FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 逸品堂通信 > 号外!?逸品堂通信vol.029

号外!?逸品堂通信vol.029

イエロー系品種 その3

ソリッド・イエローのボディの透明っぽい所がイヤだっ!と言うアクアリストの存在に対して、ベタブリーダーたちはどのような改良を使って対処しているのでしょうか?ソリッド・イエローの体表にはおそらく黄色素胞のみが存在するものと考えられます。ここに、別の色を乗せてボディを不透明にしようと言う時考えられるカラーは?例えば、ブルーとかブラックなんて色は、黄色の上層・下層にかかわらずその存在感を十二分に発揮しちゃいますから使用は不可。・・・となると、一番可能性の高いのが白色と考えるのが普通です。

 現在ホワイト系の品種として考えられるのは2系統、つまりパステル・ホワイトオペック・ホワイトです。ここでこの2つのホワイト系品種の違いについて一言。パステル・ホワイトの方は、ブルーやピンクなどの色調がほんの少し混ざったように感じるいわゆるパステル画のような感じです。ちなみに下の画像はパステル・ホワイトのプラカットです。これに対してオペック・ホワイトと言うのは純白と言うかシルキーホワイトの系統を指します。我が国ではスーパー・ホワイトと言う呼称で親しまれているのがこのオペック系です。
PL パステル・ホワイト 01

 今日、冒頭で紹介している個体はおそらくパステル・ホワイトを種親に導入したイエローだと思われます。ヒレをはじめ全身のイエローがパステル・ホワイトの存在により透明感が無くなり、その分イエローがくっきりしてきたでしょう?ただ、問題なのは種親に使ったオペックの個体がオペック・ホワイト単色ではなくヒレの付け根にブルーの発色が残るタイプ(結構バンコクではよく見かけます)だったと思われる事。結果的に、イエローの存在感は増したものの、体のあちこちにブルー系の発色が見られます。これじゃあ、ソリッド・イエローとは言い難いですね~。言うなればイエロー・マルチってとこでしょうか?

 パステル・ホワイトをイエロー系に導入すると言う発想自体は決して間違えていないのですが、問題なのは純粋な意味でのパステル・ホワイトの個体と言うのが非常に少ない事。ほとんどの個体はパステル・ホワイトの地に極小量ながらブルーやブラック、レッドなどの多色が存在してしまっているのです。したがって、パステル系イエローを混じりけの無いピュアイエローの系統にまで仕上げるのは結構至難の業かも。今日紹介したプラカットの個体を種親にしても、おそらく子供にはなんらかイエロー以外の色が乗っている個体が多数出現すると予想されますし・・・。

 でも、ソリッド(単色)と言う事にこだわらずに、イエロー系品種として評価するのであればイエロー×パステル系と言う組み合わせは十分OKだと思います。それでは、次回はソリッド・ホワイトのもう一つの系統であるオペック・ホワイトを使ったイエローの改良について見て行きたいと思います。

逸品堂
スポンサーサイト



[ 2006/11/06 00:00 ] 逸品堂通信 | TB(0) | CM(4)
これはなかなか良い!透けてないのが良いですね(⌒∇⌒)でも確かに肝心のソリッドイエローから遠のいてしまいましたね。でも其処まで追求したらキリがない!と思えてきますし、繁殖させて親と同等のレベルの魚でも中々出てこないことが分かってくれば、イエロー以外が混じってる!と思う人ってあまりいないでしょう。私がイエロー系を欲しがってて、この魚がソリッドイエローとして売られてれば買っちゃいます。
でもタイでは更なる改良が行われてるんだろうな~すごすぎますね・・・
[ 2006/11/06 18:55 ] [ 編集 ]
楽しい話になってきました!
オペック/イエロー楽しみです。
参考にさせていただきます。
[ 2006/11/07 00:12 ] [ 編集 ]
>これはなかなか良い!透けてないのが良いですね(⌒∇⌒)でも確かに肝心のソリッドイエローから遠のいてしまいましたね。でも其処まで追求したらキリがない!と思えてきますし、繁殖させて親と同等のレベルの魚でも中々出てこないことが分かってくれば、イエロー以外が混じってる!と思う人ってあまりいないでしょう。私がイエロー系を欲しがってて、この魚がソリッドイエローとして売られてれば買っちゃいます。
>でもタイでは更なる改良が行われてるんだろうな~すごすぎますね・・・
-----

確かにイエロー・マルチとしてみればかなり良い個体ですよね~。個人的には、イエローがもう少しレモンイエローだと完璧なんですが(笑)
[ 2006/11/07 09:23 ] [ 編集 ]
>楽しい話になってきました!
>オペック/イエロー楽しみです。
>参考にさせていただきます。
-----

 ただ、なにぶんバンコクのブリーダーのほとんどは英語がダメですから、品種作出の話なんかも単語を羅列するだけの会話になっちゃってますから、絶対正確かって言うとちょっと怪しいですけどね(笑)
[ 2006/11/07 09:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する