今にいたってます。
[ 2008/06/02 02:14 ] [ 編集 ]
>我が家は、ほとんどベリスラ気味でしたが、成魚サイズになったときには、みんな正常に泳いでました。

>それとマーブルの色選別は、いつ選別するのか本当に難しいですね。

>前回は、仕事も超多忙だった為、1腹分オスメスゴッソリと60cmの水草牧草水槽に放り込んでましたら、アレヨアレヨと色が出たり、無くなったりでいい経験が出来ました。
-----

 更紗丸さんはベリーの原因なんだと思います?遺伝的なもの?それとも稚魚の飼育環境でしょうか?いい加減この問題の答えが見つかっても良さそうなものですが、20年以上前からぜんぜん進展しませんね~(苦笑)。誰か徹底的に調べてくれないかなぁ。

[ 2008/06/02 02:16 ] [ 編集 ]
>マルチで色の系統維持は難しいですね。カッパーBFとカッパーマーブルでいい感じのマーブルができたと思ったら、個別飼育3日でオペックになりました。色の変化はマーブルの楽しみかたの一つだとおもいます。
-----

 趣味で楽しんでいるときは本当に楽しいんですけどね~。商売になると、少し前に購入した方から「ぜんぜん違う模様になっちゃったぁ~」ってメールもらったりして、結構辛い品種でもあります(苦笑)
[ 2008/06/02 02:18 ] [ 編集 ]
何か不快な思いをされましたか?
私は、ただ下水に捨てるよりはエサにするほうが
まだ良いかな?と思っただけです。

>どうしても魚にそういうことをするのが許せない、という人もいるでしょう。
>それはそれでごく自然な感情だと思います。
>でもそう感じる人は自分で魚を飼うのを諦める以外にできることはありません。
どうしてですか?
過程はどうであれ、自分で守れる命を大事にしては
ダメなのですか?
私は奇形の子でも、育ててますよ。自己満足でしょう?ってことですか?
過程まで考えて、飼育すべきなんでしょうか?

>人のしている事に口出しをするのは行きすぎでしょう。
コメントとして不適切でしたでしょうか?
エサならば良いと書いたことが、人間からの考え方で良くないと言うことですか?
さかなおやじさんの下水ではなく、エサにしてあげると言う、優しい気持ちが嬉しくてコメントしました。
命をどうこう言うならば、過程を考えて
飼育すべきではない、と言う考え方に驚き悲しく感じました。
自分のコメントに、こんな書き込みがあってショックです。
[ 2008/06/02 11:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する