FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 水棲生物 > 淡水ブラインの飼い方

淡水ブラインの飼い方

 さて、昨日は出先からの更新だったのでそっけなく当選者の発表だけで終わってしまいましたが、やっぱりこう言うイベントは盛り上がるから楽しいですよね~♪コレで、もう少し暇で趣味に時間が割ければもっともっと面白い企画色々やっちゃうのになぁ~(苦笑)。ビジネスの方はおかげさまで着々と前進していて、下手をすると来週またイギリス行きかもしれません・・・。ッてことは、下手をするとクリスマスイブはロンドン?いやいやもしかしてバンコクぅ~??なんて事でしょう!別にクリスチャンじゃないですが(笑)、クリスマスくらいは我が家で家族と過ごしたいものです。・・・ところが、家族にその話を披露すると
家内まったく問題なしっ
娘はクリスマスプレゼント前倒ししてねっ
ただ唯一の救いは息子(小3)のパパがいないと淋しいなぁ~
まったく、中年オヤジの安息の場なんて家庭に求める方が間違いなんでしょう(苦笑)。

 ところで、今回のプレゼントの商品である淡水ブラインシュリンプですがイギリスのメーカーとの商談ではフェアリー・シュリンプと言っていますので紛らわしくていけません。そこで今後は名称をフェアリー・シュリンプに統一するとして、今回当選された873mさんとおぎのさんですさんが休眠卵を孵化させるあたりに下手をすると日本脱出してますから(涙)、この場をお借りして簡単な飼い方について説明しておきましょう。

 ・・・とか言ったって、大して注意すべき点も少なくすごく簡単です。飼育水は水道水でOK!我が家で確かめた範囲では塩素中和も必要無いみたいです。ただ、水槽の水を使うとたまにまったく孵化しない事がありました。おそらくは、フェアリー・シュリンプにとって有害な魚病薬か住金属イオンが水槽内に残留していたのかも?いずれにしても、水は水道水を使った方が無難です。近所の川や池から水を汲んでくるのも止めた方がいいかも。・・・と言うのは、そこにもともと棲んでいた?他の水棲微生物がウジャウジャ湧いて来る可能性がありますからね(笑)。それが、ミズミミズやヒドラなどの本当に招かざる客であったら論外ですが、ミジンコあたりでも餌についてフェアリー・シュリンプと競合しちゃう可能性ありますから。

 水温は、今の所15℃位までは大丈夫のようです。ただ、今の時期屋外や室内であってもあまり寒い所はボツでしょう。出来れば25℃前後まで水温を上げてやると調子もよく成長も早いようです。餌は、休眠卵と混合されている乾燥緑藻だけで大丈夫だと思いますが大量に成体を得たい場合などはそれだけでは餌不足ですから、クロレラあたりを与えましょう。乱暴に言っちゃえば基本的にはミジンコとほぼ同じ習性ですから、ドライイーストあたりでも十分飼育できるはずです。

 水温が25℃前後であれば、ほぼ1昼夜で休眠卵から稚エビ(ノープリウス幼生)が孵化してきます。サイズはブラインのそれよりもかなり小さいので、馴れないと初めの内は見つけにくいかも。幼生は成長を続け3日前後で親と同じようなブラインシュリンプ型になります。この後、順調に行けば2週間前後で冒頭の画像のような姿形になる筈です。そして、ブラインなどよりもやや長生きするようでその後1ヶ月以上平然と生育を続けている個体もいます。やはり、初夏の水田に現れて生後1ヶ月足らずで死んでいく自然環境とは違い、かなり恵まれてるんでしょうね水槽内は。

 成熟したフェアリー・シュリンプはまもなく繁殖を始めます。このあたりの仕組みはブラインとほぼ同様で、メスは卵が沢山入った卵嚢をお腹にぶら下げてイナバウワー泳法で泳ぎ回ります。ちなみに、オスメスの区別は頭の形状を見るのが一番早いでしょう。さいずち頭でシュモクザメ状態なのがオスで、比較的まともなのがメス。ちなみに、冒頭の個体はメスです。

 卵は非常に微細で肉眼では識別しにくいサイズです。・・・ってそれは私が老眼だから?(苦笑)。卵はそのまま水槽内に放置しても原則として孵化しません。と言うのも、彼らのライフサイクルの中には、一度周囲の水が無くなり乾燥状態になるって言うのが重要なポイントになってますから、飼育下でもそれを再現してやる必要があります。と言っても、別に難しい事ではなく飼育容器の水を抜いて一度カラカラに乾燥させればOKです。しばらくして、また水を注げばまたまた稚エビの登場です。

 と言うように、フェアリー・シュリンプの飼育は非常に簡単なので別に問題は無いと思いますがやはり相手は生き物ですから、機械のようにいつも同じ様に上手くいくとは限りません。上記の通りにやってみたのにうまく行かなくたって文句言わないでね!(笑)。それと、あくまでも甲殻類ですから、水中の重金属イオン特に銅イオンの存在には非常に敏感なのでその点には御注意くださいね。

逸品堂
スポンサーサイト



[ 2006/12/12 00:00 ] 水棲生物 | TB(0) | CM(6)
残念ながらはずれちゃいました
まあ春先に田んぼで捕獲します^^

クリスマスに仕入れですか?
やり手の店長さんですね(爆
ゆっくりと予定が組め フルーツを堪能できる事を祈ってます^人^
[ 2006/12/12 12:05 ] [ 編集 ]
銅はだめなんですか?
シーモンキーって青いミズに住んでるので、青=硫酸銅かと思っていました。

クリスマス、せめてチキンくらい食べたいよねえ。。。。
[ 2006/12/12 12:47 ] [ 編集 ]
イナバウワー泳法、うけました^^
こちらにお邪魔して日が浅いので今回は遠慮しましたが(笑)次の機会には応募させていただきたいと思います。
本場イギリスのクリスマスプディングなど、召し上がる機会があるかもしれませんね♪
[ 2006/12/12 18:45 ] [ 編集 ]
四国、岡山と出張でしたので、楽しみにして帰ってまいりましたが、やはり、はずれでしたか。
3つも番号を頂きましたのに!
私も、春になったら田んぼで探します。
残念↓。


[ 2006/12/12 21:59 ] [ 編集 ]
あ~欲しかったな~またいつかプレゼント企画お願いします!
卵を休眠させないといけないなんて、ノソたちと同じなんですね~たくさん泳いでたら水が青く見えて綺麗だろうな~・・・と言うことはこれを食べた稚魚のおなかは青くなるのかな?見てみたい!
[ 2006/12/13 00:26 ] [ 編集 ]
しかし、この子達に母が愛を注いでくれるだろうかと、、、。
でも、時に卵を産んでくれて、時にそれを分けてくれたら、ありがたくもあり、だけど、それが悲しくもなるんでしょうね。
この青い姿が、やっぱり好きだな。。。
で、餌は、、?
[ 2006/12/23 21:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する