FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 熱帯魚 > アフィオセミオン・ガーブネンシー さかなおやじ老眼疑惑!

アフィオセミオン・ガーブネンシー さかなおやじ老眼疑惑!

 今日のアップは卵生メダカの一種、アフィオセミオン・ガーブネンシー(Aphyosemion gabunense)です。ほんとは学名を普通に読むとガブネンセなんですけど、我が国ではガーブネンシーという名前で親しまれているので、今回はそのまま表記しました。

 ガーブネンシーは西アフリカに生息する卵生メダカで、体長は3~4cmと言ったところでしょうか。淡いブルーの体色に赤いドットが整然と並び、各ヒレも鮮やかに縁取られた美麗種ですが、良く似たストリアタムという種類が更に派手な魚なので、そちらに人気を取られた感じです。卵生メダカは、その生息場所によって、たとえ同種であってもカラーリングが異なる事は前回、ガードネリィと言うアフィオセミオンをアップした時に紹介したとおりです。このガーブネンシーの場合は、それが単なる地域変異ではなく亜種として認められ、現在以下の3つの亜種が知られています。
ガーブネンシー・ガーブネンシー(A.gabunense gabunense)
ガーブネンシー・ボーミー(A.gabunense boehmi)
ガーブネンシー・マルギナタス(A.gabunense marginatus)

 今回紹介したのは、このうちのガーブネンシー・ボーミーと呼ばれる亜種で、尻ビレや尾ビレの下側が黄色く縁取られるのが特徴です。ちなみに、この部分が赤く縁取られるのがガーブネンシー・ガーブネンシー、体に並ぶスポットがブラウンで全体的に渋めなのがガーブネンシー・マルギナタスです。もっとも、元々は同種ですからこの3亜種は簡単に交雑する事が出来ますので入手したガーブネンシーがまじりっけなしの純血種かどうかは神のみぞ知るです(苦笑)。

Ap.ガーブネンシー・ボーミー03

 ガーブネンシーは飼育・繁殖共に簡単な卵生メダカで、彼らの飼育に必要なのは高すぎない水温(22~25℃)、中性から弱酸性の清浄な水、冷凍アカムシくらいなものです。サイズも小さくあまり泳ぎまわらない魚なので、30cm水槽で十分ペアを飼育する事が可能です。そして、この種類だけで単独飼育していれば繁殖も楽しめます。冒頭のような色鮮やかなオスと真ん中の画像のような、ゴボウのように垢抜けない(笑)メスをペアで収容しておけば嫌でも繁殖してしまいます。

Ap.ガーブネンシー・ボーミー01

 通常は、水草の根元などに大きな透明の卵を一つずつ産み付けていくのですが、採卵管理を容易にしたいのであれば、アカヒレの繁殖の時に紹介した毛糸のモップを利用します。ペアを導入した飼育水槽の中に入れた毛糸のモップを1週間ごとに取り出して調べると、上の写真のように産み付けられた卵を見つけることができると言うわけです。卵は、よほどグリグリしない限りは手で摘んでも大丈夫ですから、水上に毛糸のモップを取り出して採卵します。卵はコップなどに種親の飼育水槽の水を入れてその中に収容しておけば2週間前後で孵化します。この辺りは、我が国のメダカを繁殖させた事のある方ならば同じ要領で上手く行くはずです。

 ところで、昨日深夜にガーブネンシーの採卵をしていると何故か卵がぼやけて見えるのです。朝、妻に話したところ事も無げに「それは老眼よっ!」。オイオイッ!チョット待って下さいよ~(笑)。40代前半にして老眼??私がぶつぶつ言ってると、妻が追い討ちをかけるように「40過ぎりゃ、初老だからね~。老眼になっても全然不思議じゃないよ」。更に止めを刺すように、2人の子どもが「それだったらパパへのクリスマスプレゼント、老眼鏡にすればよかったね~♪」。

 ・・・もう何も言う事はありません。本人の自覚のないまま、すでに初老の域に到達していた、哀れなさかなおやじなのでした(苦笑)。
スポンサーサイト



[ 2005/12/27 00:00 ] 熱帯魚 | TB(0) | CM(9)
卵生めだか良いですね!
とっても綺麗です。
それだったらパパへのクリスマスプレゼント、老眼鏡にすればよかったね~♪>さかなおやじさんは何を貰ったんですか????
[ 2005/12/27 20:19 ] [ 編集 ]
卵生メダカなどは日本のとは全く似てないのになぜメダカと呼ばれるんですか?遠い親戚?それにしても綺麗です。
初老なんて言われた日にゃ・・・こうなったら急に若作りして帰るしかありませんよ!
[ 2005/12/27 22:55 ] [ 編集 ]
老眼きましたか~?
早い人だったら、40前後でくるらしいですよ。
でも、私は、まだ大丈夫!
老眼にならないようにするにはどうすれば良いんでしょうかねぇ?

カラフルなお魚さんですが、どちらに行けば売ってるんでしょうか?
最近、底ものばかりなので、ちょっとカラフルな子が欲しいのですが・・・。
[ 2005/12/28 12:58 ] [ 編集 ]
kenkou3200さん
> カラフルなお魚さんですが、どちらに行けば売ってるんでしょうか?

その手の人なので、代わりに返事を書いちゃいます。(^^;;; 仲間に引き込むいいチャンスだし(笑)。

結論から言うと、あまり売っていません。(^^;

店舗では豊アマや熱帯卵生メダカ研究所が有名です。
http://toyoama.jp/
http://www.ne.jp/asahi/medaka-ken/k.t/
通販でも買うことが出来ます。boehmiなら現在でも売っているようです。

もしくは、同好会に参加するという手もあります。日本だとKCJかJKFですね。
http://kcj.cside.com/
http://home.att.ne.jp/orange/jkf/index.htm
春や秋にコンペをやっていますので、部外者でも見に行くことが出来ますし、その後のオークションに参加することも出来ます。

何かあれば、そこの掲示板に相談してみてください。2chにも卵生メダカスレッドがありますけどね。(^^;
[ 2005/12/28 15:43 ] [ 編集 ]
>卵生めだか良いですね!
>とっても綺麗です。
>それだったらパパへのクリスマスプレゼント、老眼鏡にすればよかったね~♪>さかなおやじさんは何を貰ったんですか????
-----

 卵目綺麗ですよね!そうそう、ことしの家族からの私へのプレゼントは手編みのマフラーでした(笑)。でも、色と言い編み方と言い10台の若者向けのデザインなので、これをして外出するのには結構覚悟が必要です(苦笑)。
[ 2005/12/28 23:26 ] [ 編集 ]
>卵生メダカなどは日本のとは全く似てないのになぜメダカと呼ばれるんですか?遠い親戚?それにしても綺麗です。
>初老なんて言われた日にゃ・・・こうなったら急に若作りして帰るしかありませんよ!
-----

 実は我が国のメダカ(オリジアス属)と他の卵生メダカってあんまり近縁じゃないんですよ。これは、はじめに卵生メダカを日本語に訳した人間の明らかにミステイクだと思います(笑)
[ 2005/12/28 23:28 ] [ 編集 ]
>老眼きましたか~?
>早い人だったら、40前後でくるらしいですよ。
>でも、私は、まだ大丈夫!
>老眼にならないようにするにはどうすれば良いんでしょうかねぇ?

>カラフルなお魚さんですが、どちらに行けば売ってるんでしょうか?
>最近、底ものばかりなので、ちょっとカラフルな子が欲しいのですが・・・。
-----

 娘に言わせると老眼防ぎたければブルーベリーを貪り食えって事でした(笑)。それと、卵生メダカの入手方法は・・・って、下でわるとんさんが代わりにコメントしてくれちゃってますね~。ちなみに、今回の個体の数代前の個体は「熱帯卵生メダカ研究所産」です。今の時期だとチョット発送難しそうなんですが、もし春先の水ぬるむ時期でよろしければ「さかなおやじ産」の卵目差し上げますよ(笑)。卵の形で送れば、すごく楽ですしね。
[ 2005/12/28 23:33 ] [ 編集 ]
>kenkou3200さん
>> カラフルなお魚さんですが、どちらに行けば売ってるんでしょうか?

>その手の人なので、代わりに返事を書いちゃいます。(^^;;; 仲間に引き込むいいチャンスだし(笑)。

>結論から言うと、あまり売っていません。(^^;

>店舗では豊アマや熱帯卵生メダカ研究所が有名です。
http://toyoama.jp/
http://www.ne.jp/asahi/medaka-ken/k.t/
>通販でも買うことが出来ます。boehmiなら現在でも売っているようです。

>もしくは、同好会に参加するという手もあります。日本だとKCJかJKFですね。
http://kcj.cside.com/
http://home.att.ne.jp/orange/jkf/index.htm
>春や秋にコンペをやっていますので、部外者でも見に行くことが出来ますし、その後のオークションに参加することも出来ます。

>何かあれば、そこの掲示板に相談してみてください。2chにも卵生メダカスレッドがありますけどね。(^^;
-----

 おおっ、代わりにお返事していただいてありがとうございました~♪(笑)。我が家の卵目の多くは、健次郎さんの所から導入した物が種親になっている場合が多いですね~。あと、一時期都内の問屋にやたらと卵目入荷した時期があって、その時にコレクションしたものもいますね~。
[ 2005/12/28 23:36 ] [ 編集 ]
machimaさん、わるとんさん

こんばんは~♪

> おおっ、代わりにお返事していただいてありがとうございました~♪(笑)。我が家の卵目の多くは、健次郎さんの所から導入した物が種親になっている場合が多いですね~。あと、一時期都内の問屋にやたらと卵目入荷した時期があって、その時にコレクションしたものもいますね~。

へぇ~、そんなにいないお魚さんなんですか?
えっ、じゃぁ無茶苦茶マニアックなお魚さんって事なんですか?
ふ~ん、難しいのかなぁ~?
ちゃんと読んでなかった。難しくは無いのか?
machimaさんから頂くのは嬉しいのですが、水質管理が出来るかと言う難題がありますね。
☆にしちゃった日にゃ、悲しいし・・・。
冷凍赤虫は、冷凍庫に入れても大丈夫なんで良いのですが。
春先まで、考えておきます。
有難うございます。
[ 2005/12/29 00:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する