FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 逸品堂通信 > ダメと思われた新人ベタブリーダー!それなりに頑張ってました

ダメと思われた新人ベタブリーダー!それなりに頑張ってました

 しばらく前の記事で、バンコクのいかにも気弱そうな新人ベタブリーダーを話をしましたが、今回のバンコク入りでも再会する事が出来ました。前の記事で述べたように、魚を造る技術は申し分ないものの、気弱な性格と日本人受けしにくいと思われる彼の体色へのこだわりから「おそらくダメだろうなぁ~」って書いたんですが、今の所結構頑張ってるみたいでした。

 前回彼と出会ったベタショップに顔を出すと、店の主人が「前回会った気弱君の事憶えてる?奴はいま、この近くのショップに独自のコーナーを開いているから、良ければ後で立ち寄ってやってあげてくれないか?」と言われたので、そのショップに立ち寄ってみる事にしました。

 「独自のコーナー」って言うのは、まだ一人で店を構えるほど財力がない者が、他の人に店の一部を家賃を払い間借りして営業する物で、バンコクの市場では結構よくあるパターンです。それにしても、この情報をくれたベタ屋のオヤジは本当にいい奴ですね~。前回は気弱君を頼まれもしないのに自分の店の敷地内で紹介してましたし、今回も・・・もしかしておホモダチ??ッて疑いたくもなったりして(笑)。それにしては、何でオヤジの店でスペース借りしないのかよく判らないんですけどね。

 気弱君の「独自コーナー」は市場のペットエリアのハズレの本当に目立たない所にありました。まぁ、普通に考えればタイ人以外の客は余りここまで入り込んでこないんじゃないか?と思われるような場所ですが、場所代考えるとまずはここからスタートって事なんでしょう。
ただ、「ザリガニ屋」に間借りって言うのは、客層がちょっと違いすぎるんじゃないでしょうか??

 気弱君はもちろん私の事を憶えていてくれて大歓迎してくれました。その時仕入れた個体の中の1個体が今日の画像のプラカットですが、まぁ、少しは日本人好みに近づきつつあるものの、パステル系って言うのはどちらかって言うとマイナー路線なんだけどなぁ~。しかも、やっぱり体色にイエロー入れてるし(笑)。こりゃ、完全に彼の一貫したポリシーなんでしょうね。少々気弱なくせに、意外と頑固一徹な所もある気弱君ですが、実に爽やかで感じの良い青年なので、これからもバンコク入りしたらほんの少しだけですけど彼のところでベタを仕入れてあげて陰ながらって言うか草葉の影から(苦笑)彼の今後を見守ってやりたいと思います。

 ・・・でもなっ!一つだけ忠告しておくと店の中に2,3日分の食べ残しの残飯放置しておくのだけはヤメロ!!信じられないほどデッケエごきぶりが皆さん仲良く食事なさっておられるではないかぁ~っ!
スポンサーサイト



[ 2011/08/07 00:00 ] 逸品堂通信 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する