FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > プラカット > ベタ 昼の一品 2012/03/02

ベタ 昼の一品 2012/03/02

FC120302A.jpg
品種名:レッド・メタルドラゴン
カテゴリー:プラカット オス個体
カラーリング評価:★★★(優良)
フォルム評価:★★★(優良)
個体レア度:★(一般的)

 本来ウロコの中心部分に金属光沢のある輝点が存在する品種ドラゴン系の中で、輝点の割合がどんどん拡大しついにはボディのほとんどすべてを多い尽くす様になってしまった個体を、個人的にメタルドラゴンと呼んじゃってる訳ですが、今日の個体はレッド・メタルドラゴンです。

 レッド・メタルドラゴンには実は2タイプ存在します。一つは今日の画像の個体の様に、ボディのシルバーメタリックの下にはちゃんとレッドの発色が隠れている正真正銘のレッド・メタルドラゴン、そしてもう一方はボディのメタリックシルバーの下はベージュホワイト、つまりはカンボジアンがベースとなっている系統です。

 地色がベージュホワイトのカンボジアン系の方がシルバーの発色がより明るくプラチナのように見えると言う長所があるので、最近ではカンボジアン系の割合が増加している気がします。もっとも、多くの個体ではボディの地色の上にベッタリとメタリックな光沢が載っているので、両者の区別は困難です。ただ、尾柄部や頭部の背中部分では地色が覗いてる事が多く、例えば今日の個体では尾柄部にレッドの発色が認められますから、由緒正しき?レッド・メタルドラゴンである事がわかります。

 まぁ、別に地色が真紅かベージュホワイトかなんて事は、どっちみちその上に金属光沢ベッタリなんですから、ただ鑑賞するだけであればまったく気にする必要はありません。ただ、次世代をブリーディングした際にレッド・ドラゴンが出現するか、カンボジアンが出現するかと言う事です。ちなみに、この個体はカラーリング、フォルム共にプラカットとして文句の付けようのない優良なレベルだと思います。
スポンサーサイト



[ 2012/03/02 12:00 ] プラカット | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する