FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > ベタ 今日の逸品 > プラカット 最近の注目品種 vol.01

プラカット 最近の注目品種 vol.01

 2年ほど前まで物凄い勢いで新品種が作出されていたバンコクのベタビジネス界ですが、ここに来てチョット足踏み状態のようで、あまり新しい品種が登場してきません。一番の原因は、やはりベタホビーが全体的に低調でブリーダーの収益が悪化し、その結果一種の賭けの要素が強い新品種作成よりも、確実に市場で捌ける人気品種の生産に重点が置かれている事にあるのでしょう。現に、ドラゴン系などの基本品種のクオリティは確実にレベルアップしています。そんな中で、今回のベタの仕入で少し気になったいくつかの品種を紹介してみましょう。

 まずは、「オレンジパステル・マルチ」です。この品種は、少し前からバンコクの市場には出回っていたので厳密には新品種ではありませんが、今回かなりクオリティの高い個体が入手出来たので取り上げてみました。ただ、この品種で困った事が一つあります。それは品種名で、どこをどう見ても「パステル系」には見えません。これは、以前初めて?この品種を市場に流通させたブリーダーが命名した品種名をそのまま今に至るまで使っている事に起因しています。一般的に考えれば、この系統は「オレンジ・ダルメシアン・マルチ」とでも言うべきだと思います。

 品種自体はオレンジ・マスタードガスをベースに作られているようで、ヒレにオレンジの発色があり、さらに各ヒレには真紅のダルメシアンスポットが散在するのが特徴です。また、ヒレの外縁が濃紺に縁取られるのも大きな特徴の一つと言えるでしょう。以前の個体はボディもオレンジ色に染まっていたのですが、今回はよりマスタードガスの特徴が強調された外見になっています。

 いずれにしても、まだ完全に固定された品種ではないようでかなり表現形にバラツキがあります。しかし、それが逆にこの個体を「いじる」楽しみを増していると言えるのではないでしょうか。もちろん、観賞価値も非常に高いので飼育だけを楽しんでも十分ではありますが、本来は好みのメス個体と交配させて、次世代以降を「自分の理想形」に作っていく楽しみを持った品種だと思います。
スポンサーサイト



[ 2010/08/01 00:00 ] ベタ 今日の逸品 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する