FC2ブログ
bannerbig2.jpg
ホーム > その他 > バンコクのJJマーケットで面白い店見つけっ!

バンコクのJJマーケットで面白い店見つけっ!

 昨日のブログで、今回の訪タイでは平日のチャトチャックマーケットに植木市を冷やかしに行ったご報告をしましたが、そこで面白い店を見つけてきました!それが「バナナや」です。もちろんタイはバナナを始めとする熱帯果実の宝庫ですから、街のいたるところでバナナを売っているのを見かけます。そこで売られているのは我々も良く知っている生食用のバナナやモンキーバナナ、また調理用のバナナを焼いて(クルアイ・ピン)売っている店もあります。

 でも、今日の画像の店は一味も二味も違います。なんと、バナナ専門店・・・と言っても、単なる簡易テント付きの露天ですが(笑)の店内には我々日本人にまったく馴染みのないようなバナナまで多種多様に取り揃えてあります。残念な事に、店のおばちゃんは日本語はもちろん英語もまったくダメなようで、それぞれのバナナの名称や用途は聞きだす事が出来ませんでした。

 価格の方は「アンニー タウライ?」って片言のタイ語で聞くことが出来ましたからある程度は判明しました。ちなみに、手前の方に写っているやたら小さいバナナが千成状態の房は「ソンロイ・ハーシップ・バーツ」つまり250バーツだそうです。ちなみに最近では1バーツ=2.7円程度ですから、この「バナナの房」は675円って事ですね。どうみても食用になりそうもないので、単なるインテリアグッズとして用いるのかもしれません。何故かは判らないのですが、私がこのバナナの房を購入しようとしてお金を差し出すと、おばちゃんは困ったように笑うだけで売ってくれませんでした。別に悪意があるようには感じられませんでしたから「このタイ語もろくに判らないおばかな外人が、食べられないバナナ購入しようとしてるよ。後でがっかりさせても可愛そうだから売らないでおこう」と言う事だったのかも知れません。

 他にも棍棒の代わりとして十分使えそうな巨大で真っ青なバナナとか、やたらに皮が赤い奴とか興味しんしんだったのですが、言葉が通じないのと意外な事に結構お店が繁盛していておばちゃんが忙しそうだったので今回は諦めました。次回訪タイの際に顔見知りのベタ屋の親父を通訳に連れてきて再度チャレンジを固く心に誓ったさかなおやじなのでした。その時は店にあるすべてのバナナを独り占めしてやるつもりです(笑)
スポンサーサイト



[ 2009/11/11 00:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する