FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > プラカット > ベタ今日の逸品 2013/03/12

ベタ今日の逸品 2013/03/12


品種名:トリカラー・マーブル(コイ・マーブル)
カテゴリー:プラカット
カラーリング評価:★★★(優良)
フォルム評価:★★(普通)
個体レア度:★(一般的)

昔から、ベタの好みが人様と大きくかけ離れている事は自分でもよく判っていた事なんですが、ここに来てその傾向がより顕著になって気がします。要するに、私が「イチオシッ!」って密かに思っている個体はまず売れ残ると言う、従来からのジンクスが、最近冗談抜きでさらなる飛翔を遂げてしまったようです。もう、正直言って世の中のベタ愛好家の皆様がどのようなタイプの個体を求めているのかサッパリ・・・(涙)。これから何回かは、そんな悪い意味で私の期待を「思い切りはずしてくれたベタ」達を紹介しうる事にします(苦笑)。

 まず、一番手は「コイ・マーブル」です。カラーリングが我が国の錦鯉に似ている事から付けられたネーミングで、いわゆる「三色」や「紅白」と呼ばれる錦鯉の品種のイメージです。自他共に認める「大のマーブルフリーク」である私は、当然の事ながらつい最近に登場してきたこの品種は大注目でした。でも、内心「なんといってもマーブルは一般受けしないし、あまり評価されないで市場から姿を消しちゃうんだろうなぁ」と言う予想を立てていたのですが、ところがドッコイ!瞬く間に、我が国での人気が高まり、いまやプラカット一の人気品種になった気さえします。少し前までは、バンコクのブリーダー達も「売り手市場」にやたらと強気でビックリするほどの高値を付けて販売していましたが、今ではほとんど他の品種と代わらないレベルにまでなってきたブリーダーもちらほら・・・

 私の「売れない予想」は、市場での高値も原因の一つでした。マーブルは「コイ」に限らず、成長の過程で驚くほどカラーリングが変貌するのが特徴です。大枚「諭吉君」をはたいて入手したコイ・マーブルが1ヶ月もしないうちに、前々別の外見に変貌しちゃったら・・・しかも悪い方に。あまり、マーブルの特質をご存じない方は「こりゃ詐欺だ」って思いかねませんから。でも、販売価格が落ち着いてきた現状ならば、この品種の存続はありなんでしょう。



スポンサーサイト



[ 2015/03/12 12:00 ] プラカット | TB(0) | CM(2)
私はマーブルのアッと驚く変化が大好きです。
コイカラーも透明感があって凄く綺麗だと思いますが、さすがに今は手が出せません。

せっかく錦鯉のようなカラーが売りなのに、その綺麗さが一瞬だと考えると…
何だか悲しくなりそうなので、他のプラカット並の値段になったら考えます♪

ブログしょっちゅうのぞきに来てますので、また次の更新を楽しみにしてます。

[ 2015/03/12 18:09 ] [ 編集 ]
 バンコクでは既にコイ・マーブルの大量生産化がすすんでいますので、さほど遠くない将来価格は落ち着いたものになると思います。また、プラカットだけでなくショーベタやジャイアント、クラウンにもコイ・マーブルのタイプが出始めていますから、今後が楽しみです。
[ 2015/03/15 10:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する