FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > ベタ 今日の逸品 > カラー別プラカット図鑑 ブルー&イエロー  vol.02

カラー別プラカット図鑑 ブルー&イエロー  vol.02

 最近のマスタードガスはどうも今一歩の個体が多いと言いましたが、具体的には今日の画像のような個体の事を指しています。基調色のブルー、そしてヒレのイエロー共にあまり色がはっきりと発色していません。特にイエローはかつてのような山吹色ではなくクリームイエローが主流になってきています。

 マスタードガス自体が希少になった訳ではなく、バンコクでも容易に見つける事が出来るのに・・・。それでもって、バンコクのブリーダーやショップの連中はあまりこの事を重要視していないのがさらにこの事態に拍車を掛けている様です。

 確かに毎月驚くほど沢山の新品種が作出されるバンコクのベタ界ですが、反面昔ながらの品種がどんどん姿を消しつつあるのも事実です。例えば、ロイヤルブルー、ターコイズブルーあたりは見かける事が少なくなってきましたし、ラベンダーバタフライもかつてのように濃ピンクのボディの個体などはまず見つかりません。まぁ、どんどん改良が続けられていると考えるべきなのかもしれませんが、私のようなオールドマニアはついつい昔を懐かしんでしまいがちで「昔のロイヤルブルーはそりゃ綺麗なもんじゃった・・・」とかつぶやいたりしちゃいます。

 でも、これって典型的な「ジジイ現象」で、単なるジェネレーションギャップなのかもしれません。マスタードガスにしたって、確かにベーシックな系統はだめになってきましたが、その反面ずいぶんと魅力的な品種が派生してますから。次回からは、そんなマスタードガスの最近のカラーバリエーションについて紹介していく事にしましょう。
スポンサーサイト



[ 2009/11/14 00:00 ] ベタ 今日の逸品 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する