FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > ショーベタ > ベタ 今日の逸品 2012/11/20

ベタ 今日の逸品 2012/11/20


品種名:ソリッド・イエロー
カテゴリー:ショーベタ
カラーリング評価:★★★(優良)
フォルム評価:★★(普通)
個体レア度:★(一般的)

 前回の記事で「ろくな個体がいない」と酷評されたのが今日登場のソリッド・イエロー。ソリッド(単色)としては比較的古典的な品種にもかかわらず、どういう訳かその平均的クオリティは決して高いものではありません。ただ、パステルイエローやゴールド、またそのマルチカラーやバタフライに関しては結構いい個体も見受けられることから、イエロー系の良個体の作出が難しい訳ではなく、ソリッド・イエローに問題があるのでしょう。

 イエローの発色はベタの何層かに分かれている色素が並ぶ層の最下層に位置すると言われています。と言う事は、イエローに見えると言う事は、その上層部分に他の色素胞が存在しないと言う事になると考えられ、その辺りがソリッド・イエローの難しさに繋がっているんじゃないでしょうか。つまり、ピュアイエローの発色にこだわるのであれば他のカラーとの交配はご法度な訳で、どうしてもフォルムの改良が他のソリッド系に比べて難しいんでしょう。まぁ、その分イエロー同士交配しておけばその子供世代は原則論としてはすべてイエローになってくれるんですけどね。

 改めて今日の個体も見てみると、ヒレの付け根部分に若干のイリデセンスが認められるとは言え、ピュアイエローの発色はなかなかのレベルだと思います。下手するとベージュイエローの発色になりがちなソリッド・イエローとしては見事な発色です。ただ、本当に黄色素胞だけしか存在しないとベージュがかったイエローの発色なんじゃないかと言う気もしますので、もしかするとこの個体の体には赤色素胞とか他の色素胞が存在する事による鮮やかな発色なのかもしれません。

 貧弱なフォルムの個体が多いソリッド・イエローとしてはなかなか骨太でがっしりとした見事なボディの持ち主です。ヒレの開きも、まぁ何とか合格点でしょうか。ただ、背ビレの上縁が巻き込むようになっているのが少々残念です。遺伝形質なのか、成長過程の環境に問題があるのか定かではありませんが、バンコクのショーベタには結構この様な個体が見受けられます。コンテストに出品するのであればともかく、鑑賞目的ならば程度によりますが特に問題はないでしょうが、できればすっきりと伸長した背ビレの方が気持ちがいいのは事実です。
スポンサーサイト



[ 2012/11/20 12:16 ] ショーベタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する