FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > ベタ 今日の逸品 > カラー別プラカット図鑑 パステル系  vol.01

カラー別プラカット図鑑 パステル系  vol.01

 今日から「カラー別プラカット図鑑」も新カテゴリーに移ります。今回はパステル系の品種について紹介して行こうと思います。パステル系とはその名の通り、パステル画の様なやや乳白色の混ざった色調の品種の事を指し、非常にバリエーションが豊富です。幻想的な雰囲気が最大の売りなのですが、反面他の品種のように「明確な定義」が無くあまりにも守備範囲が広すぎる為、「パステルってえのはコイツの事でぇっ!」と言い切れない所が難しいですね。

 明確な定義が無いだけに作出ブリーダーもあまり考えずにお気楽に種親をチョイスする事が多い為か、とんでもない駄物も少なくありません。また、そのお手軽さが何事にも規則と法則を求める日本人の感性に合わないのか、ショーベタの世界ではソリッドやバタフライなどの明確に品種の定義がなされている系統に較べて一段低く見られる事も多いようです。また、「パステル系は固定されてないから」と言って軽視する方もいらっしゃいますが、これなどは思い切り日本人の思考の典型ですね。

 確かにブリーダーやコンテストを目指すハイレベルの愛好家にとっては、系統の固定度も重要なのでしょうが、ただ飼育して楽しむと言うレベルの人にとってはそんな堅苦しい事は無視して構わないと思ってます。特に逸品堂のように自家生産ではなくバンコクで仕入れてきている店にとっては「品種の固定度」なんて語る資格もありませんからね~。逆に「もっとお気楽に、肩肘張らずに楽しむべき。本人が気に入ったならそれが一番!」と言うのが逸品堂のポリシーですから、そんな我が店にはパステル系はぴったりの品種と言えるかも(笑)

 もっとも、トラディショナルやクラウンテールでは最もポピュラーな品種であるパステル系ですが、なぜかプラカットではかなり希少な存在だったりします。もちろん、「こんなバッチイ個体はタダでもいらないっ!」って言う奴はいっぱいいますが、色彩・ヒレの形状・体型など満足できるレベルの個体となると本当に捜すのに苦労します。ちなみに、合格点レベルの個体をバンコクで捜すのが一番楽な品種は、プラカットならばレッド・ドラゴンじゃないでしょうか。

 今日の個体は、そんなパステル系マルチカラーの最も典型的な色彩表現と言える個体です。あえて品種名で呼ぶならば「トリカラー・パステル・マルチ」って言う事になります。この個体は、バンコクではおそらく唯一真正面からパステル・マルチ系のプラカットの生産に取り組んでいるブリーダーのファームの作出です。
スポンサーサイト



[ 2009/12/08 00:00 ] ベタ 今日の逸品 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する