FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 逸品堂通信 > プラカット 姿を消しつつある?品種 その4

プラカット 姿を消しつつある?品種 その4

 さてさて引き続きバンコクのプラカット市場から姿を消しつつあると思われる品種の紹介を続けましょう。今日紹介するのはソリッド・イエローです。単色系の品種としてもはや古典的とも言えるほど昔から存在していた品種ですが、ここに来て急速に激減しています。元々、わが国ではイエローと言う品種自体の人気が今一歩だったのですが、風水学的に金運を招くカラーと言うことで、華僑の方々に絶大なる人気を誇っていた人気品種でした。

 そんな人気品種がなぜ?理由は簡単で、さらに金運を招きそうな(笑)、ゴールドと言う品種が作出されたからです。まぁ、どっちが黄金色?って尋ねられたら風水なんてかけらも知識がない私だって、「イエローよりはゴールドっ!」って答えますもの。そんな訳で、このソリッド・イエローと言う品種はバンコクの市場では本当に見かけなくなってしまいました。

 もっとも、ソリッド・イエローと言う品種自体が消滅の危機に直面していると言うわけではありません。と言うのも、ゴールドと言う新たに出てきた品種はソリッド・イエローをベースに、その上にシルキー系の色彩を重ねたもの、つまり体表の最上層にあると言われるシルキー光沢を表現する色素の下層には、ソリッド・イエローが隠されています。したがって、理論的には、ゴールドに鰭の赤みのないカンボジアンって表現がおかしいですが(苦笑)、つまりは鰭に色彩が乗っていなくてボディにも余計な色のない肌色っぽい個体を掛け合わせれば、うまくいけば次世代、最悪でも2世代後にはソリッド・イエローが出現するはずです。・・・少なくとも、理論上は・・・。

 元々日本人にあまり受けのよくない品種であると言うことと、その気になれば復元は十分可能と言うことから、ソリッド・イエローは市場から姿を消しつつあると言っても状況が非常に厳しいと言う訳ではないようです。

逸品堂バナー

スポンサーサイト



[ 2008/04/25 00:00 ] 逸品堂通信 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する