FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 逸品堂通信 > 号外!?逸品堂通信vo.088 バンコク最新レポート01

号外!?逸品堂通信vo.088 バンコク最新レポート01

 今年最後のバンコクでのベタの仕入れでしたけど、相変わらず見た事もないような品種がいっぱい出てました。いつもの事ながら、バンコクブリーダー達の新品種作出に対する飽くなき追求心に感心すると同時に、一つの品種をトコトン追求するという忍耐力の欠如に呆れたりもしました(笑)。そんな、バンコクブリーダー達の自慢の?新作を皆さんにいくつかご紹介しましょう。

 トップバッターはコレっ!最近日本でもチラホラ見かける漆黒の地にブルーが入るブラック・オーキッドって言う品種とはチョット違います。なんていうか、全体的にグリーンが入っている感じがします。1件のショーベタ専門店に入り、大量に並んだガラス瓶の中から目敏く見つけ出しました(笑)。この店のオーナーは販売専門で自分でベタを生産している訳ではないので、このオッチャンに由来を聞いても無駄ってもんです。しかも、このオヤジときたら、何か質問されると、絶対に「知らない」とか「判らない」って言いませんから困ったものです。つまり、人に道を聞かれて自分が知らない場所なのに「あぁ、そこならこの先の交差点を右に曲がって・・・」とやるタイプの人間です(っているのか?そんな奴)。

 ・・・でも、ちゃんと知ってるんですよね~。このオヤジが仕入れをしているブリーダー達の居場所!。その辺は結構抜け目ないですから、ハイッ!!このオヤジ専属?のブリーダー達は皆小規模ブリーダーで自分でショップを開く事が出来ません。したがって、オヤジのような販売専門の人間に小売部門を託しているって訳です。

 そうとわかればすぐ電話ッ!って行きたいとこですが残念ながら彼らはタイ語オンリーです。そして私は、タイ語はカタコトしかしゃべれません(苦笑)。・・・そんな時は奥の手をっ!最近あまり会っていない、タイ人の友人にいきなり電話を掛けました。
「ハイ、××です」
「サワディーカッ(こんにちは)、さかなおやじスピーキング」
「おおっ、久しぶりだな!一体どうした?」
「いや、久しぶりにバンコク来たから(うそつきっ!)お前に連絡した訳さ」
「おおっ、そうか~っ!今何処だ?うん?今日は土曜だからサンデーマーケットだな」
さすが、長年の友人です。私が説明する前に居場所を割り出しました(笑)

 そして、その夜バンコク市内のイサーン料理屋(タイの地方料理)で彼と待ち合わせ。そして席につくや否や、訳のわからない文字(ゴメンなさいタイ語です)と数字がのたっくったように書いてあるメモ帳を彼の目の前に突き出します。
「ハイっ、ここに電話してくれ」
「はぁ?ナニこれ」
「いいから電話してくれ。ベタのブリーダーなんだけど、チョット聞きたいことがあってさ」
「まったく・・・お前この用件のためにオレを呼び出した訳?」
「当然っ!早く電話して」

 彼が電話した先は、嘘つき親父が仕入れているブリーダーの一人で以前あった際に住所と電話番号を彼にメモ帳に書いてもらってありました。今日紹介したベタの特徴を友人に説明し、その由来を尋ねると、どうもこの魚は彼が作ったのではなく別のファームだとの事。もちろん、彼に頼んでこの魚の作出者に色々と尋ねてもらいました・・・・あっ、当然の事ですが、友人がこの辺り全部やってます(笑)

 その結果、この妙に気になる魚はマスタードガスとソリッド・ブラックと言う、我々では想像もつかない様な組合せで作り出したそうです。だから、名称はブラック・マスタードガスってとこでしょうか。いやぁ~、この後先何も考えないで交配しちゃうタイ人の気質って本当に大好きです(笑)。物事をあまり深く考えられない私にピッタリって言うか・・・。

 それにしても、私の嗜好方向にバッチリなんですよね~この個体。作出者のファームにはまだ複数個体キープしているそうなので、次回の訪タイの際には是非とも立ち寄ってみたいものです。もっとも、来月この系統が維持されている保証なんてどこにもないんですけどね(苦笑)。それと、個人的な見解ですがこの系統の片親はソリッド・ブラックではなくてブラック・オーキッドの方だと思うんだけどな~。何しろ、自分でタイ語が話せないため友人が「黒い奴」って言うのを聞いて判断するしかないものですから(笑)。詳しい情報は、来月の訪タイまでお預けって事で・・・

逸品堂バナー
スポンサーサイト



[ 2007/12/21 00:00 ] 逸品堂通信 | TB(0) | CM(2)
またとんでもない組合わせで交配させていますね!

これだけ頻繁にタイに行っているなら
もうタイ語をマスターした方がいいのでは?
[ 2007/12/21 19:55 ] [ 編集 ]
>またとんでもない組合わせで交配させていますね!

>これだけ頻繁にタイに行っているなら
>もうタイ語をマスターした方がいいのでは?
-----

さすがに日常会話は出来ますよ(笑)。屋台で食事の際に味付けなどを細かく注文するくらいはなんとか・・・。でも、ベタの色彩がどうとか遺伝がどうとか言う話になると、本業で使っている英語の方だってちゃんとできるかかなり怪しいもんです。
[ 2007/12/22 13:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する