FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > その他 > よしっ!バンコクの市場に突撃だぁ~!! vol.03

よしっ!バンコクの市場に突撃だぁ~!! vol.03

 それじゃあ、実際にバンコクの市場に突撃してみましょう!ちなみに、皆さんはどんなジャンルのお店を覗いてみたいでしょうか?女性の方であれば、洋服やアクセサリーとか言う答えが返ってきそうな気もしますが、ちょっと待ったぁ~!!ここは「バンコク市民向けの市場」です。スクンビットやエラワン辺りのデパートやショッピングモールとは訳が違います。洋服なんて、タダで・・・いや、お金をもらっても着たくないようなちょっと我々の感覚ではお許しいただきたいレベルの物がほとんどです。観光客向けの市場でよく見かける、偽物ブランド品もまず見当たりません。アクセサリーも物凄く安価でちゃちなものか、もしくはゴールドショップの金製品って事になるでしょう。

 ちなみに、タイの金製品は基本的に純金製です。アクセサリーと言うよりは財産としての価値を考えて購入する人が多いだけに、シルバーゴールドとかピンクゴールドなんてもんはまず見当たりません。ましてや18Kなんてバンコクの野良猫だって跨いで通るくらいなものです。金製品の価格も、純粋にその重量で計算されます。我が国のようにデザインとかショップの格なんてものは価格にまったく影響を及ぼしません。タイの女性に何かプレゼントをとか考えている下心満載のスケベ親父は、日本からティファニーやブルガリのアクセサリーなんて持っていってもダメだからね(笑)。バンコクのヤワラー通り辺りに行って、ずらっと並んだ純金製品の中からずっしりと重い奴選べば間違いなし!デザインなんかどうでもいいから、とにかく重量重視でねっ!!実際バンコクでヤワラー通り(中華街なので美味しい中華料理屋もいっぱい)歩けば、目尻の下がりまくった日本人の親父が、見るからにそっち方面のお仕事をしていると判るタイ人の若い娘を同伴してゴールドショップに入っていくのを良く見かけます。くそ暑い中そのかいがいしさには本当に頭が下がりますが、そのまめまめしさを仕事の方に振り向けた方がいいと思うけどなぁ~(笑)。

 まぁ、元々宝飾品にはまったく興味のない私ですが、その私が見てもちょっとはまともなデザインの金製品も結構あります。でも何しろ純金製です。おかしな話ですが18Kを見慣れた我々にはあまりにも金色過ぎて、かえってイミテーションみたいに感じてしまいます。それと、あくまでも今ここで話の対象になっているのは、「バンコク市民向けの市場」です。高額製品をゲットしたいのであれば、エラワン辺りのデパートに直行した方が無難でしょうし安心できます。

 そんな訳で、市民向けの市場でのお買い物は食べ物中心になると思います。まぁ、今回の目的は、観光客向けの作られたバンコクのイメージではない本当の姿を実感する事にありますので、別に実際に購入しなくてもブラブラとほっつき歩けば目的は十分達成できる物と思われますけども。

 それでは、次回から実際の個々のお店や商品について、完全に私の好みや独断が入り込んだレポートを繰り広げていきたいと思います。
スポンサーサイト



[ 2011/07/13 00:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する