FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > その他 > マーケットは御禁制の品オンパレード!

マーケットは御禁制の品オンパレード!

 さて、シオマネキ数種をゲットして気力回復したさかなおやじは、ワシワシとマーケットの奥を目指して歩きます。虫屋のダメージはもうすっかり回復しました(笑)。それにしても、ウィークエンドマーケットは生き物好きにはこたえられない場所です。例えば、一番上の写真は「リス屋」です。つまり、ありとあらゆるリスを揃えてある訳で、さかなおやじが判るだけでもシマリス・ミケリス・ツパイ・フクロモモンガ、それ以外にも数種類のリスやその近縁種がいます。バンコクではなんだかリスの人気が高いのか、リス屋は何件もありましたね~。ほとんどの店が生まれて間もない仔リスを扱っている事から、どこかで養殖しているのではないでしょうか?さかなおやじの個人的な好みではフクロモモンガの子供が可愛くて可愛くて・・・30秒間くらい、フクロモモンガの子供と目を合わせたまま凝視しちゃいました(苦笑)日本で買えば結構高いんですけど、こちらでは店にいる奴全部くれ~!と言ってもぜんぜん大丈夫な値段でした。
インコ屋

 トリ屋も充実しています。インコを専門に扱う店から、得体の知れない野鳥専門店、鶏の品種がずらっと並ぶ店、闘鶏用のシャモを扱う店などそれぞれ個性豊かな店ばかりです。ちなみに、写真のアケボノインコ(だと思うんですけど・・・)で1羽3000円位でした。パロット倶楽部の面々なんかがここに行ったらそれこそ狂喜乱舞すること間違い無しの品揃えです。

 下の写真は、カメ屋で売っていたホシガメ!直径5cmに満たない幼カメなんてすごく可愛いもんです!このほかにも、ニシキヘビやらドクトカゲやらおサルさんだっています(笑)みんな驚くほど安いのでついついゲットしてしまいがちなのですが・・・

 残念ながら多くの動物は日本に持ち帰ることが出来ません。タイ国内で飼育する分には何の問題もないのですが、我が国ではサイテスで引っかかるため、空港で没収という事になります。私の知っているアホウはダウンジャケットの羽毛を取り出して、その部分にホシガメ詰めて自分で着用し日本持込を図りましたが、あえなく御用となりました。他にも、自分の背中に麻酔を掛けたオラウータンを貼り付けて、その上からジャケットを着用して輸入を図った、たわけたショップのおやじもいたそうです。もちろん、彼らの行為は許されないものですが一番の問題は「彼らがそんな事を企てる理由=国内需要があるから」という事なんですよね。サイテスに記載されると、その動物の販売価格が急上昇すると言うのですから、我が国の「腐れマニア」にも本当に困った物です。
ホシガメ屋

 そんな訳で「欲しいけど買えない動物たち」を横目に見ながら、さかなおやじはベタ屋が集まっている一角を目指してひたすら歩み続けます。

 そうそう、そう言えば1件のリス屋で面白い光景を見ました。そこは写真のような露店ではなく、きちんと店を構えている小動物屋だったのですが、どうした事か店の中でリスたちがいっせいに逃げ出してしまったようなのです。ガラス張りの店の中を数百匹のリスたちが疾走してそれは素晴しい眺めでした(笑)。店主は店の外にいてひたすら奇声を上げて嘆くばかり。そして、時々意を決したように店の扉を開けるのですが、その度に数十匹ノリスたちが逃走し、マーケットの人ごみの中に消えていきます。そうすると周りの野次馬たちがいっせいに歓声を上げて拍手します!(笑)。かく言う私も、野次馬に加わって十分ほど見物してました。タイ人の通訳によれば野次馬たちはリスが逃げるたびに「自然に帰って、もう二度とつかまるなよ~♪」見たいな事を言っているそうです。さすが仏教国タイだけあって、現地の人達もみんな優しいんですよね~・・・って、店の主人にしてみればなんて冷たいやつらだって事になるんでしょうかね(笑)
スポンサーサイト



[ 2005/09/15 00:00 ] その他 | TB(0) | CM(6)
びゃははは (≧ω≦)b楽しそうだ~!ぜひとも行ってみたい!リス屋の主人には同情しちゃいますがその場にいたら爆笑しちゃうでしょうね(⌒∇⌒)
密輸はなくならないんですね~密放流もニュースになっちゃってますしね。こんなことしてたら犬や猫しか飼えなくなっちゃう日がくるかも・・・
[ 2005/09/15 17:18 ] [ 編集 ]
リス屋の店主の方大変です。
日本では、見かけませんね~。

あちらでは、すべて捕獲したのを売ってるんでしょうかね?
何か凄すぎます。人間に捕まって、反乱起こしちゃったんですね。可哀想!
[ 2005/09/15 23:53 ] [ 編集 ]
>密輸はなくならないんですね~密放流もニュースになっちゃってますしね。こんなことしてたら犬や猫しか飼えなくなっちゃう日がくるかも・・・
-----

 密輸とかがばれちゃった時の罰則が軽すぎるんですよね~この国は・・・ほとんどの場合、持ち込んだ御禁制の動物没収されて終わりですから(苦笑)。だから、運び屋は懲りずに何度でもやるんですよね。
[ 2005/09/16 09:18 ] [ 編集 ]
>あちらでは、すべて捕獲したのを売ってるんでしょうかね?
>何か凄すぎます。人間に捕まって、反乱起こしちゃったんですね。可哀想!
-----

 売っているものにかなりの数の幼獣が含まれていることやフクロモモンガみたいに本来東南アジアに生息していない動物も扱っている事を考えると、どこかで養殖してるんじゃないでしょうか?と言うより、そう考えたいですね~。
[ 2005/09/16 09:20 ] [ 編集 ]
ご禁制多いでしょうね~ペットショップとか、ネットでも珍しいのたくさんいますもんね。需要があるから密輸入も減らないけど、飼ってみたい気持ちも分かるような気がします。
ベタは連れて帰るの問題ないんですね。買い付け行って連れて帰るとかになったら、私だったら挙動不審で停められそう。
[ 2005/09/16 21:06 ] [ 編集 ]
>ベタは連れて帰るの問題ないんですね。買い付け行って連れて帰るとかになったら、私だったら挙動不審で停められそう。
-----

 今のところ魚はアロワナなど一部の種類を除いてOKですね。ただ、航空会社によっては、水の入った容器の運搬を拒否する会社があり、そのような会社では魚を入れたビニール袋は、搭載を拒否されてしまいます。
[ 2005/09/20 21:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する