FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > ショーベタ > ベタ 夜の逸品 2012/04/25

ベタ 夜の逸品 2012/04/25

FC120425B.jpg
品種名:ブラック・バタフライ
カテゴリー:ショーベタ オス個体
カラーリング評価:★★(普通)
フォルム評価:★★★(優良)
個体レア度:★★★(希少)

 全身がメラノブラックで、ヒレ先がクリアに抜けた個体です。本来、バタフライとは「ヒレ先が白く縁取られた個体」を指す用語なのですが、今日の個体のような場合も「広義の意味でのバタフライ」とされています。もちろん、ブラック&ホワイトの方がより観賞価値も高いのでしょうが、どう言う訳かブラック&ホワイト・バタフライと言うのはまったくと言ってよいほど見かける事がありません。極稀に見かける個体もマーブル系の個体であり、純粋な意味でのバタフライではありません。どうも、ブラック&ホワイトという組み合わせはベタにとってはあまり相性が良くない様です。

 ただクリアフィンのブラック・バタフライにも長所があります。元々メラノブラックと言う系統は致死遺伝の為ブラック同士でのペアリングが出来ません。その為、メスにスチールブルーやイエローなどイリデセンス(ボデイの金属光沢)のない系統を用いて交配を行います。従って、どうしても次世代で純粋なピュアブラックではなく、他の色が混入した個体が生じてしまうので、「メラノブラックは品種として永久に完成しない」と言われている所以です。この、メラノブラックの短所が、ブラック・バタフライでは結構クリアされている個体が多いのです。つまり、ボデイのブラックがかなりピュアに近くなっていると言う訳です。

 不勉強にも、私はブラック・バタフライ同士の交配が致死遺伝なのかどうかは知りませんが・・・って言うよりブラック・バタフライのメスを入手した事がないので実験しようがないのですが、もしかするとメラノブラックと違い、同品種同士での交配が可能なのかもしれません。
スポンサーサイト



[ 2012/04/25 21:00 ] ショーベタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する