FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 飼育器具・用品 > スネールリッドvsお魚軍団!

スネールリッドvsお魚軍団!

 さて、前回スネールリッドが一応巻貝達に効果があることは明らかになりました。「なんちゃらカワニナ」は規定量(飼育水2リットルあたり1滴)でOK!「インドヒラマキガイ」は規定量の2倍の濃度で効果が現れました。一応、飼育水を全部綺麗な水に交換して、巻貝達が死んだフリ(笑)してないかどうか確かめましたが、本当にお亡くなりになったようです。

 一応、薬効が明らかになった以上次の実験・・・つまり貝類やエビなどの無脊椎動物以外の生物、要するに魚類に対する毒性を調べてみなくてはなりますまいて・・・。正直言ってすごく嫌な実験ですが、もし魚類にはあまり強い毒性を示さないようであれば、巻貝やヒドラなどの発生に悩んでいるアクアリスト達には救世主的な存在にもなりそうなので頑張って実験を続けましょう!

 今回、「スネールリッドの魚類に対する毒性」を調べるために用意したのが上の20cmキューブ水槽です。そして、実験に供される哀れなお魚さん達は「ボララス・ブリジッタエ」「アジアクリスタルキャット」の2種類です(涙)。彼らが選ばれてしまった表向きの理由は「なんとなくひ弱で、薬害にも敏感に反応しそうだから」と言う事ですが、実際には温室内を見回してパッと目に入ったからだと言う説も有力です(苦笑)
ボララス

 実際に銅イオンに対して敏感と思われるのはエレファントノーズでしょう。エレファントノーズをはじめとする「モルミルスの仲間」は銅イオンをはじめとする水中の重金属イオン濃度に非常に敏感だと言われています。でも、現在さかなおやじの温室には「大のお気に入りのイシドリィ種1尾」しかモルミルスがいないので、実験に供するわけにはいきません!

 それと、ブラックルビーをはじめとするプンティウス属の魚も銅イオン濃度に敏感だと聞いた事がありますが、確証はありません。いずれにせよ、水中の銅イオン濃度に対する耐性は生物ごとに異なるはずなので、今回の実験で「一応魚類には大丈夫そう!」と言う結論が導き出されたとしても、すべての魚に安全という保証はどこにも無い事は考慮する必要があります。
アジアクリスタルキャット

 目の前で、実験材料に供されたお魚さん達がもがき苦しんだりしたら嫌なので、水槽内に「スネールリッド」投下するのは消灯直前にします。私的な見解では、たぶん大丈夫だとは思うのですがそれでも朝になって実験水槽を除くのはチョット気が引けますね~。

 でも、「もし本当に効果があるようならば日本に輸入して販売してもいい!」などと勇気のある発言をしているメーカーもあるので、ここは一つ心を鬼にして実験に挑みたいと思います。
スポンサーサイト



[ 2005/11/14 00:00 ] 飼育器具・用品 | TB(0) | CM(14)
ちょっとお魚がかわいそうな気もしますが、
とっても気になるお薬ですね。
出来れば、ナマズ系も検証をお願いしたいと
都合のよいことを思ったりしている柊です。
[ 2005/11/14 21:14 ] [ 編集 ]
そうですコリ、プレコ、アピストなんかが知りたいな(笑
飼いたい魚ベストスリーでした♪

クリスタルキャットはナマズ?
[ 2005/11/14 21:41 ] [ 編集 ]
アジアクリスタルキャットでナマズ類を代表してくださったのだと思いますが、
私もコリドラスやオトシン、プレコあたりでも検証して貰いたいですね。(^^;)
さすがに古代魚で・・・とは言いませんが。(笑
あ、ローチ類もだなぁ。
[ 2005/11/14 22:10 ] [ 編集 ]
インド平巻貝には規定量の2倍・・・2倍と言うところが怖いです。規定量なら耐えられても、それ以上になると自分では実験できないな~
明日の朝がすごく心配です。でも、すごく楽しみでもあります( ̄ー ̄)ニヤリッ
[ 2005/11/14 22:12 ] [ 編集 ]
なんとかお魚達には生き延びて頂きたいですね∈(゚◎゚)∋
どうなるんでしょうか?
[ 2005/11/14 22:36 ] [ 編集 ]
ああっ!ついに温室の仲間が・・・
目が合ってしまったのですね(笑)
生き延びていることを願います・・・
勇気あるメーカーは某水作さん、ではないですね(笑)
あちらもチェックしてますよ~~!
何か質問しちゃおうかな。(疑問は山ほどあるので。苦笑)
[ 2005/11/14 23:09 ] [ 編集 ]
ついにお魚さんで実験ですか。
何か可哀想な気もする。
でもここは、心を鬼にして、頑張って下さい!
[ 2005/11/14 23:17 ] [ 編集 ]
>ちょっとお魚がかわいそうな気もしますが、
>とっても気になるお薬ですね。
>出来れば、ナマズ系も検証をお願いしたいと
>都合のよいことを思ったりしている柊です。
-----

 一応クリスタルキャットでナマズ系を代表させようと思ったんですけど・・・。でも、ナマズのような底棲魚って例外なく薬に弱いですからね~。プレコやコリドラスなんかほんと危険だと思います。
[ 2005/11/16 21:49 ] [ 編集 ]
>そうですコリ、プレコ、アピストなんかが知りたいな(笑
>飼いたい魚ベストスリーでした♪
>クリスタルキャットはナマズ?
-----

 うーん、アピストはおそらく大丈夫だと思います。他の2種もたぶん?大丈夫!かな??(笑)
[ 2005/11/16 21:50 ] [ 編集 ]
>アジアクリスタルキャットでナマズ類を代表してくださったのだと思いますが、
>私もコリドラスやオトシン、プレコあたりでも検証して貰いたいですね。(^^;)
>さすがに古代魚で・・・とは言いませんが。(笑
>あ、ローチ類もだなぁ。
-----
 想像通り、皆さんの興味はスネールリッドvs底モノみたいですね(笑)。もっとも危険な組み合わせですけどね。
[ 2005/11/16 21:51 ] [ 編集 ]
>インド平巻貝には規定量の2倍・・・2倍と言うところが怖いです。規定量なら耐えられても、それ以上になると自分では実験できないな~
>明日の朝がすごく心配です。でも、すごく楽しみでもあります( ̄ー ̄)ニヤリッ
-----

 でもでも、誰かがチャレンジしないと・・・ネッ?(笑)。あまり楽しい作業ではない事は確かなんですけど。
[ 2005/11/16 21:52 ] [ 編集 ]
>なんとかお魚達には生き延びて頂きたいですね∈(゚◎゚)∋
>どうなるんでしょうか?
-----

 理論上は大丈夫!・・・なはずです(苦笑)。理論上はね・・・
[ 2005/11/16 21:53 ] [ 編集 ]
>ああっ!ついに温室の仲間が・・・
>目が合ってしまったのですね(笑)
>生き延びていることを願います・・・
>勇気あるメーカーは某水作さん、ではないですね(笑)
-----

 残念ながら勇気あると言うか蛮勇?(笑)メーカーは某水作ではありません。やっぱり、それなりにメジャーなメーカーはこのような即トラブルにつながるような商品出してくれないでしょうね~。でも、だから最近の商品ってどのメーカーのもの見ても似たり寄ったりで全然面白くないんですよね(笑)。たまには、使用者の度肝を抜くような珍商品発売して欲しいもんです。
[ 2005/11/16 21:56 ] [ 編集 ]
>ついにお魚さんで実験ですか。
>何か可哀想な気もする。
>でもここは、心を鬼にして、頑張って下さい!
-----

 ほんと、実験台にされた魚は哀れなもんです。でも、大丈夫だと思います・・・と言うよりは、大丈夫でした!(笑)
[ 2005/11/16 21:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する