FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 逸品堂通信 > 号外!?逸品堂通信vol.062 あんた誰??

号外!?逸品堂通信vol.062 あんた誰??

 本来の「さかなおやじのひとりごと」同様、逸品堂通信もずいぶんと間が開いてしまいました。今日のトップの画像ですが、これが一体なんていうベタかお判りでしょうか?特にワイルドベタをやっている人だとプラカット、つまりスプレンデンス種の改良品種って思わないんじゃないでしょうか。その理由は尾鰭の形!

 本来のプラカットの尾鰭は綺麗な扇形です。最近ではショーベタとの交配で尾鰭がほぼ半円状に開くハーフムーン・プラカットが主流になってますが、所詮プラカットもショーベタも元は同じスプレンデンスと言う原種の改良品種なので別に育種学的にはまったく問題ありません。でも、このスペード型の尾鰭はなぁ~。

 こりゃどう考えても、スプレンデンス種以外の原種ベタと交雑させているとしか思えません。ベタと言うとスプレンデンス種の改良品種がポピュラーなので泡巣を作ると言うイメージが強いのですが、実際には泡巣を作る種類よりも口内保育するマウスブルーダーの種類数の方が圧倒的に多いのです。つまり、今日の個体がスプレンデンス種以外との交雑だとしてもその相手として考えられる種類はさほど多くはないということです。

 普通に考えれば、同じタイに棲息するインベリス種・スマラグディナ種そしてまだ学名が付いていないSP.マハチャイあたりが一番怪しいということになるでしょう。特に、マハチャイと言う未記載種は尾鰭がスペード型ですからこれはもうドンピシャッ!・・・と今までは思ってました。でも、知り合いのブリーダーの所でマハチャイとの交雑で作った個体を見せてもらいましたけど、なんか違うんですよね~。ちなみに下の画像がスプレンデンス種×SP.マハチャイです。
ベタ交雑種?02

 この交雑の結果生まれてくる子供達に共通するのは、ボディにグリーンのスポットが並ぶ事。そして、細身のボディだそうです。今回の個体も確かにグリーンのスポットがボディに並んでいるし、細身なんですけど・・・。なにが引っかかってるかと言うと、ボディがやたらとでかいんですよね~。それと、スペードテールもあまりにも顕著過ぎる気がして。

 可能性として一番妥当なのが、この個体はジャイアント・プラカットとマハチャイの交雑でできたと言う線でしょうね。でも、個人的に面白いと思うのはベタ・ベリカって言うかなりマイナーで体長が10cm前後にもなる原種ベタが片親って言う考えなんですね~(笑)。もちろん、ベリカの尾鰭は見事なスペードテールですし、ボディは黒地にメタリックグリーンのスポットです。ただ、このベリカと言うベタとプラカット(スプレンデンス種)は、分類学的にはあまり近い種類ではないので普通に考えると交雑結構難しいはずなんですけどね。

 何事も、思い切りひねくれて裏を読みまくるのが結構趣味になっているもんで、この通常ではあり得ない組み合わせっていう可能性に大きく惹かれちゃいます。まぁ、趣味の世界ですしこの個体の由来もDNAでも調べない限りはっきりしない訳ですから、何言っても絶対に間違いって言われる心配がないからお気楽モードで発言してますけど(笑)。

逸品堂
スポンサーサイト



[ 2007/06/08 00:00 ] 逸品堂通信 | TB(0) | CM(4)
なるほど!ジャイアントPK→ベリカなるほどね!!
そのうちに、プラガットライアーテールなんて??
あまり魅力的ではないかも?
[ 2007/06/09 00:25 ] [ 編集 ]
ベリカ、どんなやつか調べました。(本パラパラめくっただけですが)なるほど感じが似てますね、ベタって改良進んでいるわりにはグッピーなんかと違い遺伝とかおおっぴらじゃないですよね。みんな秘密主義なのかただ複雑すぎてわからないのか素人の私には解りませんがコレとコレかけたらこんなふうになってほしいなぁと考えるのは楽しいですよね。
[ 2007/06/09 18:58 ] [ 編集 ]
>なるほど!ジャイアントPK→ベリカなるほどね!!
>そのうちに、プラガットライアーテールなんて??
>あまり魅力的ではないかも?
-----

あんまり根拠ないんですけどね(笑)。生物学者の先生方が聞いたら眼を剥いちゃうかも。でも、ちょっと自分で試してみたくなってるんですよね~。あ~あ、もう少しプライベートの時間が取れればなぁ。
[ 2007/06/12 14:06 ] [ 編集 ]
>ベリカ、どんなやつか調べました。(本パラパラめくっただけですが)なるほど感じが似てますね、ベタって改良進んでいるわりにはグッピーなんかと違い遺伝とかおおっぴらじゃないですよね。みんな秘密主義なのかただ複雑すぎてわからないのか素人の私には解りませんがコレとコレかけたらこんなふうになってほしいなぁと考えるのは楽しいですよね。
-----

 ベタの遺伝に関しては複雑さもさることながら、遺伝形態を追求するには大量のベタをキープする必要があり、しかもオスは個別飼育って言う所に最大の問題があるんでしょうね。グッピーなら、かなり大型の温室キープしている人でも100本も小型水槽持っていればいいでしょうけど、ベタだと小型のガラス瓶が1000個とか?(笑)。趣味レベルで手を出せるもんではないと思われます。
[ 2007/06/12 14:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する