FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 逸品堂通信 > 号外!?逸品堂通信vol.041 バンコク最新ベタ事情その5

号外!?逸品堂通信vol.041 バンコク最新ベタ事情その5

 さて、今日紹介するのはプラカットの最新品種の一つです。明らかにドラゴン系の血が混ざっているなかなかに妖艶な品種でしょ?この個体は、ウィークエンド・マーケット内にあるブリーダー直営のベタ専門店で見つけました。今回の仕入れ旅行で、いつものようにその店に入って店のお姉ちゃんと挨拶しながら展示してある個体を素早くチェック!(笑)。常時200尾くらいを小さなガラス容器に入れて展示してあるこの店で一番早くに目に付いた個体がコレっ!

 何だか、今までにあまり見た事のない色合いだったのでピンっ!と来た訳です。そうしたら、店の人間が笑いながらこうのたまいました。
さすがぁ~!いち早くこの個体に目を付けるなんて」
「そりゃ、今までに見た事がないカラーリングだからねぇ~」
「それってマハチャイのハイブリッドなんだよ」
「はぁ?マハチャイのハイブリッドぉ~??」
「そう、マハチャイとレッド・ドラゴン交雑したF1個体だよ」
「・・・。でも、スプレンデンス(改良ベタの種名)とマハチャイって一応別種なんじゃないの?だとすると、ハイブリッドって不稔(繁殖応力がない)じゃないの?」
「全然問題ないよ!うちの兄ちゃん(店主の兄=ブリーダー)はよくマハチャイとかインベリスとかと交雑して新品種作ってるよ」
「・・・


 要するに、今日紹介した個体はショーベタやプラカットの元であるスプレンデンスというベタとマハチャイと呼ばれている一応別種だと思われるベタの交雑種な訳です。以前も、このブログで書いた事があるのですが、元々スプレンデンス種の尾鰭はラウンドテールなのに最近のプラカットにはスペードテールの個体が多く見られるのは、他の種類との交雑によるものの可能性があるとは思ってました。しかし、日常的に交雑が行われていたとは・・・(苦笑)
ベタ・マハチャイ 01

 それでもってすぐ上の画像の個体が、噂の(笑)ベタsp.マハチャイです。sp.が付いているように、未だ学名とか付いていないのですが明らかに改良ベタの大元であるスプレレンデンス種の原種とは全然違う外見をしています。どちらかと言うと、ベタ・スマラグディナに近縁なのでしょう。細身の体と、美しく妖艶なブルー系のボディ、そして何より尾鰭がスペードテールになるのが特徴です。sp.マハチャイ自体はバンコクの郊外にあるマハチャイと言う街の周辺で採取する事が出来ます。バンコク中心地から50km弱しか離れていませんし、近くには観光名所にもなっているローズガーデンもあるので、バンコクに行かれたついでに暇な方は、ご自身で採集を楽しむ事も出来ます。

 まぁ、改良ベタの原種であるスプレンデンス種とその近縁種であるインベリス種・スマラグディナ種の間では簡単に交雑が行われ、子孫も継続可能である事は以前から判ってましたからそれ程衝撃的なわけではないんですけどね。でも、交雑した次世代以降に繁殖障害(生殖的隔離機構)が働かないって事は、生物学的には同種なんじゃ?せいぜい亜種レベルの違いなんじゃないでしょうかね~??

 それにしても、マハチャイの原種とか改めて撮影のためにじっくり観察してみると、実は改良品種よりも綺麗なんじゃないか?と言う非常に危険な思想に行き着いちゃいますね~(笑)。バンコクの水田とか水溜りには、この手の極彩色のベタたちがピロピロ泳いでいるんですからたまりません。

逸品堂
スポンサーサイト



[ 2007/02/01 00:00 ] 逸品堂通信 | TB(0) | CM(3)
たしかに、どんな生き物でも原種特有の美しさというの、ありますよね。
長い時間をかけて淘汰されているからかなあ。

そもそも人為改良種ってキッチュな概観ばかりですものね。
[ 2007/02/01 23:09 ] [ 編集 ]
>たしかに、どんな生き物でも原種特有の美しさというの、ありますよね。
>長い時間をかけて淘汰されているからかなあ。

>そもそも人為改良種ってキッチュな概観ばかりですものね。
-----

アクアリストも原種好きと改良品種好きにはっきり分かれますからね~。
[ 2007/02/07 09:27 ] [ 編集 ]
恐ろしく以前の記事へのコメントで失礼致します。
2年前ベタを飼い始めて以来、アクアにハマった
まだまだ初心者のものです。
以前から時々こっそり覗かせていただいておりました。
これまでにベタを飼育したのは3匹で
1匹目は、出会いとなったトラベタ。
本当に本当にかわいがっていました。
2匹目は、父にプレゼントしたクラウンテールが気に入って
今度は自分も飼ったクラウンでした。
そして3匹目が、数日前にやってきたマハチャイです。
混泳させたくてヒレの短い子を探していて、たまたま出会いました。

でもワイルドを飼育したことがなく、またベタが大好きなのに
いつもヒレをダメにしてしまったり、病気にさせたりで
ベタ飼育にすごく自信がないもんで、今でもドキドキしています。

と、前置きが長くなりましたが・・・
マハチャイって、写真に写っているように美しいのはオスだけですか?
確か幼魚のときは体色が薄茶で、段々濃くなりますよね?
恐らくですが、今うちにいるのはまだ3~4ヶ月の幼魚だと思うんですが
なんか段々、もしかしてメスなんじゃ・・・と思うようになってきました。

混泳水槽での主役として迎え入れたマハチャイなので
もちろんメスでも大事には育てますが
ワイルドなのに美しい色を持つマハチャイの成長を楽しみにしているので
メスでも美しくなるのかちょっと知りたくなりコメントさせていただきました。

最後になりますが、いつも美しいベタの写真をありがとうございます♪
[ 2011/11/01 15:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する