FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 逸品堂通信 > 号外!?逸品堂通信vol.036 マーブル系品種03

号外!?逸品堂通信vol.036 マーブル系品種03

 さて、ブルー&ホワイト・マーブルについて1日目はマーブル模様の多少、2日目はブルーの色調で分類してみましたが、まだまだ先がありますゾ(笑)。今日は、色の濃淡で分けてみましょう。冒頭の個体はロイヤルブルー&ホワイトの典型的なマーブルです。ロイヤルブルーとクリームホワイトの境目がくっきりとしているのが特徴です。このくっきりとした色使いがマーブル好きにはたまらないのですが、逆に何だかすごく人工的な感じがして嫌だなぁ~って感じる人も確実に存在するみたいです。

 ところで、話が少々脇にそれますがどうもバンコクでものすごく沢山のブルー&ホワイト・マーブルを見ていて一つ気が付いた事があります。それは、なぜか体の前半部分はクリームホワイトに染まりやすく、逆に後半部分はブルーに染まるものが非常に多いと言う事。確かに、中には全身にバランス良くブルーのマーブル模様が散りばめられた個体もありますが、過半数は冒頭の個体のように、前半がホワイトで後半がブルーです。これが一体何故なのか今の所その件に関して述べた文献も見た事がありませんし定かではありません。ただ、ソリッド・ブルーの頭部も青く染まらないでブラックフェイスの個体がほとんどである事から推測すると、ベタの頭部にはブルーの色調は乗りにくいのかもしれませんね~。

PL ブルー&ホワイト マーブル007

 それでもって2番目の画像は、おなじロイヤルブルー&ホワイトの個体ながら色の境界線で両方の色が混ざり合っていて境界線が明瞭ではないタイプです。同じブルー&ホワイトでもずいぶん印象が異なるものでしょ?私は、この個体からはなんとなく日本的な雰囲気を感じちゃいます。従来のマーブルにはあまり心を惹かれなかった方は案外こちらのタイプならOKかもしれませんね。

 さて、3日にわたってブルー&ホワイト・マーブルを見てきましたが模様の多少・ブルーの色調・色の明瞭と3つのファクターだけを考えてみても、組み合わせは8通り存在する訳ですから実際には本当に無限大の組み合わせが存在すると言っても過言ではありません。それだけに、マーブルは自家繁殖を楽しむアクアリストにとっては奥が深くどこまで言っても終着駅がないカテゴリーなんですよね~♪ソリッド・ブルー辺りは2~3回繁殖を繰り返すと生まれてくる子供たちはほとんど金太郎飴状態になっちゃいますから、飽きが来て飼育を止めちゃう人も多いようです。そんな方には、是非ともこの怪しく危険なマーブル系ワールドにお越しいただきたいものです(笑)。

逸品堂
スポンサーサイト



[ 2007/02/12 00:00 ] 逸品堂通信 | TB(0) | CM(6)
日常でも結構原色系が好きなはず!?だったにも関わらず、2枚目のグラデーションチックなマーブルに惹かれてしまう一般事務です。
そのうちマーブルの中に、頭と尾を比べたら確実に色が違うけど境界がどこか分からない様なカラーが出てきそうですね。そんなのもイイな~と思ってしまいます。
[ 2007/02/12 14:23 ] [ 編集 ]
カラー、パターンだけでも無限なのに、この境界が明瞭でないパターンまで手を出してしまうと、ほんと、怪しく危険なマーブル系ワールドですな!
自分のめざす、カラー、パターンの考えを決めてしまわねば、とんでもない事になりますね。
[ 2007/02/12 22:23 ] [ 編集 ]
ソリッドブルーからガスやマーブルに興味が移ったのは、まさにmachimaさんがおっしゃるようにいろんなカラーが生まれるから!楽しいですね~

マーブルになりやすいのは体色がもやっとしてるやつなんですね。・・・もやっと・・・家にはいないかも~(TωT)ウルウルでも!信じて待ち続けます!
[ 2007/02/12 23:28 ] [ 編集 ]
>日常でも結構原色系が好きなはず!?だったにも関わらず、2枚目のグラデーションチックなマーブルに惹かれてしまう一般事務です。
>そのうちマーブルの中に、頭と尾を比べたら確実に色が違うけど境界がどこか分からない様なカラーが出てきそうですね。そんなのもイイな~と思ってしまいます。
-----

 ボディの頭から尾に向かって明確な境目のないままグラデーションかかっているって言うのいいですね~♪もう少し時間に余裕があったら自分で作出にチャレンジしてみたいものです。
[ 2007/02/14 22:11 ] [ 編集 ]
>カラー、パターンだけでも無限なのに、この境界が明瞭でないパターンまで手を出してしまうと、ほんと、怪しく危険なマーブル系ワールドですな!
>自分のめざす、カラー、パターンの考えを決めてしまわねば、とんでもない事になりますね。
-----

 尾鰭の形状などに気を使わなくて済むプラカットでは、マーブル系の追求が究極の楽しみになるんじゃないでしょうか?いつまでやっても終わりなさそうですから。
[ 2007/02/14 22:12 ] [ 編集 ]
>ソリッドブルーからガスやマーブルに興味が移ったのは、まさにmachimaさんがおっしゃるようにいろんなカラーが生まれるから!楽しいですね~

>マーブルになりやすいのは体色がもやっとしてるやつなんですね。・・・もやっと・・・家にはいないかも~(TωT)ウルウルでも!信じて待ち続けます!
-----

 そうなんですよね~。ソリッド系は如何にして興味を持続させるかが一番大きな課題になっちゃいますからね~。
[ 2007/02/14 22:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する