FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > メス個体 > ベタ 昼の一品 2012/03/08

ベタ 昼の一品 2012/03/08

FC120308A.jpg
品種名:トリカラー・バタフライ
カテゴリー:ショーベタ メス個体
カラーリング評価:★★★(優良)
フォルム評価:★★★(優良)
個体レア度:★★★(希少)

 ショーベタのメス個体です。バンコクに於いてショーベタのオスではトリカラー・バタフライはそれほどレアな訳ではありませんが、メス個体の入手となると非常に困難です。と言うより、そもそもメス全般がオスに比べて入手は困難です。

 理由は色々あるでしょうが、一番はバンコクのベタショップに行ってもなかなかメスを販売していない事だと思います。ベタをブリーディングすれば、理論上は50%メスが生まれて来る筈なんですから、メス自体に希少性はありません。ただ、ショップにしてみると限られた販売スペースの中で、あまり売れ行きが芳しくないメスをストックしたくないのでしょう。

 また、日本人の感覚からすると少々違和感がありますが、バンコクではショーベタやプラカットのメスはオスに比べて格安と言う訳ではありません。場合によってはオスと同等かそれ以上の価格が付けられている場合もあります。

 そんな訳で、現在改良ベタの大部分の個体がタイや東南アジアからの輸入に頼っている我が国では、メスの入手が困難になるのは当たり前です。また、日本にいながらにしてネットや電話でオーダーをしている様なケースでは、色々な品種のメス個体を入手するのは至難の業です。

 もっとも、現地のブリーダーのファームにまで出向けばメス個体を入手するのは容易です。オスと違いあまり激しいバトルをしませんから、たいていの場合メスは池の中にごちゃごちゃと収容されています。その中から、気にいった個体を掬えば良いのですが、問題が一つ・・・。この様な環境では、系統別・品種別に収容されている訳ではない為、そのメス個体がどの様な系統なのかとかさっぱり判りません。さらに、バンコクのブリーダー達はあまり厳密にショーベタとプラカットのメスを区別してませんから、池の中には両者が混在する事もしばしば。

 オスと違いメスではショーベタとプラカットの際はあまり明確ではありません。メスですからどちらの系統でもヒレは短いですからねぇ。ある程度は外見から区別できますが、絶対ではありません。仕方が無く、ブリーダーの意見を尊重せざるを得ません。まぁ、ショーベタの繁殖の場合はプラカットのメスを用いても、ある程度子供のヒレは伸長しますからそれほど大きな問題ではありません。ただ、プラカットの繁殖にショーベタ形のメスを用いれば、次世代は不自然にヒレの伸長した個体が出現する可能性があるので困ったもんです。

 余程信頼できるショップで入手した国産のメス個体でない場合は、メスに関してはある程度覚悟して繁殖に用いる他無いでしょう。それにメスの選択間違えちゃってもF2.F3世代でちゃんと修正できますから。

 ちなみに、今日の画像の個体はカラーリング、フォルム共にかなり高品質と言ってよい個体だと思います。写真では尾柄部が少々捻じ曲がったいる様にも見えますが、これは撮影の際のポーズの関係で実物はまったく異常は認められませんでした。
スポンサーサイト



[ 2012/03/08 12:00 ] メス個体 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する