FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 熱帯魚 > ノソブランキウス・ラコビー  インスタントメダカvol.02

ノソブランキウス・ラコビー  インスタントメダカvol.02

学名:Nothobranchius rachovii
通称:ノソブランキウス・ラコビー
体長:3.5cm
分布:モザンビーク、南アフリカ
飼育:★★(普通)
繁殖:★★★(少し難しい


 今日はインスタントメダカの第二弾!ノソブランキウス・ラコビーの登場です。よく書籍や雑誌などで世界でもっとも美しい淡水魚と紹介されるラコビーですが、世界で一番かどうかは見る人の感性の問題ですからわかりませんが、確かにとことんド派手な体色なのは間違いありません。

 かつては、飼育難魚としても有名だったのですが最近では飼育技術の向上のためか、はたまた輸送環境が良くなったためか、飼育は特別難しいとは感じません。水質は中性付近であれば問題なし、水温は25℃~30℃位が好ましいと思われます。ただ、水温に関してはこの魚を入手したバンコクでは、水温は優に30℃を越えていますから日本の夏場の高水温も問題なく乗り切れるはずです。餌に関しては、書籍などでは生き餌や冷凍アカムシしかダメみたいに書かれていますが粒状の餌も良く食べます。実際、この個体はバンコクでも粒状の餌だけで育成されていました。ただ、フレークタイプの餌は好まないようです。

 とにかく成長の早い魚で、例えば写真の個体は生後2ヶ月だそうですがすでに体長は3cmを越え、完全にオスメスの区別がつきますし、おそらく繁殖も可能でしょう。ただ、これは大量に餌を与えて、毎日のように水を替えることが出来るプロの話ですから、我々アクアリストであれば生後4ヶ月くらいでこのサイズまで育成するのが普通でしょう。

 比較的温和な魚ですが、成熟したオス同士はちょっとした小競り合いをすることがあります。したがって、飼育の際はペアだけを小型水槽で飼育するか、もしくはやや大きめの水槽で多数を一緒に飼育するか両極端がよろしいようです。なまじオス2尾とかだけで飼育すると、弱いほうの個体がボロボロにされちゃう事があります。

 ノソブランキウス属の繁殖方法については改めて後述するとして、ラコビーの休眠期間は通常4ヶ月前後というのが我が国での通説でした。しかし、バンコクのブリーダーの所では産卵後1ヶ月から45日で孵化しています。これが高水温のためなのか、それとも累代飼育の影響(代々ブリーディングされている魚では時々見られる現象)なのかは定かではありませんが、事実は事実として認めなくてはなりません。逆に、タイのブリーダーはラコビーの卵の休眠期間は4ヶ月くらいが普通だと言うと、かなりビックリしてました。

N.rachovii black-01

 ラコビーには昨日のN.エガーサイ以上に色彩変異が知られていて、上の画像はそのうちの一つでラコビー・ブラックと呼ばれています。地域的には南アフリカにラコビー・ブラックが生息していると言う事ですが、昨日お話したようにこの個体がどの程度純粋なのかは定かではありません。色彩的には、冒頭のノーマルタイプのほうがきれいですから、商業ルートにラコビー・ブラックが乗る事はほとんどありません。したがって、入手はかなり困難でしょう。・・・と言うか、コレクター以外はみんなノーマルタイプのほう選択すると思う(笑)。ただ、胸ビレが妙に色気のある紫色に染まっている点だけは評価したいと思います。

 ところで、今回のバンコク旅行記が無いために皆さんにゲットしたプラカットやショーベタの紹介が出来ません。そこで、本文とは関係ありませんが毎回1尾ずつ今回の旅行でゲットしたお気に入りを登場させようと思います。
PL トリカラーマーブル-01

 トリカラー・マーブルのプラカットですが、マーブルの王道を行くような素晴しい個体だと思います。私のようなマーブル好きにはたまらない個体ですね~(笑)。マーブルにしては珍しく、ボディも頑丈そうなのも高ポイントです。

PHOTO628.gif

 
スポンサーサイト



[ 2006/08/01 00:00 ] 熱帯魚 | TB(0) | CM(6)
そうですネ 飼育難魚のイメージがありました!^^; 入手も困難でしたし!
(だから今まで手を出せなかったんですよね)

今回さかなおやじさんに卵をいただき(成功とは言えない結果ですが^^;)そこまで難しい魚ではないかなと感じてます
正直 嵌りそうで怖い^^
[ 2006/08/02 02:27 ] [ 編集 ]
ラコビーは本当に綺麗ですね。
我が家にも卵から孵ったのが25匹ほどおります。
約2ヶ月になりますが、大食漢で毎日でかくなるのが分るほどの成長ぶりには驚きます。
生まれて間もない頃は掃除してたらスポイトによく吸い込まれてたのに・・・
人馴れもして我が家のアイドルでもあります。
皆さんにもお勧めです。
お買い求めはぜひ”おさかな逸品堂”でどうぞ( ^=ω=^ )
ところでシノレビアスの販売予定はないのですか?
[ 2006/08/02 11:55 ] [ 編集 ]
あっ!
昨日お送りしたメールの回答をこちらに頂いたんですね?w
と思っちゃいましたよ。
まだまだ疑問はありますが、今後の記事を楽しみにしてます!
[ 2006/08/02 12:57 ] [ 編集 ]
>そうですネ 飼育難魚のイメージがありました!^^; 入手も困難でしたし!
>(だから今まで手を出せなかったんですよね)

>今回さかなおやじさんに卵をいただき(成功とは言えない結果ですが^^;)そこまで難しい魚ではないかなと感じてます
>正直 嵌りそうで怖い^^
-----

 ・・・と言うか、すでに嵌ってしまった様にお見受けいたしますが(笑)。確かに、魅力あるグループですよね。種類数が豊富だから、奥深そうですしね。
[ 2006/08/02 14:31 ] [ 編集 ]
>ラコビーは本当に綺麗ですね。
>我が家にも卵から孵ったのが25匹ほどおります。
>約2ヶ月になりますが、大食漢で毎日でかくなるのが分るほどの成長ぶりには驚きます。
>生まれて間もない頃は掃除してたらスポイトによく吸い込まれてたのに・・・
>人馴れもして我が家のアイドルでもあります。
>皆さんにもお勧めです。
>お買い求めはぜひ”おさかな逸品堂”でどうぞ( ^=ω=^ )
>ところでシノレビアスの販売予定はないのですか?
-----

 シノレビアスは夏場の暑さにはチョット苦手ですから、扱うとしても秋口からでしょうか。ただ、ノソブランキウスを仕入れているバンコクでは1年中30℃オーバーですから、シノレビアスの繁殖はかなり困難だと思います。
[ 2006/08/02 14:32 ] [ 編集 ]
>あっ!
>昨日お送りしたメールの回答をこちらに頂いたんですね?w
>と思っちゃいましたよ。
>まだまだ疑問はありますが、今後の記事を楽しみにしてます!
-----

 そう言えば、今の調子で仕事が舞い込んでくると温室にお越しいただくのはずいぶん先になっちゃいそうです(涙)。この後も、4日~1週間クラスの海外出張がちょくちょくありそうな雰囲気が私の周りにはプンプンしてます(笑)
[ 2006/08/02 14:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する