FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 熱帯魚 > バイランティ チョコレートグーラミィの仲間vol.04

バイランティ チョコレートグーラミィの仲間vol.04

通称:バイランティ
学名:Sphaerichthys vaillanti Pellegrin,1930
体長:4cm
分布:カリマンタン(ボルネオ島のインドネシア領)のカプアス水系
飼育:★★(普通)
繁殖:★★★(難しい


 今日は、以前にも一度紹介した事のあるスファエリクチス・バイランティの登場です。数年前までは、幻のチョコグラとしてマニア垂涎の的でしたが、最近は輸入量も殖えて来たので決して幻の存在ではなくなってきました。価格も、我が国に初登場の頃は軽くウン万円していたのが、今ではせいぜい樋口一葉1枚(笑)、私のところにいる奴なんぞは夏目漱石1人でほぼ事足りる状況でしたから驚きです。

 我が国のアクアリストのいけないところですが、幻だとかウン万円とか言われている間にあんなに沢山存在したバイランティフリークは今どこに言ってしまったのでしょう?もっとも、これはアクアホビーだけに見られる現象ではありませんけどね(笑)。例えば、今年のプロ野球で広島が首位を独走したりすると、世間にはいきなり赤ヘル応援団が満ち溢れます。でも、次の年ヤクルトが首位を・・・すると間違いなく神宮球場で安物のビニールが差振りかざす奴が沢山湧き出てくるんです。絶対、あいつらその年に調子のいいチームの俄か応援団に違いありません!どん底を這い回っていても、間違えて絶好調でも中学生の時以来一貫して燃えよドラゴンズぅ~♪なさかなおやじにしてみると、理解できない連中です(苦笑)

 それはともかくとして、バイランティが誰でも手がけられるレベルになったこと自体はすごく喜ばしい事だと思います。以前は飼育難魚とも言われていたのですが、半年以上飼育してみましたが基本的には丈夫な魚だと思います。飼育レベルはチョコグラと同等ですね。いつも感じるのですが、世間からマニアと言われている人ほど現地の水質を盲目的に信奉しすぎじゃないでしょうか?確かに、バイランティの生息場所は典型的なブラックウォーターエリアですがその環境を無理に自分の水槽内に再現する必要はないのでは?そもそも、PHが5以下みたいな極端な酸性の水質ではろ過バクテリアの活動が阻害されます。したがって、フィルターの機能が低下もしくはほぼ停止するため、飼育水中にはアンモニアや亜硝酸が増大する恐れがあります。現地では、ものすごく広大なエリアに数少なく(水槽内に較べて)棲息しているため、アンモニア態窒素の増大などはまったく問題にならないのでしょうが、水槽内ではこれは致命傷になりかねません。どうしてもこのような水質で魚を飼育したいと言うのであれば、毎週半分以上の水を交換し水中の有害物質濃度を危険レベル以下にキープする努力も併せて行うべきでしょう。

 大概、そのような水質でアピストやワイルドベタなどを飼育されている方にお話をお伺いすると、やたらにエロモナス症で魚が死亡してます。でも、個人的見解では飼育環境が劣悪(アンモニアや亜硝酸の増大)なので魚の体力が低下し、結果としてエロモナス症が発病したと言うことだと思ってます。人間でも、高齢の方の死因が肺炎となっていることが多いですが、別に肺炎になったから死亡したのではなく別の原因で体力が低下し肺炎を併発して最終的に死因が肺炎と言う事だと思います。

 そもそも、そんなにPHや硬度に過敏な魚などは異常気象のたびに環境に適応しきれなくて絶滅してるはずです。少なくとも、我家ではバイランティは塩素中和した(重金属中和もしてます、ストレスコートですから)水で毎週1/2の水替えを行っても非常に調子よく暮らしております。

バイランティ01

 ・・・とここまではえらそうに御託を並べてきましたが(笑)ここからいきなりトーンダウンしちゃいます。と言うのも、昨年の夏前に夏目漱石で購入した4尾はいずれも立派なオスでしたぁ~!。確かに店の水槽にはオスメスほぼ同数のバイランティが収容されていたのであまり深く考えずに店員さんに適当に掬ってもらったのですが・・・。もしかしてあの店に嫌われてるのかぁ~?(笑)。

 バイランティのメスはチョコグラの時にも書きましたがかなり派手な色彩なので簡単にオスと見分けがつきます。具体的には、今回紹介した画像のオスの個体の体表に赤や緑や黒の横縞(つまり我々の眼で見た上下に伸びる縞です)を沢山イメージしていただければほぼ間違いないでしょう。しかし、いずれにせよ我が家にメスがいない以上当然の事ながら繁殖には成功いたしておりません。バイランティはチョコグラ同様マウスブルーダーであることは確実ですし、我が国でも沢山のアクアリストが繁殖に成功しています。でも、経験した事のない私に繁殖を語る資格も無いですから、今回はさらっと流しておきます(笑)。今、四方に手を尽くしてメスを入手しようとしていますので、繁殖に成功したら皆さんにもきちんと報告いたしますね。

・・・ という事で、またまた恒例のランキングによろしければご協力のほどを(笑)
合言葉はぁ~?熱帯魚のブログが犬猫のブログを蹴散らしたっていいじゃん!blog ranking
スポンサーサイト



[ 2006/04/19 00:00 ] 熱帯魚 | TB(0) | CM(10)
ゼブラチョコグラが夏目ですか~
養殖されているのでしょうかね。
[ 2006/04/19 23:27 ] [ 編集 ]
家の近くでも売られてますね~それほどt閣内ですし。以前は○万円もしたなんて信じられません。
自然環境を再現しすぎて病気発生!て言うのは納得できますね。家も手を抜いているのが功を奏したのか、最近は病気がなくなりました( ̄ー ̄)ニヤリッ
[ 2006/04/20 00:07 ] [ 編集 ]
また寄らせていただきました。
水質に関しては、おっしゃるとおり実際の生息地と同じにしなくても充分対応できます。
でもやはり、ある程度は気を遣ってやる必要があるとは思います。以前から僕も思っていたのですが、議論としてpH値のみが先行している傾向があります。個人的な見解としてはブラックウオーターの魚は硬度を下げる方向で水質を調整すると良い結果が出る様です。その結果としてpHが下がることになります。
それから、日本の水道水の水質は均一ではありませんので、住んでいる地域によって魚の飼育難易度が変わります。僕の以前住んでいた地域では、取水場が異なるため、同じ市内でも西と東で難易度が違いました。さかなおやじさんの所の水道水はどうでしょうか?
以上僕の個人的な見解ですが、参考になればと思い書き込みました。
それから、うちのHPからリンクをはらせていただきたいのですが、よろしいでしょうか。下記URLです。
http://www2.neweb.ne.jp/wc/i-ueno/enter.html
よろしくお願いいたします。
[ 2006/04/20 17:59 ] [ 編集 ]
>ゼブラチョコグラが夏目ですか~
>養殖されているのでしょうかね。
-----

 今のところはほぼ確実に野性採集個体だと思いますよ。この手の魚をきちんと殖やしてきちんと販売するのはヨーロッパのアクアリストだけですね~。
[ 2006/04/20 21:43 ] [ 編集 ]
>家の近くでも売られてますね~それほどt閣内ですし。以前は○万円もしたなんて信じられません。
>自然環境を再現しすぎて病気発生!て言うのは納得できますね。家も手を抜いているのが功を奏したのか、最近は病気がなくなりました( ̄ー ̄)ニヤリッ
-----

 そうそう、手抜きが一番!(笑)。何故か不思議な物で、魚って一番大切にして腫れ物に触るように扱っている魚ほど調子悪くなりますからね~。ショーベタなんぞも、コンテストに出品しようと考えている個体ほどヒレ溶けますから(笑)
[ 2006/04/20 21:44 ] [ 編集 ]
>また寄らせていただきました。
>水質に関しては、おっしゃるとおり実際の生息地と同じにしなくても充分対応できます。
>でもやはり、ある程度は気を遣ってやる必要があるとは思います。以前から僕も思っていたのですが、議論としてpH値のみが先行している傾向があります。個人的な見解としてはブラックウオーターの魚は硬度を下げる方向で水質を調整すると良い結果が出る様です。その結果としてpHが下がることになります。
>それから、日本の水道水の水質は均一ではありませんので、住んでいる地域によって魚の飼育難易度が変わります。僕の以前住んでいた地域では、取水場が異なるため、同じ市内でも西と東で難易度が違いました。さかなおやじさんの所の水道水はどうでしょうか?
>以上僕の個人的な見解ですが、参考になればと思い書き込みました。
>それから、うちのHPからリンクをはらせていただきたいのですが、よろしいでしょうか。下記URLです。
http://www2.neweb.ne.jp/wc/i-ueno/enter.html
>よろしくお願いいたします。
-----

 私としては、pHや硬度よりもピートや枯葉などに含まれるフミンなどの腐食酸がポイントだと思ってます。pHや硬度にこだわる事は決して悪い事ではないと思いますが、それさえ現地と同じにすれば後のアンモニアとかリン酸とかアウトオブ眼中って言うのもなんだか・・・。上野さんもおっしゃるように我が国のアクアリストもいい加減もう少し総合的に水質とかを考えるようになって欲しいですね・・・って自分を含めてですが(苦笑)。ところで、リンクの方はぜひお願いいたします。こんなブログでよろしければですけど(笑)
[ 2006/04/20 21:49 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
早速リンクさせていただきました。

水質に関しては手軽に測れるのが、pH,硬度、導電率くらいですから、「自生地の水質を再現」といってもこの三つの測定値に関してですから、そのまま再現しているわけではありませんものね。
浸透圧が簡単に測れると面白いだろうなと思っています。腐植酸の影響はpH、硬度を下げ、浸透圧を上げる。この辺が薬剤やイオン交換、ROによる水質調整と違うところなのでしょう。
[ 2006/04/22 14:25 ] [ 編集 ]
水質のおはなし、すごく賛成です。
素人がへたに弄るくらいなら、中性で清涼な飼育水を…
ってなご主旨なんですよね、たぶん。

たとえばタンガニイカシクリッドのブリード個体などは
中性でいける場合がほとんどですし。
なんか適正な水質とやらの情報のせいで、
無駄に敬遠されてるサカナって多いかもですねえ。
巻貝シクリッドなんて、ほんと飼いやすいのに。
[ 2006/04/22 22:14 ] [ 編集 ]
>ありがとうございます。
>早速リンクさせていただきました。

>水質に関しては手軽に測れるのが、pH,硬度、導電率くらいですから、「自生地の水質を再現」といってもこの三つの測定値に関してですから、そのまま再現しているわけではありませんものね。
>浸透圧が簡単に測れると面白いだろうなと思っています。腐植酸の影響はpH、硬度を下げ、浸透圧を上げる。この辺が薬剤やイオン交換、ROによる水質調整と違うところなのでしょう。
-----

浸透圧ですか~。簡単に測定するのは難しいかもしれませんね。でも、水質はおっしゃるように様々な要素が複雑に絡み合ってますから、pHよ~し!イコール魚にとって良い水ではない事は確かですよね。
[ 2006/04/22 23:53 ] [ 編集 ]
>水質のおはなし、すごく賛成です。
>素人がへたに弄るくらいなら、中性で清涼な飼育水を…
>ってなご主旨なんですよね、たぶん。

>たとえばタンガニイカシクリッドのブリード個体などは
>中性でいける場合がほとんどですし。
>なんか適正な水質とやらの情報のせいで、
>無駄に敬遠されてるサカナって多いかもですねえ。
>巻貝シクリッドなんて、ほんと飼いやすいのに。
-----

 そう言えば最近、ネオランプロってあまり見かけなくなりましたね~。個人的にはオケラかブレビス辺りが好みでした。
[ 2006/04/22 23:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する