FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 熱帯魚 > ノソブランキウスの飼育法その2 インスタントメダカvol.05

ノソブランキウスの飼育法その2 インスタントメダカvol.05

 さて、昨日ノソブランキウスの仲間も、他の熱帯魚と変わらない管理方法で飼育できる事を紹介しましたが、それならばなぜ卵目マニア達はそのような飼い方をしないのでしょうか?それには当然理由があるわけで、今日はそのあたりについて解説して行きましょう。冒頭の写真をご覧ください。これは、N.エガーサイ・レッドを複数ペア20cm角のオールガラス水槽に入れて飼育している所です。飼育水やフィルターなどの基本的な環境は、昨日のレイアウトとなんら変わりません。ただ、異なるのがエガーサイ・レッド単独で飼育している事と底砂を敷かないベアタンクにしてある事です。実は、ここに大きな秘密が隠されているのです。

 まず底砂を敷いていない理由からお話しましょう。ノソブランキウス属の魚は、乾季がくる前に次世代を残すべく卵を水底の泥の中に産む事は昨日お話しました。・・・つまり、そう言う事なのです。水底に砂利を敷いておくとノソブランキウスの仲間は辺り構わず水底の砂利の中に卵を埋め込み始めちゃいます。別に、繁殖なんて考えてないからと言う方ならばこのままでも問題ありません。ただ、繁殖させようと考えるならばそこら中に卵を埋め隠されても捜す時大変です。まぁ、ちょっとした宝物の発掘気分を味わえない事もありませんが(笑)、水底をほじくり回せば、水も汚れますし何かと不便です。そんな訳で、ノソブランキウスを本格的に飼育しようとする人は底砂は敷かないのが普通です。したがって、レイアウトはアヌビアスやミクロソリウム、ウィローモスなど水底に根を張らないタイプのものを使う事になります。

 それなら、どこに産卵場所作るんだよ?って言う声が聞こえてきそうですが、それは明日の繁殖編で(笑)。とにかく、せっかくノソブランキウス飼育するなら独得の繁殖形態実際に経験しなければ絶対に損ですから、水底には底砂は無しにしましょう(笑)。ただ、上手く自家繁殖に成功し大量の子供が取れたのであれば、次世代を残す種親を別にして残りは大きな水草水槽で群泳を楽しむなんていうのは、最高の贅沢だと思います。それに、自家繁殖したものだけが味わえる喜びだとも思いますしね。

 次に、なぜ単一種だけで飼育しているのかと言う点についてです。その答えはノソブランキウス属のメスの外見にあるのです。下の2つの画像は左がN.ラコビーのメス、右がN.エガーサイ・レッドのメスです・・・。って、皆さん区別付きますか??(笑)。ノソブランキウス属の特徴として、オスは見事な程色鮮やかなのですがメスはなぜかほぼ一様にこんなもんです。つまり、一度違う種類のメスをごちゃ混ぜにしちゃうと再び正確な種の判別が非常に困難になってしまうのです。中には、ほんとに微妙な違いを見て取ってノソのメスを判別する恐ろしい人もいるやに聞いていますが、私にはとてもとても・・・。
N.ラコビー メスN.エガーサイ レッド メス

 そんな訳で、ノソブランキウス属を複数種飼育する人は種類ごとに水槽を用意するはめになっちゃうのでした。そして、気が付くと水槽が数十本なんて当たり前って言う気持ちになっちゃうみたいですよ。気を付けて下さいねtakaさん!(笑)。これで、それぞれの地域変異になんてこだわり始めた日には・・・想像するだに恐ろしい事になってしまいます。まぁ、それだけの魅力を持った魚達ではありますけどね~。

 さて、皆さんは観賞に徹した昨日の飼い方で行きます?それとも、深みに嵌るの覚悟で今日の飼育方法にされます??うーん、どっちも捨てがたいと言う方には耳よりの情報が(笑)。ノソブランキウスの仲間は、上手くいけばその生涯に数百個の卵を産ませる事も出来るといわれていますが、商売人でも無い限り(・・・って今や私も商売人?)そんなに大量に殖やしたって仕方ないじゃないですか。だから、採卵期間の1~2週間だけ繁殖水槽に収容し残りは水草水槽で楽しんじゃえばいいんですよ。と言うか、これが由緒正しきアクアリストの楽しみ方だと思う。一度、国内の卵目マニアの温室を訪問した事があるんですけど、本棚改造したラックにプラケースが縦置きでずらっと並んでました。照明が部屋の照明だけなのでその点を尋ねると「卵目の繁殖に強い光は必要ないから」と言う事でした。確かに、千近いプラケースがズラ~っと並んでいるのは壮観ですが、肝心の中の魚を観賞することが出来ないなんて・・・。なんか本末転倒と言うか、卵目をはじめた当初の気持ちがなくなっちゃってるようにお見受けしましたね。

 明日は、いよいよノソブランキウス属の神秘的な繁殖方法についてお話したいと思います。乞う御期待!!(笑)

PHOTO628.gif
スポンサーサイト



[ 2006/08/05 00:00 ] 熱帯魚 | TB(0) | CM(12)
なるほど~。
じゃぁ、ベアタンクになりますねぇ。

って、繁殖を楽しみにしてたんだけど、明日になるのですね。

んで、黄色い子はまだ、ショップにいますか?

あっ、それと井戸水でもいけるの?
あかんかったら、事務所で飼うけど・・・。
[ 2006/08/05 23:11 ] [ 編集 ]
ワハハハ 私の名が^^;
水槽 27本くらいまでの覚悟はOKです^^
兎に角 混ぜないが基本でしょうしね!

なんぼでも殖やして配りまくりたい^^
手始めに赤と青を殖やしたいな~♪
[ 2006/08/05 23:38 ] [ 編集 ]
やばい!飼いたくなってきてしまいました・・・どうしよ~(゚ー゚;Aアセアセ
しかしベアタンクなんて、掃除が面倒くさい私にうってつけじゃないですか~危険な魚種だ!飼いたい・・・
[ 2006/08/05 23:57 ] [ 編集 ]
ほんとに水槽が増えるのが目に見えてるようなお魚ですね。

ところで、昨日粗塩をってお話されてましたが、水草には影響ないんでしょうか?
[ 2006/08/06 00:08 ] [ 編集 ]
ブログをかみさんに見せて「こんな綺麗な魚がいるんだゾ!」って洗脳しています レイアウト水槽1本と繁殖に1本と...繁殖まで見据えてしまっている私も術中にはまっています そして敵はかみさんに...なりそうです
[ 2006/08/06 11:59 ] [ 編集 ]
よかったです!ベアタンクでずっと飼わなければいけないと思ってしまいました、やっぱり水草水槽でみたいですからねえ~
いよいよ明日は繁殖ですね!
楽しみです!
あっ、それとンソブランキウスって1年以内に死んでしまうのでしょうか?
[ 2006/08/06 14:39 ] [ 編集 ]
>なるほど~。
>じゃぁ、ベアタンクになりますねぇ。

>って、繁殖を楽しみにしてたんだけど、明日になるのですね。

>んで、黄色い子はまだ、ショップにいますか?

>あっ、それと井戸水でもいけるの?
>あかんかったら、事務所で飼うけど・・・。
-----

井戸水でも大丈夫だと思いますよ。ただ、井戸水の中にはかなりの軟水もありますから、粗塩入れるの忘れないでくださいね。それと、タイガースファン御用達の黄色い奴は卵のほうはまだ在庫ありますが、親魚はあと2ペアだけになっちゃいました。でも、ノソとしてはポピュラーな魚なので、ほかのお店でも購入できますから心配いりませんよ。
[ 2006/08/07 02:50 ] [ 編集 ]
>ワハハハ 私の名が^^;
>水槽 27本くらいまでの覚悟はOKです^^
>兎に角 混ぜないが基本でしょうしね!

>なんぼでも殖やして配りまくりたい^^
>手始めに赤と青を殖やしたいな~♪
-----

 なんか、takaさんのブログ拝見して、階段がそのままアングル台になってるの見てそんな気がひしひしとしましたね~(笑)。
[ 2006/08/07 02:52 ] [ 編集 ]
>やばい!飼いたくなってきてしまいました・・・どうしよ~(゚ー゚;Aアセアセ
>しかしベアタンクなんて、掃除が面倒くさい私にうってつけじゃないですか~危険な魚種だ!飼いたい・・・
-----

 そうそう!ベタばっかり根詰めてると辛くなっちゃうから気分転換にはいいかも。それと、例のショーベタ、いつ頃お送りするのがよろしいでしょうか?ご都合の悪い日などありましたらお知らせくださいね。
[ 2006/08/07 02:53 ] [ 編集 ]
>ほんとに水槽が増えるのが目に見えてるようなお魚ですね。

>ところで、昨日粗塩をってお話されてましたが、水草には影響ないんでしょうか?
-----

 これくらいの濃度であれば、問題ないのではないでしょうか。もっとも、我家にある水草は丈夫な奴ばっかりなのですごくデリケートな種類になると確信はありませんが・・・。
[ 2006/08/07 02:54 ] [ 編集 ]
>ブログをかみさんに見せて「こんな綺麗な魚がいるんだゾ!」って洗脳しています レイアウト水槽1本と繁殖に1本と...繁殖まで見据えてしまっている私も術中にはまっています そして敵はかみさんに...なりそうです
-----

 どこのご家庭でも、アクアリストの天敵は奥様と相場が決まっているようですね~(笑)。我家もその典型ですけど。
[ 2006/08/07 02:55 ] [ 編集 ]
>よかったです!ベアタンクでずっと飼わなければいけないと思ってしまいました、やっぱり水草水槽でみたいですからねえ~
>いよいよ明日は繁殖ですね!
>楽しみです!
>あっ、それとンソブランキウスって1年以内に死んでしまうのでしょうか?
-----

 ノソブランキウスが1年で死亡してしまうのは周囲に水がなくなって、干からびちゃうからですから水槽ないでは1年という事はないですよ。でも、何年も生きるような魚ではないようですね。その分、孵化後2~3ヶ月で成熟すると言う脅威の成長スピードですから、新陳代謝が速いのかも。それと、N.フルゼリィあたりはどんなに頑張っても1年は生きないみたいですね~。
[ 2006/08/07 02:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する