FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 逸品堂通信 > 号外!?逸品堂通信vol.097 いきなりメス入荷!

号外!?逸品堂通信vol.097 いきなりメス入荷!

 ウーン、昨日はやっぱり温泉なんて行ってのんびり出来ませんでしたぁ~(涙)。成田空港で取引先のイギリス人会長夫妻を見送った後気分はすっかり温泉気分だったのですが無常にも携帯が三波春夫先生の「世界の国からこんにちは」をねっとりと歌い始めました(笑)。最初は無視しちゃおうかとも思ったのですが、知人から着信番号から知人からの物と判りでる事に。
「もしもし、さかなおやじです」
「あ~、◎◎だけど、お久しぶり。実は今日バンコクから帰国したんだけど、ベタ屋さんから魚預かってきてるんだよね」
「はぁ??」

 実は今回の仕入れではあまりの腰の痛さにいくつかのブリーダーやショップでは、その場で持ち帰るのではなく後で宿泊先のホテルまで届けてもらうようしました。出来れば少しでも後から受け取った方が魚が狭い袋の中に収容されている時間が短いと考え、持ってきてもらう日時を帰国日のチェックアウト2時間前に指定しました。でも、コレが大失敗。バンコク市内の信じられないほどの交通渋滞と、彼らのアバウトなタイ語で言うとマイペンライ気質をもっとちゃんと考えておくべきでしたぁ~!定刻になってもちゃんと届けにきてくれたのは半分程度、残りはブッチされました(苦笑)。もちろん、代金は前払いしてあるんですけどね。

 特にメス個体を頼んだ3業者は全滅!そんな訳で今回の仕入れではメス個体の入荷は無しって筈だったのですが・・・。今回電話をくれた知人はタイの雑貨を輸入し販売している方でバンコクのホテルのロビーで知り合い、ウィークエンドマーケットを1日案内してあげたのが縁で親しく付き合うようになりました。そんな彼が、バンコクでの買いつけも終わり市場周辺をプラプラ歩いていると知り合いのベタブリーダに会いました。ブリーダーは彼が翌日帰国する事を知ると、私からオーダーされていたメス個体を彼に押し付ける事にしたって訳です。

 無理やりそんなことを頼むブリーダーもブリーダーなら、それを快諾して持ち帰る知人も凄いって言うか律儀って言うか・・・。そんな訳で、メス個体が一部だけですが想定外入荷したと言う訳です。おかげで、成田から何処も寄らないで知人宅に出向きメス個体を受け取ってきました。ただ、数量が少ないので単独で販売するほどではないため今回は同系のオスに無料プレゼントとして添付しちゃう事にしました(笑)。でも、冒頭の画像のトリカラー・マーブルを始めとしてなかなかの逸品ぞろいです。

逸品堂バナー
スポンサーサイト



[ 2008/01/25 00:00 ] 逸品堂通信 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する