FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 逸品堂通信 > 号外!?逸品堂通信vol.092 顧客の嗜好が読めん!(笑)

号外!?逸品堂通信vol.092 顧客の嗜好が読めん!(笑)

 今年初の逸品堂通信です。昨年は、沢山のお客様から特別の御厚情を賜りました。ひたすら感謝、感謝です。しかし、ここに来て店主の私に迷いが生じております(笑)。それは、お客様の嗜好がよく読めないっ・・・と言う事です。最近のありがちのパターンとして、私が自信満々で仕入れてきた系統はさっぱり人気がなくて、何気に仕入れてきた魚に注文が殺到したりしてます。まぁ、予想外の個体が売れる事で、ありがたい事にちゃんと帳尻は合うんですけどね~(苦笑)。なんか、スッキリしません。・・・って事で、反省を兼ねて2007年度店主の予想を良い意味でも悪い意味でも裏切ってくれた魚達をいくつか紹介していきたいと思います。

 トップバッターはコレっ!えーと、品種名はチョット長いのですが(笑)プラチナカッパー&イエロー・マルチです。今までもカッパー&イエロー・マルチというのは存在していましたが、地色のカッパーが渋系だけに全体的にシックな感じの系統でした。まぁ、個人的には好きな品種だったので結構逸品堂には入荷してます。ただ、売れ行きはポツポツって感じ。しかし、2007年最後の出張でこの品種に出会いました。そういう意味では、バリバリのバンコク最新品種です!

 バンコクのとあるショップでこの魚見た時は「コレだぁ~♪」って思いましたね。だって、現存するすべての系統の中でもっとも正しい意味での黄金色に近い品種でしたから。この魚を販売していたショップの親父も、「風水学的に金運を招くカラー」として華僑の人たちに売れる事確信してますから価格も吹っかけてきます。それを、「この系統の魚全部買うからっ!」と久しぶりの札束で横っ面をはたく作戦(笑)でゲットしたのに!したのにぃ~!!

 ・・・結果は完敗です(涙)。うーん、読めんっ!お客様の嗜好が読めん~っ!と言うことで、年初から逸品堂では会員制を導入しました。もちろん会員にならなくったって魚は購入できるし、会員になったとしても大した特典はないんですけどね(苦笑)。ただ、会員になると、バンコク仕入れの際に事前にお知らせいただいた御希望に近い個体を探してきましょうって言う特典がもれなく付いてきます。つまり、日本にいながらにしてお好みの品種をバンコクで捜せるって訳ですな。仕入れる側にしてみると物凄く手間がかかるんですけど、こうする事で少しでもお客様のニーズを的確につかめるかなぁ?って思ったものですから。それにしても、なんでこの品種は不人気なんでしょう?ホワァ~イ??

逸品堂バナー
スポンサーサイト



[ 2008/01/05 00:00 ] 逸品堂通信 | TB(0) | CM(6)
なるほど!それは良い考えですね♪
自分で買いに行きたいと思っても、なかなか行けませんもん。
マニアな方なら、きっと注文もしっかりされるでしょう。

風水カラーですね。日本人は繊細なカラーを好みますから・・・微妙だったのでは?
キレイなんですけどね~。
私はブルー、パープル、ピンク系+白が好きです。
[ 2008/01/05 22:17 ] [ 編集 ]
個人的にはNov 26, 2007に出てくるような個体が好み(買えないけど・・・)。
逆にいかにも人工的っていうカラーは好まれないかも・・・。
(少なくともワイルドベタ好きには)
[ 2008/01/06 08:47 ] [ 編集 ]
このような個体は、実際に目にするのと、写真とは、随分と違うのでしょうね。ペアーであればな~!
[ 2008/01/06 18:43 ] [ 編集 ]
>なるほど!それは良い考えですね♪
>自分で買いに行きたいと思っても、なかなか行けませんもん。
>マニアな方なら、きっと注文もしっかりされるでしょう。

>風水カラーですね。日本人は繊細なカラーを好みますから・・・微妙だったのでは?
>キレイなんですけどね~。
>私はブルー、パープル、ピンク系+白が好きです。
-----

さっそく大勢の方に御登録いただきましたぁ~♪でもって、皆さんの御希望をお伺いしてみると・・・やっぱり私の感覚は世の中とずれてますね(苦笑)
[ 2008/01/07 12:46 ] [ 編集 ]
>個人的にはNov 26, 2007に出てくるような個体が好み(買えないけど・・・)。
>逆にいかにも人工的っていうカラーは好まれないかも・・・。
>(少なくともワイルドベタ好きには)
-----

 たしかにワイルドベタマニアの方には受けが悪いでしょうね(苦笑)。私もどちらかと言えばワイルド派ですが、なぜか改良品種の極みとも言うべきマーブル系だけは好きだったりします。
[ 2008/01/07 12:48 ] [ 編集 ]
>このような個体は、実際に目にするのと、写真とは、随分と違うのでしょうね。ペアーであればな~!
-----

 そうなんですよね~。この手の色彩やホワイト系は写真に収めるのが難しくて。たぶん色補正とかちゃんとやらないと本来の色調を再現できないんでしょう。
[ 2008/01/07 12:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する