FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 熱帯魚 > まさに光の矢の如し!

まさに光の矢の如し!

 今日のアップはスリーラインペンシル(Nannostomus trifasciatus)です。学名からトリファペンシルとも呼ばれるこのカラシンは、10種前後が知られるペンシルフィッシュの仲間の中でも最も美しい種である事に異議を唱える人はあまりいないのではないでしょうか?その金色に光り輝くシャープな体形は、まさに光の矢の如く見えます。

 アマゾン河中~上流域に棲息する体長4cm前後の小型カラシンで、ペンシルフィッシュの中では以前紹介したベクフォルディについで普及しています。非常に美しいこのペンシルをゲットする際には一つだけ注意点があります。体を走るブラックラインの下の方がずいぶんと太くなっていたら要注意です!それは、非常に良く似た外見を持つエリスルルス種(Nannostomus erythururus)の可能性があります。確かによく似たこの2種ですが、色彩の鮮やかさではスリーラインの方がはるかに勝ります。したがって、間違えてエリスルルスをゲットしないように!(笑)

 他のペンシルフィッシュ同様飼育は容易で、餌も何でもよく食べてくれます。ただ、水質の悪化には敏感で悪環境下では病気になりやすい傾向が見られます。性格は、他の魚に対しては温和です。ただ、何故だか同種間ではかなり激しくバトルを繰り広げます。その気性の荒さは、アークレッドペンシルと並びペンシル随一と言えるほど。したがって、スリーラインペンシルを飼育する際は、水草などで追いかけられた個体が逃げ込む場所を確保してやるか、それとも互いに縄張り意識を持てない位の数を収容するかした方が無難でしょう。

トリファペンシル01

 それと、スリーラインペンシルは飼育が容易にもかかわらず、繁殖は超難物です!ペンシルの中で一番難しいのはもちろん、カラシンの中でも有数の難易度なのではないでしょうか?状態よく飼育していれば、オスメスの区別も容易です。しかし、産卵水槽をセットしてもまず産卵までは行きません。まるで日本人2005さんの所のマスタードGの様でもあります(笑)。さかなおやじのところでも、大型水槽に収容していたらいつの間にか稚魚が泳ぎだしていた時以外に、繁殖させた覚えがありません。

 そんなスリーラインペンシルなので、ショップで販売されている個体はすべて採集物です。そして、その中にごく稀にバクテリアの寄生により体がゴールデンに輝く個体を見かける事があります。しかし、ゴールデンタイプの収集家からは珍重されていますが、個人的にはノーマルの方が数段美しいかと・・・

 それと、ベレンから輸入されてくるスリーラインペンシルは地域変異なのか、体のブラックラインの間にレッドラインが走ると言う大変ゴージャスなカラーリングの持ち主ですが、残念な事に最近はさっぱりその姿を見かけなくなってしまいました。

 それともう一つ!スリーラインに限らずペンシルの仲間は夜に暗闇の中で体色が変化するものが多いのを御存知でしょうか?夜間に、急に蛍光灯のスイッチを入れたりすると観察する事が出来ます。さて、スリーラインの寝巻き?はどんな模様なのでしょうか?(笑)。ぜひとも御自分で飼育されて御確認ください!と言いたいところですが、それではあんまりなので(笑)今日の夜にでも彼らの寝込みを襲って、寝ぼけた姿を撮影し明日にでもアップしときましょう。乞う御期待!!
スポンサーサイト



[ 2005/09/03 00:00 ] 熱帯魚 | TB(0) | CM(9)
ペンシルフィッシュは最高ですね!ナノストムス・エスペイはかなりお気に入りです。
うちの90cm水草水槽のタンクメイトにと前から考えているのですが、気性が荒いという事で躊躇してます。。以前アークレッドを入れた際に他の魚の鰭をボロボロにされてかなり凹みました。
トリファが同種間のみで他の魚に悪さをしないならば、是非飼育してみたいです。
[ 2005/09/03 20:56 ] [ 編集 ]
たしかにこいつは綺麗ですね。なぜ繁殖が難しいんですか?争うから?

>産卵水槽をセットしてもまず産卵までは行きません。まるで日本人2005さんの所のマスタードGの様でもあります(笑)。
 はい!なかなか産卵しなかったMG飼ってる日本人2005です!なんと今日産卵しました!(⌒∇⌒)
でも泡巣に1つも無いんですよ。産んだ傍から食べたみたいです。オスのお腹がぷっくりしてました。ダメだこりゃ・・・
さかなおやじさん、それではよろしくお願いします。こうなったらタイ産のベタに賭けるしかありません!
[ 2005/09/03 22:26 ] [ 編集 ]
名前は知っているお魚でしたが・・・綺麗ですね~!!
ゴージャスなアカヒレ(笑)みたいです(*^^)

ホントにメダカの稚魚を見たときにはどうしようかとおもいましたが、すつごくハッピーな気分でした♪

設置したてのプランターで卵が孵化したのですから、このままきっと…願わずにいられません。
親メダカの居ない方は放置で、親メダカの居るほうの稚魚(1匹しかみつけられませんでした)は移動させてみる予定です^ ^

稚魚だけプランターは1ミリあるかないかの巻貝たちもワラワラ居るんですよ(笑)
これからどんな風になっていくのか楽しみで仕方が無いです♪
[ 2005/09/04 09:31 ] [ 編集 ]
この美しさを確保してあげられるだけの能力ないなと思います。バクテリアの状態を良くしてあげて写真をきれいに撮るのは大変だもの。
すごいなと思ってしまいます。
ここのところ、頂いたさかなさんたちの状態が悪いのも、お父さんの手を離れてしまったために、なのだろうと反省これしきりです。
グッピーの次はまずアカヒレと昨年からずっとやってきて、何匹荼毘に服させていただいてしまったことか。あああ。。。ですね。
こんな難しい魚は、気が遠いほどだろうなと、、、。
ところで、オレンジシグリットとかいうのをご存知ですか?イエローもあるのですが、手に余った人が家に持って来ました。気が強そうで、気が付くと脅しあっているそうです。
家に来て持ってきた人が帰るまでに2匹も死んでいました。まだ5匹いますが、特別な知恵ってないですよね。砂は珊瑚。餌は結構選ばないとか。本当かな。ならなんで、買って来てから毎日死ぬんだろう。
私にはわかりません。で、海水魚でもないとなると、さらに不安。教えてくれたらありがたいのですが、、、その前にみんな死ぬかも。。。
[ 2005/09/04 10:28 ] [ 編集 ]
>うちの90cm水草水槽のタンクメイトにと前から考えているのですが、気性が荒いという事で躊躇してます。。以前アークレッドを入れた際に他の魚の鰭をボロボロにされてかなり凹みました。
>トリファが同種間のみで他の魚に悪さをしないならば、是非飼育してみたいです。
-----

 少なくとも私の家では、同種間だけに闘争は限定しているようですね。その点、見境のない?アークレッドよりは紳士的かも(笑)
[ 2005/09/04 13:21 ] [ 編集 ]
>たしかにこいつは綺麗ですね。なぜ繁殖が難しいんですか?争うから?
-----

 よく判らないんですよね~。でも、他の人のところでもスリーラインを狙って繁殖させたと言う話は聞いたことがありません。飼育が容易という所が余計に謎を呼びます・・・ほんとに不思議です。
[ 2005/09/04 13:22 ] [ 編集 ]
>ホントにメダカの稚魚を見たときにはどうしようかとおもいましたが、すつごくハッピーな気分でした♪

>設置したてのプランターで卵が孵化したのですから、このままきっと…願わずにいられません。
>親メダカの居ない方は放置で、親メダカの居るほうの稚魚(1匹しかみつけられませんでした)は移動させてみる予定です^ ^

>稚魚だけプランターは1ミリあるかないかの巻貝たちもワラワラ居るんですよ(笑)
>これからどんな風になっていくのか楽しみで仕方が無いです♪
-----

 これから秋風が吹くようになって、水温が下がってくればもっと沢山産卵してくれるようになりますよ。でも、メダカの産卵行動って日照時間と密接な関係がありますから、屋外で飼育している場合はある時点でぱったり産卵しなくなっちゃいます。
[ 2005/09/04 13:24 ] [ 編集 ]
>ところで、オレンジシグリットとかいうのをご存知ですか?イエローもあるのですが、手に余った人が家に持って来ました。気が強そうで、気が付くと脅しあっているそうです。
>家に来て持ってきた人が帰るまでに2匹も死んでいました。まだ5匹いますが、特別な知恵ってないですよね。砂は珊瑚。餌は結構選ばないとか。本当かな。ならなんで、買って来てから毎日死ぬんだろう。
>私にはわかりません。で、海水魚でもないとなると、さらに不安。教えてくれたらありがたいのですが、、、その前にみんな死ぬかも。。。
-----

 実物を見ないとなんとも言えませんが、ゼブラダニオの仲間にオレンジグリッターダニオって言うのがいます。オレンジ系の体に垂直方向に扁平な暗色の点が並ぶ奴ですが、それのことでしょうか?その魚ならば、水質にもうるさくないし飼育は容易です。餌も何でもよく食べますが、サンゴ砂は水質をアルカリ性に傾けるので使用する場合は水換えをサボらないようにした方がいいですね。
[ 2005/09/04 13:28 ] [ 編集 ]
machimaさん
>>ところで、オレンジシグリットとかいうのをご存知ですか?イエローもあるのですが、手に余った人が家に持って来ました。気が強そうで、気が付くと脅しあっているそうです。
>>家に来て持ってきた人が帰るまでに2匹も死んでいました。まだ5匹いますが、特別な知恵ってないですよね。砂は珊瑚。餌は結構選ばないとか。本当かな。ならなんで、買って来てから毎日死ぬんだろう。
>>私にはわかりません。で、海水魚でもないとなると、さらに不安。教えてくれたらありがたいのですが、、、その前にみんな死ぬかも。。。
>-----

> 実物を見ないとなんとも言えませんが、ゼブラダニオの仲間にオレンジグリッターダニオって言うのがいます。オレンジ系の体に垂直方向に扁平な暗色の点が並ぶ奴ですが、それのことでしょうか?その魚ならば、水質にもうるさくないし飼育は容易です。餌も何でもよく食べますが、サンゴ砂は水質をアルカリ性に傾けるので使用する場合は水換えをサボらないようにした方がいいですね。
-----
いえ、黄色いのには点はちょっとありましたが、かなりかな。オレンジにはなかったような。むしろ白い点が。白点病かと最初は思ったものでした。

ところで、ゼブラを省略することはありますか???
[ 2005/09/06 10:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する