FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 逸品堂通信 > 号外!?逸品堂通信vol.017

号外!?逸品堂通信vol.017

ドラゴン系品種 その8

 昨日紹介した、スケルトン・マーブルをバンコクで入手したのが今年の7月末の事でした。そして、次にバンコクを訪れたのが9月3日。その時点では、やはりと言うかさすがと言うべきか、すでに進化型とも言うべき個体が登場していました。ベースにボディが漆黒のマーブルを使っているので、精悍さが増しています。一見するとマルチカラー系にも見えますが、各ヒレに散在する赤いマーブル斑がこの個体が明らかにマーブルである事を物語っています。下の個体ではマーブルの雰囲気がより顕著になっています。実際に、作出したブルーダーに尋ねてもマーブルだと明言してました。

 個人的には、種親のペアのオスメスどちらかをスケルトン・マーブル使ったんじゃないかと想像しているんですが、如何せんその名称は私が勝手に付けちゃったもので、相手のタイ人には通用しません(苦笑)。ブリーダー自体は、前回スケルトン・マーブルを購入した人間なのでこの仮説はかなり確かなものだとは思うのですが・・・。今度行った時に、スケルトン・マーブルの写真でも持参して確かめてこなくっちゃね(笑)。

 いずれにせよ、その精悍な外見と言いインパクトの強さと言いすでに完成品と言える品種だと思います。また、表現も安定しているのかほぼ同じが意見の個体が数多くストックされていました。個人的にはすごく好きな品種なので、これからも維持して行って欲しいものです。
PL ブラック&ブルー マーブル 03

 それにしても、ありとあらゆるカラーバリエーションが登場してくるドラゴン系品種ですが、その作出方法が今一歩はっきりしません。例えば、今日の個体だってオスにドラゴン使うのか、それともメスにドラゴン使うのかとか判っていません。と言うのも、バンコクのブリーダー達は、自分の保有している系統のメスを見せることを極端に嫌がる傾向があります。それが、自分のオリジナルの系統であればなおさらの事です。これは、自分で苦労して作出した品種をそう簡単に他人に量産されてたまるかぁ~!って事なんでしょうね(笑)。そんな状況なので、なかなかニューカラーのメスを入手するのは大変なことなんですよ~。

 ドラゴン系の形質遺伝の謎を探るべく、わが研究室(いつから研究室に??)でも交配実験を行っております。・・・おりますがぁ~っ!こう度々海外出張で家を空けると、孵化直後の稚魚達にはかなり厳しい状態でして。今回も、9月10日生まれのドラゴン×他のカラーバリエーションと言う組合せで4組のペアから採った稚魚達がチョロチョロしてます。しかし、近々に実施されるであろうバンコク買い付け旅行~♪から帰って来た時には、稚魚達はほとんど消えてる気がします(涙)。せめて、生後45日くらい経過した稚魚なら、魚の扱いをまったく知らない家族でもなんとかフォローしてくれるんですけどね~。

逸品堂
スポンサーサイト



[ 2006/10/03 00:00 ] 逸品堂通信 | TB(0) | CM(7)
ベタの世界は、凄いですねぇ~。
ホームセンターなんかで売っているベタが全てと思っている人、沢山いる気がします。
2年前までは、私もそんな1人だったのですが、沢山の綺麗な子を見る事が出来て、嬉しいです。

で、昨日のベタって、透けているんですか?
何だか不思議ですねぇ。
ベタの世界でも、こういった子が出てくるのですね。

タイ、バンコクって、来年には普通になっているのでしょうか?
このような情勢では、バンコクへ行けないような気がしてきました。(泣)
[ 2006/10/03 13:49 ] [ 編集 ]
かっこいい~!!!こいつらがショーベタで出てきたら、間違いなく即ゲット!たのしみですよ~!
しかしこんな個体がたくさんストックされてるなんて、マーブルもいよいよかなりの確率で出てくるようになったんですかね?バンコク行きたいな~
[ 2006/10/03 14:14 ] [ 編集 ]
バンコクブリーダー恐るべし!
すっかりひとつの完成品ですね。
sの語の改良は、もうさかなおやじさんが、現地にて、確認していただかなければ。
新たな品種の報告を楽しみに待っております。
[ 2006/10/03 23:24 ] [ 編集 ]
更紗丸さん
>バンコクブリーダー恐るべし!
>すっかりひとつの完成品ですね。
その後の改良は、もうさかなおやじさんが、現地にて、確認していただかなければ。
>新たな品種の報告を楽しみに待っております。
-----
[ 2006/10/03 23:24 ] [ 編集 ]
>ベタの世界は、凄いですねぇ~。
>ホームセンターなんかで売っているベタが全てと思っている人、沢山いる気がします。
>2年前までは、私もそんな1人だったのですが、沢山の綺麗な子を見る事が出来て、嬉しいです。

>で、昨日のベタって、透けているんですか?
>何だか不思議ですねぇ。
>ベタの世界でも、こういった子が出てくるのですね。

>タイ、バンコクって、来年には普通になっているのでしょうか?
>このような情勢では、バンコクへ行けないような気がしてきました。(泣)
-----

スケルトンと言っても透けているのは鰭だけで、さすがにボディは透けてません。・・・って言うか透けていたら結構怖いと思います(笑)

 バンコクに関しては、現時点ですでに現地の人間にとっては普通?の状態らしいですよ。少なくとも、バンコクの友人に国際電話かけて尋ねるとそう言います。もっとも、もしかすると電話口の先では機関銃を構えた兵士が、友人が余計な事を外国人に話さないように見張ってるのかもしれませんけど(爆笑)。
[ 2006/10/04 17:06 ] [ 編集 ]
>かっこいい~!!!こいつらがショーベタで出てきたら、間違いなく即ゲット!たのしみですよ~!
>しかしこんな個体がたくさんストックされてるなんて、マーブルもいよいよかなりの確率で出てくるようになったんですかね?バンコク行きたいな~
-----

 確かに、このカラーパターンでハーフムーンだったら、ベタコンテストで注目を浴びるのは必至でしょう。おそらく、総合優勝だって狙えるかも?ただ、ショーベタとして認める事が出来るレベルにまで改良するのに後2~3代はかかるんじゃないでしょうか。
[ 2006/10/04 17:08 ] [ 編集 ]
>バンコクブリーダー恐るべし!
>すっかりひとつの完成品ですね。
>sの語の改良は、もうさかなおやじさんが、現地にて、確認していただかなければ。
>新たな品種の報告を楽しみに待っております。
-----

 今度のバンコク訪問では、必ずこの系統のその後を追っかけてみるつもりです。
[ 2006/10/04 17:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する