FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > ショーベタ > ベタ 夜の逸品 2012/05/21

ベタ 夜の逸品 2012/05/21

FC120518B.jpg
品種名:トリカラー・バタフライ
カテゴリー:ショーベタ オス個体
カラーリング評価:★★(普通)
フォルム評価:★★★(優良)
個体レア度:★★(やや希少)

 赤・青・白の一般的なトリカラー・バタフライなんですが、各色の発色が強烈過ぎて、なんだかちょっとウルサイ感じを受けてしまいます。まぁ、インパクトの強い個体が好みの方ならば、ドンピシャのど真ん中ストライクかも知れませけども。何てったって、「印象派の絵画」が好きな私なものですから(笑)。

 ヒレに入ったブルーのカスリ模様や、頭部の赤の発色を見ると、もしするとマーブルの血が入っているのかもしれません。好き嫌いの分かれるカラーリングに比べて、フォルムに関しては申し分ございません。まだ生後3ヶ月程度のヒレの伸長しきっていない若魚ですが、すでに誰が見ても判る「オーバーハーフムーン」の尾開きをはじめ、今後育成するのが楽しみになる要素一杯の逸品です。

 ショーベタを購入する際に「ヒレの十分伸びた成魚サイズ」を希望する方も少なくありませんが、個人的な見解としては、今日の画像程度の若魚をゲットした方が、この後長く楽しむ事が出来ますから絶対お勧めです。以前、「そんなこと言ってるけど、実はバンコクで仕入れる際に若魚のほうが安く仕入れられるからそっちを進めてるんだろ」って言うお客様がいらっしゃいました。でも、それは考えすぎってもんです(笑)。めんどくさい事の嫌いなタイ人は、基本的に「ベタのサイズやカラーリング、フォルム」なんかで販売価格変えないのが普通です。つまり、たくさんのベタの中から「同一価格」でお好みのベタをチョイスし放題って訳です。唯一の例外は、「プラカットのマーブル系」で、こいつはなぜかクオリティで値段が大幅に変動します。
スポンサーサイト



[ 2012/05/21 21:00 ] ショーベタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する