FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 逸品堂通信 > 号外!?逸品堂通信vol.058 マーブル系品種16

号外!?逸品堂通信vol.058 マーブル系品種16

 前日の個体も凄かったですが、今日紹介する個体も驚愕!!としか表現できないような絶品です。何が凄いって、イエローのマーブル模様が存在するって言う事実を我が国のベタフリーク(・・・っているのか?)はおそらく知らなかった事は確実と言うくらいのレベルで凄いんです(苦笑)。ベースになっているのはブルー&ホワイト・マーブルでそこにうっすらとブラックも散在していますね~。そして、ヒレや頭部にはくっきりとイエロー・マーブルの存在がっ!まったく、ここまで来るとどうやって作るのだろうって言う所まで頭が回らず、ただただ恐れ入るばかりです。

 実はこのブリーダーは、私が前から目を付けていた一人なんですが変に出し惜しみして(笑)自分の作出した個体を放出しようとしません。元々はバンコクでは結構有名なコンテストブリーダーらしく、彼のファームにはずらりとトロフィーが並んでます。そんな趣味が高じてビジネスになったようなオタッキーな男ですから、個体のレベルが高ければ高いほど手放したくなるみたいです。

 この個体も延々と交渉を重ねて、一応販売が決まったかと思うと「いや、やっぱり悪いんだけど売れないっ」とか「もっといい個体が他にあるから、コレはよしたほうがいい」とか盛んに粘ります。いざパッキングしてからも、名残惜しいんでしょう(笑)妙に粘りつくような眼でこの魚の入ったビニール袋をチラチラ盗み見てました。まぁ、この個体なら私でも同じような反応するかも・・・。実際、逸品堂で出荷する時も結構名残惜しかったりしましたから(笑)。

 以前から言っているように、やはり事新品種の作出と言う点に関してはまだまだ日本のベタホビー界はバンコクの足元にも及ばないみたいですね~。私が逸品堂を渋々でも(笑)継続しているのは、一部の日本人にある「バンコクのベタ=安かろう、悪かろう」と言う完全に誤まった差別意識をなくす手助けになればと言う気持ちがかなりのウエイト占めてます。基本的には国粋主義的な思想傾向が強い男ですが、実際面で日本のベタホビーが世界レベルにまで到達するには、現状を偏見を持たず把握する事が第一歩だと信じてます。

 日本の改良ベタは世界レベルって信じている人は一度バンコク(シンガポールでもOK)のベタコンテストに足を運んでみるべきでしょう。コンテスト会場を後にしてからも「日本のベタの方が上っ!」って言える人は、別の意味で尊敬しちゃいます(笑)。輸送面や仕入れ価格の問題で国内に輸入されてこない、本物のタイ産ハーフムーンをぜひ見てもらいたいなぁ~。何度か逸品堂でも輸入にトライしたんですが、完品の個体になればなるほど運搬中にヒレがボロボロになっちゃうんですよね~(涙)。現地での仕入れ価格が、笑えない金額だけに怖くて仕入れる気になりません。それに、そもそもコンテストに出品する多くのタイ人はアマチュアで純粋にベタ楽しんでますから、個人的に親しくなって譲り受けない限り一般的な流通ルートで日本に入ってくる事はないんですけどね。

 ・・・ところで、今日紹介した個体を作出したオタッキーブリーダー(笑)は、もっと凄い隠し玉持ってるんですよぉ~♪それはブラック&イエロー(ゴールデン)・マーブル!コレは彼の所に行くたびに粘り強く交渉してるんですが、絶対に手放そうとしません。もっとも、この系統持っているからこそ彼もバンコクのベタコンテストでトップレベルに君臨できてるんですけどね。いつかは必ずゲットして見せますから、楽しみにしててくださいねっ!!
逸品堂
スポンサーサイト



[ 2007/03/19 00:00 ] 逸品堂通信 | TB(0) | CM(8)
いかん ここ読んでるとベタを始めたくなる^^;
始めても出さないだろうな~ てか時間が足んないので始められません!^^;
[ 2007/03/19 21:38 ] [ 編集 ]
こんばんは。
来週バンコクに初めて旅行に行く者です。
私もベタが好きで、ぜひ本場のベタを手に入れたいと思っているのですが、旅行の日程が平日だけなのです。是非ウィークエンドマーケットを見て回りたかったのですが非常に残念です。平日でもベタを購入するには、どこへ行けばいいでしょうか?
お心当たりがあればご指導ください。
よろしくお願いします。
[ 2007/03/20 00:03 ] [ 編集 ]
個人的な認識ですが私には、バンコクのベタ=本場ってイメージがあります。
生き物ですし、やっぱりバンコクでベタの繁殖・育成が盛んなのは~その土地でこその気候や水質がベタに最適だからなんじゃないか、と思います。
バンコクに追い付くならば…
常時30℃以上を維持できるビニールハウス!でしょうか(笑
専用のビニールハウスで池…いーなぁ♪
[ 2007/03/20 10:22 ] [ 編集 ]
なんとも言葉が見つかりません。
私も目標は、ズバリこのような個体です。
密かに、めざしていたのに、ばれちゃいました。
このような個体が作れるものかと半信半疑でしたが、実際に存在するのですね。恐るべしバンコクブリーダー!!
私が手に出来るのは、いつになるのやら・・・。
[ 2007/03/20 20:37 ] [ 編集 ]
>いかん ここ読んでるとベタを始めたくなる^^;
>始めても出さないだろうな~ てか時間が足んないので始められません!^^;
-----

 **taka**さんもあきらめてこっちの世界に来ちゃえばいいのに(笑)。でも、確かに時間があまり取れないときにベタの繁殖とか手がけて色彩追っちゃうと非常に辛いと思われます。

[ 2007/03/22 21:56 ] [ 編集 ]
>こんばんは。
>来週バンコクに初めて旅行に行く者です。
>私もベタが好きで、ぜひ本場のベタを手に入れたいと思っているのですが、旅行の日程が平日だけなのです。是非ウィークエンドマーケットを見て回りたかったのですが非常に残念です。平日でもベタを購入するには、どこへ行けばいいでしょうか?
>お心当たりがあればご指導ください。
>よろしくお願いします。
-----

 おおっ、それはいいですね~♪大丈夫です!ウィークエンドマーケットって言う名前になってますが、ペット売り場に関しては平日も半分くらいの店は開いてますよ。結局、生き物だから店閉めて中に生き物おきっぱなしって言う訳いかないんでしょうね。
[ 2007/03/22 21:58 ] [ 編集 ]
>個人的な認識ですが私には、バンコクのベタ=本場ってイメージがあります。
>生き物ですし、やっぱりバンコクでベタの繁殖・育成が盛んなのは~その土地でこその気候や水質がベタに最適だからなんじゃないか、と思います。
>バンコクに追い付くならば…
>常時30℃以上を維持できるビニールハウス!でしょうか(笑
>専用のビニールハウスで池…いーなぁ♪
-----

 確かに技術面では日本だって負けてないと思います。絶対に叶わないのはその生産量ですね~。1万匹生産して中から良さそうなの10匹選ぶのと、100匹生産して10匹選ぶんじゃはなから勝負ついちゃってますから。
[ 2007/03/22 21:59 ] [ 編集 ]
>なんとも言葉が見つかりません。
>私も目標は、ズバリこのような個体です。
>密かに、めざしていたのに、ばれちゃいました。
>このような個体が作れるものかと半信半疑でしたが、実際に存在するのですね。恐るべしバンコクブリーダー!!
>私が手に出来るのは、いつになるのやら・・・。
-----

 本当に、想像できるすべてのカラーパターンがバンコクにはすでに存在する気さえしますね~。でも、わが日本だってコツコツ地道にやってればいつかはきっとバンコクを凌ぐような素晴しい個体が出来るはず!・・・って期待してます(笑)
[ 2007/03/22 22:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する