FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > 逸品堂通信 > タイの大雨

タイの大雨

 先日、ヨーロッパ出張の帰路にいつものようにバンコクに立ち寄ってきたのですが、ちょうどその時期、タイは記録的な大雨に見舞われて甚大な水害の被害を受けていました。バンコク自体はそれ程大雨の影響は感じなかったのですが、北部・東北部は壊滅的とも言える状況のようでした。TVのニュースでも、連日大雨による被害の報道一色という感じで、ついにはタイ政府が水害の被災者に1軒当たり5000バーツの見舞金を支給する事を決定したようです。

 彼ら被災者に較べれば本当に些細な事ですが、我が「おさかな逸品堂」の仕入にも大きな影響が出ました。多くのベタ業者は生産ファームをバンコク郊外に持っているのですが、そこが床上浸水の被害を被ったらしく、市場でも多くのショップが閉店していました。その為、逸品堂の仕入も品種的に大きな偏りが出てしまい、ショークラウンやジャイアントはいつも仕入れている業者が開業していない為、仕入無しと言う結果に終わってしまいました。

 まぁ、タイ南部は特に大きな被害を受けていないようで、その方面にファームを保有している業者は通常通り営業していたので、全体としてはまぁまぁの仕入が出来たのが不幸中の幸いと言うべきでしょう。

 ただ、今回水害の被害を受けた業者のファームでは、おそらく稚魚育成用の池も水没してしまった筈なので、これから1,2ヶ月の間はバンコク周辺のベタ業者の生産量が一気に落ち込む可能性が高いと思います。それに加えて、この冬はタイは30年ぶりと言えるほどの冷冬となるとの予報が出されているので、年末年始の「おさかな逸品堂」にとっては厳しい状況が続くかもしれませんね。

 皆さんは「タイ=常夏」のイメージが強いと思いますが、タイでも北部地方の冬は朝霜が降りるほど冷え込みます。あまり年間の寒暖差がないと言われているバンコクでも、この時期は朝晩20℃を割り込むほど冷え込むこともあります。
スポンサーサイト



[ 2010/10/31 00:00 ] 逸品堂通信 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する