FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > その他 > バンコクでトムヤムクンのカップ麺を食べ較べるvol.04

バンコクでトムヤムクンのカップ麺を食べ較べるvol.04

お次に登場はYum Yum社?の「Jumbo Cup」と言う商品です。この商品のパッケージはほとんどがタイ語表記なので、社名や製品名が正確かどうかは定かでありませんので悪しからず。まず、パッケージを見た際に気になるのが、女性のイラストです。どうみても、怒っているかひどく気分を害しているとしか思えない表情じゃありませんか!うがった見方をするならば、このカップ麺食べて「激マズッ!」って怒っているような気さえします。

 カップの中身は、前記2種同様に乾燥麺・粉末スープ・調味オイル・折りたたみフォークとなっています。早速お湯を注いで待つ事3分!試食をして見ます。・・・うーん、まず第一印象は「辛いっ!」ですね。個人的にはかなり辛い料理が好きですし、タイの屋台では生トウガラシ齧りながら、料理を食べる時だってある位です。でも、この辛さはトウガラシと言うより何か別の薬品のような感じがしました。少なくとも、トムヤムクンの絶妙な味わいを引き立てる効果は皆無と言うよりは、はっきり言って台無しにしてます。

 スープ自体の味はそれ程悪くないと思いましたが、トムヤム本来の濃厚さが無く薄口です。また、麺があまり美味しくありません。あえてこの味を身近な食材で表現するならば、ベビースターラーメンをお湯で戻し、その中にラー油の底に沈んだ黒茶色の部分をどっさりぶち込んだ様な味です。

 前に紹介した2製品が十分合格点だっただけに、あえてタイ旅行の際にこのカップ麺をチョイスする必要性は感じません。ちなみに、お値段の方は13バーツ(約30円)と前2種と同じでした。まぁ、トムヤムヌードルとしてはダメですが、パッケージで始めからその事を警告しているんだとすれば(笑)、案外このメーカーは良心的なのかも知れませんけどね。
スポンサーサイト



[ 2009/11/17 00:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する