FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 飼育器具・用品 > 自家製カラ剥ブラインを作ろう! 稚魚用フードvol.08

自家製カラ剥ブラインを作ろう! 稚魚用フードvol.08

自家製カラ剥ブラインを作ろう! 稚魚用フードvol.08

 さて、予告どおり今回は自宅で作る美味しい(笑)カラ剥ブラインの作り方を紹介しましょう!まず、用意するものは孵化率の良いブラインシュリンプエッグ少々、そして強酸を適量です。・・・ッて言ってもなかなか個人で塩酸や硫酸入手するのも大変ですし、取り扱いに注意しないと非常に危険ですからまったくお薦めできません。そこで、衣服の漂白剤を買ってきましょう別に、銘柄なんてどうでもいいのですが塩素系の物を選びます。塩素系の漂白剤は次亜塩素酸ナトリウムが主成分なので、希塩酸と同じような役割をしてくれます。これで、ブラインシュリンプの休眠卵の硬い外殻を溶かしてしまおうっ!て言う訳です。

 ちなみに、なぜか私は必ずブリーチを使う事に決めています(笑)。別にハイターでも大丈夫ですけどね。価格は非常安いもので1.5リットル入りで200円しませんでした。これだけあれば当分の間、自家製カラ剥ブライン作り続けることが出来るでしょう。

 先ず、始めにブラインシュリンプを必要量だけ小型のガラス容器(コップなど)に移し、水を注いでおきます。こうして、休眠卵にある程度水を含ませた方がその後均等に外殻の溶解ができる様です。時間は30分から1時間くらい漬けておけば十分でしょう。そんな時間も惜しいって言う方は、水に付けなくたってなんとかなります。
ブラインの脱殻02
 その後、観賞魚用のネットなどで軽く水気を切ったブラインシュリンエッグを容器に移し、そこに適当にドボドボとブリーチを注ぎます。そして待つ事10分もすれば、あ~ら不思議!(笑)。カラ剥ブラインの完成です!!・・・って滅茶苦茶簡単でしょう?ちなみに、トップの画像がブリーチに漬ける前、そして下が10分後のブラインエッグの状態です。

 後は、外殻が溶けてオレンジ色に見えるようになったブラインエッグをまたまたネットなどに移し、流水でよく注げば終わりです。この時、よく洗い流さないとブリーチは観賞魚にだってあまり良い影響与えないでしょうから気をつけてくださいね。どうしても不安ならば、コントラコロラインなどの塩素中和剤を適量入れた水で最後に洗えば、塩素は完全に中和されますから安心です。

 このままカラ剥ブラインとして用いるのであれば、ブリーチに漬けておく時間は結構アバウトで大丈夫。もしかして、すでにミイラ化していた休眠卵を使っている可能性が否定できない市販品よりも、数段クオリティの高いカラ剥ブラインがお手軽に出来ちゃいます。

 ただ、この後通常の孵化手段でブラインシュリンプを孵化させて用いると言う方法もあります。なぜこんな事をするかと言うと、外殻を除去した休眠卵を孵化させると孵化後に稚エビと外殻を分離させる必要がなくなるからです。ベタや卵生メダカなど稚魚の初餌料として、動き回る生きたブライン幼生が必要な場合には非常に有効な手段です。めんどくさいけど・・・(笑)。

 ただ、このように孵化させるつもりであれば、ブリーチに漬ける時間は10分前後としっかりと決めておくべきです。さもないと、外殻だけでなく内側の透明な薄い膜までブリーチが溶かしてしまい、休眠卵の中の稚エビに大ダメージを与えてしまい、孵化しなくなっちゃいますよ。

 それと、確かにこの方法で簡単に良質のカラ剥ブライン作る事は出来ますが、これを乾燥させて保存すると言うのは我々趣味人にはちょいと無理な話です。フリーズドライ加工できる機械がないと、急速に乾燥させられないため、かえってブラインが変質しとんでもない事になりかねませんから、あきらめましょう。

 いかがでしたでしょうか?カラ剥ブラインなんて簡単なものでしょう??この程度の行程で製品化できるんですから、メーカーは我々シロウトではとても出来ないような高品質の製品を世に送り出す義務があるってもんでしょう!ねっ?××さん??(お好きなメーカー名入れてください。ご想像にお任せします)

逸品堂
スポンサーサイト



[ 2006/10/12 00:00 ] 飼育器具・用品 | TB(0) | CM(16)
ブリーチ、ハイターですか。次亜鉛とは!私仕事で売ってますよ!ただし、1トンコンテナーとかの単位ですがね。
殻剥きシュリンプの冷凍保存なんてどうなのでしょうか?
殻剥き卵からブラインを孵化させるのは、非常に魅力ですが、手間が大変そうですね。
[ 2006/10/12 23:39 ] [ 編集 ]
聞いたことがありました 何時だったかは忘れましたが・・・^^;
ちょうど今使ってるブラインエッグ孵化率が悪いのでやって見ようかな^^

剥いて孵化は始めて聞きました 興味あり々^^
[ 2006/10/13 00:43 ] [ 編集 ]
おー、ブリーチとは!?w(゚o゚)w
大磯砂処理に試したことありますが、カラ剥きに使えるとは知りませんでした。

ちょうど毎日ブラインをわかしてるので、明日実験してみます。
[ 2006/10/13 01:52 ] [ 編集 ]
センセーw
一般家庭に一番ありそうな?希硫酸ではどうでしょう?w
希硫酸は車のバッテリー液をくすねれば…(ぁ
解体屋の廃バッテリーから取れば良い感じに濃度も濃くなってて…(フフフ

注意
服に付くと服が溶けますw
[ 2006/10/13 01:56 ] [ 編集 ]
理科の実験みたいで楽しそうなので私も一回試してみます。わがやはブリーチです^^;
[ 2006/10/13 07:42 ] [ 編集 ]
漂白剤を使うとは考え付きもしませんでした。
というより大丈夫なんですかねぇ?
よく洗い流せば大丈夫なんだ。
ふ~ん、そうなんですね。

我が家は、ハイターです。
ブリーチって・・・。やめとこ~。(笑)
[ 2006/10/13 10:20 ] [ 編集 ]
こんなにも手軽にできちゃうんですね~しかもその状態からふ化までできちゃうなんて!驚きです。
一度は作ってみます。
[ 2006/10/13 12:27 ] [ 編集 ]
>ブリーチ、ハイターですか。次亜鉛とは!私仕事で売ってますよ!ただし、1トンコンテナーとかの単位ですがね。
>殻剥きシュリンプの冷凍保存なんてどうなのでしょうか?
>殻剥き卵からブラインを孵化させるのは、非常に魅力ですが、手間が大変そうですね。
-----

業務用の冷凍庫があるのであればOKだと思います。家庭用の物では、温度が低くならないので長期間の保存はやめておいた方が無難でしょうね。
[ 2006/10/13 23:42 ] [ 編集 ]
>聞いたことがありました 何時だったかは忘れましたが・・・^^;
>ちょうど今使ってるブラインエッグ孵化率が悪いのでやって見ようかな^^

>剥いて孵化は始めて聞きました 興味あり々^^
-----

 殻を溶かしてから孵化させると、稚魚がブライン幼生に混入した外殻で腸閉塞とか起こす心配が無いので安心です。この手間を面倒だと感じないのであれば、お薦めです。
[ 2006/10/13 23:43 ] [ 編集 ]
>おー、ブリーチとは!?w(゚o゚)w
>大磯砂処理に試したことありますが、カラ剥きに使えるとは知りませんでした。

>ちょうど毎日ブラインをわかしてるので、明日実験してみます。
-----

 要するに炭酸カルシウムとかを溶解するって事ですから。ただ、重度の喘息患者で気管の軟弱な私には少々塩素臭が辛いですけど。
[ 2006/10/13 23:44 ] [ 編集 ]
>センセーw
>一般家庭に一番ありそうな?希硫酸ではどうでしょう?w
>希硫酸は車のバッテリー液をくすねれば…(ぁ
>解体屋の廃バッテリーから取れば良い感じに濃度も濃くなってて…(フフフ

>注意
>服に付くと服が溶けますw
-----

 硫酸でも同じ原理ですから大丈夫ですよ。ただ、バッテリー内の硫酸の濃度が良く判らないので。いったいどの程度の時間ブラインエッグを漬けて置けばよいのかよく判りませんけど。
[ 2006/10/13 23:46 ] [ 編集 ]
>理科の実験みたいで楽しそうなので私も一回試してみます。わがやはブリーチです^^;
-----

 簡単ですし、みるみる褐色のブラインシュリンプエッグが鮮やかなオレンジ色になるのを観察するのは結構感動物です。
[ 2006/10/13 23:47 ] [ 編集 ]
>漂白剤を使うとは考え付きもしませんでした。
>というより大丈夫なんですかねぇ?
>よく洗い流せば大丈夫なんだ。
>ふ~ん、そうなんですね。

>我が家は、ハイターです。
>ブリーチって・・・。やめとこ~。(笑)
-----

 まぁ、人間様の衣服の漂白に使うべく簡単に入手できるものですから、それ程危険はありません。ただ、私とかkenkou3200さんのように、気管が弱い人は塩素臭で喉をやられる事がありますから注意が必要ですけどね。
[ 2006/10/13 23:48 ] [ 編集 ]
>こんなにも手軽にできちゃうんですね~しかもその状態からふ化までできちゃうなんて!驚きです。
>一度は作ってみます。
-----

 何かの理由でブライン孵化させるの忘れた時などは結構重宝しますよ。
[ 2006/10/13 23:49 ] [ 編集 ]
「塩酸」「硫酸」は、強酸性の物質ですが、「次亜塩素酸ナトリウム」は、強アルカリの物質です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AC%A1%E4%BA%9C%E5%A1%A9%E7%B4%A0%E9%85%B8%E3%83%8A%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0
[ 2007/03/07 08:14 ] [ 編集 ]
>「塩酸」「硫酸」は、強酸性の物質ですが、「次亜塩素酸ナトリウム」は、強アルカリの物質です。

-----

本当でした。ここは水酸化ナトリウムと同じ役割って書くべきだったんですね~。御指摘ありがとうございました。
[ 2007/03/07 14:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する